厄介な上司や部下

反抗的な部下には怒らず冷静に話しを聞き、諭してダメなら処罰しろ。

反抗的な部下のイメージ画像

なにかとあなたに反抗的な部下はいませんか?

指示をしたら「それは意味があるのですか?」「なぜ私がやらないといけないんですか?」と口答えしてくる部下に悩まされる上司は多いものです。

それに答えるのも面倒くさいし、ストレスも溜まります。

このような部下にはどのように対処するのがいいのでしょうか。

 

反抗的な態度を取る部下にはそれなりの理由があり、それを把握して適切に対処することで、スムーズなコミュニケーションが取りやすくなります。

また、その対処の方法にも色々パターンがあり、その引き出しが多ければ多いほど、上手くいきやすいでしょう。

今回は反抗的な部下の心理や、反抗されないためのポイント、反抗している部下への対処方法をまとめました。

反抗的な部下がいると憂鬱になりがちですが、この内容を参考にしてうまく懐柔しましょう。

反抗的な態度をとってしまう部下の心理と性格

まずは、反抗的な態度を取る部下の特徴を知っておきましょう。

このような条件に当てはまる部下がいたら、反抗予備軍だと思って警戒する必要があります。ポイントは3つあります。

 

①承認欲求が強い

「自分のことを認めて欲しい」と思っている部下は、上司に反抗することで自分の考えの正しさを証明しようとする傾向があります。

「自分の意見を通したい」よりも、「自分を尊重してほしい」という気持ちが強いので、その考え方を認めてあげることで反抗が収まることもあります。

 

②負けず嫌い

負けず嫌いな性格だと、相手の意見に従うのが嫌なために反抗してしまうことがあります。

上から目線で言うことを聞かせるのではなく、アドバイスや提案の形で話すことで、プライドを傷つけずに伝えるのが有効です。

 

③こだわりが強い

自分の仕事のやり方や価値観に強いこだわりがあり、それと反することを言われたときに反抗するパターンです。

こだわりがある場合は、それだけの自信や経験があることが多く、それについて認めてやることで、態度を軟化させることがあります。

 

このような傾向がある部下は上司に反抗しやすいものです。

自分自身や自分の価値観に高いプライドを持っていることが多く、それを上手にくすぐってやることで態度が変わりやすくなります。

女性部下が反抗的になる背景

もちろん個人差があるのですが、一般的に男性部下よりも女性部下の方が上司に反抗しやすい傾向があります。

これは女性部下が、上司の権威ではなく、信頼感や納得感で言うことを聞くかどうかを判断しやすいためです。

よく、「組織の論理」と言いますが、会社ではときには理不尽な方針変更であっても従わなければいけないときがあります。

 

このとき、男性の部下は「組織の決定だから」と納得する人が多いのですが、女性は「そんなの納得できない」と反抗してしまう人が多い傾向にあります。

女性にとって組織の論理は関係なく、自分自身の価値観をもとにして考えるのです。

そのため、こういうタイプの部下には、まず信頼関係を作り、納得感を持たせるために言葉を尽くして説明しましょう。

そして、感情面の配慮(「大変だと思うんだけど頑張って欲しいんだ」のような声かけ)を行なうことが重要です。

年上部下が反抗的になる背景

年齢や社歴が上の部下も反抗的になりやすいものです。

いくら上司といえど、年齢や社歴が下だと無意識にあなたを下に見る傾向があります。

また、自分のこれまでの仕事にプライドを持っていることが多いので、それを軽く扱うような態度を取ってしまうと反抗されてしまいます。

 

面と向かって反抗される場合もあれば、面従腹背(表面上は従っているふりをしているが、内心は反抗している)する場合もあります。

また、年上部下が他の若手部下からの信頼が厚い場合、年上部下に引っ張られる形であなたに反抗する危険性もあります。

このような部下に対しては、上から目線で威圧的に接するのではなく、まずはその人の経験について敬意を払い、力を貸してもらうというイメージで接することが大切です。

反抗される上司の態度

反抗的な部下を作る上司の態度

このように、反抗的な部下にはいくつかパターンがあります。

そのパターンと対処法を知ることで、部下が反抗的になるのを防ぐことができるでしょう。

 

また、それ以外にもう一つ意識したい点があります。

それは、上司の態度によって、部下が反抗的になるということです。

同じ部下でも、反抗的に接する相手とそうでない相手に分かれます。

あなたの普段の態度によって、部下を反抗させてしまうのかそうではないのかが決まるという面もあります。

このときのポイントは3点あります。

 

①上から目線でものを言う

ここまでの文章でも既に触れていますが、部下に対して上からモノを言う、威圧的に接する、部下の話を最後まで聞かないという上司は、部下から反抗されます。

「あの人は話が分からない」「自分のことを理解してくれない」と反発するのです。

このパターンの場合、口答えをして反発するのではなく、「分かりました」と話を中断したり、沈黙して話を終わらせたりすることもあります。

口答えという形で反発する代わりに、その上司とコミュニケーションをとることを拒否するのです。

 

②部下の顔色を伺う

「部下に嫌われたくない」「反抗されたくない」という思いから、部下の顔色ばかり伺っている上司は、部下からなめられます。

上司であれば、人間性や仕事能力、熱心さで部下をひきつけるべきです。

へりくだる態度で気に入られようとする姿に、部下は頼りなさを覚えてしまいます。

 

③信頼関係がない

3つの要素のなかで、これがもっとも影響力が大きいです。

上司は、普段の振る舞いで部下の信頼関係を失うことがあります。

部下の信頼を失うのは簡単だが、失わずにいることは難しい。

 

この記事のようなことをしてしまうと、あなたは部下の信頼を失います。

信頼していない上司に何を言われたところで、その指示に従おうとする気持ちは起きません。

そして、指示に従わないことを注意するとますます部下の不満が募ります。

信頼関係が無い場合は、まず信頼を築くことが重要となります。

反抗的な部下への具体的な対処方法

このように、部下が反抗的になる背景や原因についてご紹介してきてきました。

それでは、実際に職場の中で反抗的な部下がいる場合、どのように対処するべきでしょうか。

 

まずは、1対1で話す機会を設けたほうがいいでしょう。

そのときには

・「あなた(部下)の態度が悪いことが気になる」と伝える

・「なぜそのような態度をとるのか、不満があれば聞かせて欲しい」と伝える

と話しましょう。

 

「あなたの態度が悪いのが気になる」と伝えたときに、それを認めるケースと、そうでないケースがあります。

態度の悪さを自覚していない場合は、「コミュニケーションは受け手の感じ方で決まる(自分にそのつもりが無くても、相手が不快なら改めるべき)」ということを伝えましょう。

そして同時に、「私に何か言いたいことがあるか」と聞きましょう。何かしら不満を持っている場合は、この質問をすればなにか言い出します。

 

また、態度が悪いことを自覚している場合は、その理由が必ずあります。

しかし、「あなたへの悪い態度を自覚しているが、不満を言いたくない」という部下もいるかもしれません。

それならそれで無理に聞き出さなくても良いですが、以下のことを諭さなければいけません。

「指示されたときの態度が悪いのは社会人として困る、態度を悪くされて気分のいい人はいない、仕事においては円滑にコミュニケーションをとることも求められる。」

「もちろん不満があるなら聞かせて欲しいけど、言いたくないのなら構わない、ただし、態度は改めて欲しい」

「仕事の場では、反抗的な態度でいてはいけない」ということを理解させましょう。

指示に従わない場合にとる3つのステップ

反抗的な態度でも指示に従えばまだ良いほうですが、何かしらの理由をつけて反対し、指示に従わない場合は厄介です。

この場合は3つのステップで対応しましょう。

 

①相手の言い分をしっかり聞いてあげる

まずは頭ごなしに否定するのではなく、相手の言い分を聞きましょう。このとき、聞いたからといって賛同しないといけないわけではありません。

相手の言い分を聞いたうえで、「あなたの言いたいことはわかった」という意思表示をすることがまず大切です。

 

②指示の背景や理由を伝え、会社の方針なので従ってもらうように伝える。

従って欲しい方針や指示について、その背景を改めて伝えます。

納得はさせれらないとしても、会社としてきちんと理由があって指示をだしているということを理解させましょう。

このとき、①の内容に反論できる部分があればそれもあわせて説明するべきです。

 

逆に、部下の主張にもっともな点があり、反論ができない場合は、その場で結論を出さず、いったん考えてみるということも効果的です。

ただし、「社員でいる限りは、会社の方針に従ってもらうよ」という意思表示はしておきましょう。

そのうえで部下の主張に対してどう応えてあげるべきか、上司としてどういう見解なのかをいったん考えるよ、と伝えるのです。

 

このステップを踏むことで、雇用契約内容や就業規則の範囲内の指示であれば、部下に拒む理由はありません。

 

 ③それでも従わない場合は、規則に則って対処する旨を伝え、総務部や上層部に相談する

ここまで対応しても従わない場合は、組織のルールに則ってしかるべき対処をしてもらうしかないでしょう。

反抗している本人なりに考えがあるとしても、組織に属する以上はその方針に従ってもらわないといけません。

 

それが叶わないのならば、会社のルールである就業規則に則り処罰してもらいましょう。

それがきっかけで退職されてもそれは仕方のないことです。

指示に従わないならばむしろ組織にいる意味がありません。

反抗する部下に怒鳴のは相手に付け入る隙を与えてしまう

このように、反抗的な部下には冷静に対応することが重要です。

やってはいけないのは、怒鳴って黙らせることです。その瞬間はそれで従うかもしれませんが、後に「上司のあなたからパワハラを受けた」という主張をされる可能性があります。

相手が本当に従わない場合は、先ほどにも挙げたように就業規則に照らし合わせて処分をする必要があります。

そのときには、こちらに一切の落ち度が無い状態をつくらければならないのです。

代わりの人材を準備する

このように、反抗的で指示に従わない部下への対処は、ルールに則り対応するのが最もシンプルで強力です。

しかし、それができない場合があります。それは部下の担当している業務が特殊で、他の人だと替えが利かないという場合です。

このとき、ルールに則って対応しようにも、本人が退職してしまったら仕事が回らなくなる場合、退職させるわけにはいきません。

部下のほうも「自分の代わりはいない」と分かっていれば、「反抗してもクビにはならない」と強気になります。

 

こうなると相手がいくら反抗しようとも、しかるべき対処を取ることができず、相手のご機嫌とりをしてなだめすかすしかできなくなります。

そうなると他の社員にも示しがつきません。

 

これを防ぐためには「業務の標準化」「業務のマニュアル化」が必要です。

その業務が誰にでもできるレベルに分解したり、だれでもできるようにマニュアル化をすすめるということです。

 

これができれば、「その相手しか業務ができない」という状況がなくなります。

代わりが利くという状況であれば、その部下を特別扱いする必要は無なくなり、退職を見据えて会社のルールで裁くことができます。

このようにして、「代わりがいない」という状況がなくなるような体制作りも反抗する部下を抑える立派な方法です。

反抗的な部下には冷静な対処を

このように、反抗的な部下には冷静に対応することが必要です。

態度が反抗的な場合は、まず不満なところがないかをヒアリングしましょう。

反対意見を主張してくる場合にはまずは相手の話を聞き、その上でこちらの主張も伝えます。

そして、どうしても従わないというのなら、会社のルールに沿って対処しましょう。

威嚇して押さえつけるのではなく、あくまで冷静に対応することが必要です。

 

慣れないうちは、反抗的な部下にどのように対応するべきかが不安だと思います。

しかし、このようなステップを踏むことでなんらかの決着がつくことになります。

反抗する部下がでてきてしまったときは、本記事の内容を参考にしてみてください。

 

反抗を防ぐためには信頼関係が一番です

部下と信頼関係を築く上司になるための5つの特徴と5つの行動とは?

 

ストレスな職場で耐え続けますか?無理せず転職を考えてみては?

転職サイトに悩む人のイメージ画像
転職サイトってどういうもの?何を選べばいい?の疑問に答えます転職サイトとは、「求人情報を掲載しているwebサイト」のことを言います。 一昔前までは、転職活動をするときには、ハローワークに行っ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です