厄介な上司や部下

部下が素直じゃない3つの理由と対策を知ればどんな部下もみるみる素直に

素直にならずに反抗しているイメージ画像

素直じゃなくて反抗的な部下にイラッとすることはありませんか?

なにか部下に注意をするときや指示をするときに、素直じゃない態度をとられて、イライラしたり話す気がなくなった経験はあると思います。

それが原因で部下と言い争いになったり、コミュニケーション不全で仕事が上手くいかないということになると仕事にも支障がでます。

そのため「部下とは素直な態度で話をしたい」というのが多くの上司の願いではないでしょうか。

 

しかし、部下が素直になれない原因は上司の側にもあることが多いものです。

今回は部下が素直じゃない理由と対処法についてまとめました。

その原因を知り、もし上司のあなたの態度が部下を素直にさせていないようであれば、あなたの態度をまず改めることで、部下の態度も素直にさせることができるでしょう。

信頼していないから素直じゃない

まずは、部下が素直にならない理由について押さえる必要があります。この理由は3つあります。

まず一つ目は、「相手を信頼していない場合」です。

人は信頼していない相手に対して素直でいるのは難しいものです。上司であるあなたに対して信頼をしていない場合、反抗的だったり反応が薄かいいう態度になるでしょう。

こういう上司は信頼を失います

使えない上司へのお悩み解決一覧

 

多くの場合は、上司のこれまでの態度や姿勢が部下の信頼を損ない、それによって素直じゃない態度をとられてしまいます。

これを防ぐためには、とにかく上司としての信頼を取り戻しましょう。それによって自動的に部下の素直じゃない態度も改善されます。

こちらが参考になります

部下から信頼されるためには、まず「人間性」か「能力」で惹きつけろ!

部下からの信頼を得るためには、次に「誠実さ」と「早さ」を身につけろ!

自分に自信がないから素直になれない

二つ目は「自分に自信が無い場合」です。

環境が変わったり、いきなり知らない人間が現れたりなどによって、不安から良く吠えてしまう子犬を見たことはないでしょうか。

ちょうどあのようなイメージで、あなたと部下がまだお互い打ち解けていない場合、不安な気持ちから素直なリアクションが取れない場合があります。

こういうときはコミュニケーションを重ねて不安を取り除いていけば問題ないでしょう。

 

また、自分の仕事や自分自身に不安がある場合、それを悟られまいとして反抗的な態度をとることもあります。

この場合は、些細なことでも感謝したり褒めたりなど、部下を認めるような行為を意識的に多くしましょう。

これによって相手の自信がついてくるため、不安感がなくなり素直な態度がとれるようになれるものです。

 

どちらにせよ、相手の精神的に幼い場合にこのようなパターンになりことが多いものです。相手の態度にイラッとせず、こちらが大きく構えて対応してやることで部下も素直な態度になっていきます。

気に食わないから素直じゃない

あなたのことを気にくわない部下は素直じゃありません

そして3つ目は「あなたの態度が気に食わない」という理由です。

個人的な経験ですが、「あの人は反抗的な態度だよ」という話を聞いている相手と話すとき、ついつい警戒してしまうのですが、実際話してみると予想に反して素直に聞いてくれることが多くあります。

あなたもこのような経験はないでしょうか。

これは、人は話す相手によってその態度が変わるということを示しています。

 

ではどのような条件で態度がかわるのでしょうか。

一つは相手の立場です。例えば同僚と社長に対して態度が同じという人がいるでしょうか?

中には居るかもしれません。社長に対して物怖じせず、同僚のように接することで逆に社長に気に入られるというパターンがあります。

 

しかし、大多数の人は態度が変わります。同僚のようにざっくばらんに話したり、ネガティブな本音を話すこともないでしょう。

相手によって態度を変えないと社会ではやっていけないことは多いものです。そのため、相手の立場によって態度を変えるのは間違いではありません。

 

もう一つは相手の態度です。いきなり怒り口調で責められたら普通の人はムッとします。しかし逆に朗らかに接してくれたらこちらも心を開きやすくなるものです。

相手がどんな人でも変わりなく接することができる人も中にはいるかもしれませんが、大半の人は相手が不快感を示していたら、こちらも嫌な気持ちになるものです。

つまり、あなた自身が不機嫌な態度をとっているために、相手も素直じゃない態度になっている可能性があります。

 

相手が反抗的な様子がある場合、まずあなた自身が同じような態度をとっていないか振り返りましょう。

そしてどちらにしても、まずあなたが朗らかな態度を示すことが大切です。それによって相手が不機嫌であっても素直な明るい態度に変わるものです。

人は他人を映す鏡である

このように、素直じゃない部下にはそれなりの理由があるものです。

部下からそんな態度をとられた場合は、イラッとする前にまず冷静になってその原因を探ってみましょう。

 

しかし、大半の場合は、あなたの態度を変えることによって部下も素直な態度になるものです。

心理学の用語で「人は他人を映す鏡である」と言われます。

これは自分の態度が相手に大きく影響を与えるという意味です。部下が素直じゃないときは、ぜひこの言葉を思い出し、自分の態度を変えてみましょう。

こちらも参考になります

なぜ部下は言うことを聞かない?人は言われる相手で態度を変える卑怯な生き物

 

ストレスな職場で耐え続けますか?無理せず転職を考えてみては?

オススメ転職サイト・エージェント一覧【転職考え始めの人にもぜひ】

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です