厄介な上司や部下

扱いにくい部下の5つのタイプと、その対処法を網羅しました。

扱いにくい部下に困るイメージ画像

上司にとって、扱いにくい部下はストレスが溜まります。

あなたの下には、新卒として配属された若い社員や、中途採用の年上社員、さらには社歴が上の部下など、色々な部下がつくでしょう。

その分だけ色々な性格の部下がいて、その中には当然素直ではない部下もいます。

そんな部下の扱い方に困る人も多いでしょう。

 

そこで今回は、扱いにくい部下のタイプと、その対処方法をまとめました。

扱いにくい部下への対応に困っている人はぜひ参考にしてみてください。

扱いにくい部下の特徴

まずは、扱いにくい部下の特徴を5つ挙げてみます。

一口に「扱いにくい部下」と言っても色々なタイプがいるため、それぞれのタイプに合った対応をとることが重要です。

協調性がない

周りに相談や報告せず、ミーティングの内容やほかの人の指示や依頼を聞かず、自分勝手に仕事を進めるタイプがこれに当たります。

自信過剰だったり、周りの人を見下している部下にこのような傾向が見られます。

これには、中途半端に仕事で成果を上げるタイプもいれば、仕事が全然できないのに協調性がないという最悪なタイプもいます。

なにかと反抗する

「どうしてこの仕事をしなきゃいけなんですか?」「私以外の人に振ってください」など、何かにつけて反抗する部下もいます。

言葉でハッキリ反抗するタイプもあれば、口ではうんと言いながら、納得できない表情でこちらをモヤモヤさせるタイプもいます。

とにかく言い訳する

何かミスをしてしまったときや、色々な理屈をつけて自分を正当化する部下がいます。

ミスをしたときは状況の報告と対応策をとることが重要ですが、そんなことは関係なく、自分が悪者にならないことに必死なタイプです。

また、自分がその仕事をしたくないがために、文句にならないレベルのイチャモンをつけて、なんとなく反対する部下もいます。

この場合は、なにかと反抗する部下に近いタイプとも言えます。

「出来る」と言うくせにできない

仕事を任せるときに、勢いよく「できます!」というくせに全然できないタイプの部下がいます。

能力的にできないのに「できる」と言ってみたり仕事のスケジュール的に余裕がないのに「できる」と言ってみたりします。

どちらにせよ、あとから尻ぬぐいをするのは必須で、かなり迷惑な部下です。

「はい」と返事をするが、なにもわかっていない

「はい」と返事をするのに、実はなにもわかっていない部下もいます。

指示した内容やミーティングの内容が全く理解できていないので、できているはずのことができていないという問題を起こすタイプです。

先ほどのパターンと同じように、ミスをカバーするという負担が生まれるほか、安心して仕事を任せられません。

いっけん素直で扱いやすいと思いがちですが、これも扱いにくいタイプと言えます。

扱いにくい部下への対応方法

このように、扱いにくい部下のタイプを挙げてきましたが、それぞれに有効な対策があります。

それぞれのタイプにあった対策をとることで、扱いにくい部下を動かすことができます。

協調性の必要を説く

協調性がない部下には、「なぜ周りと協調するべきなのか」を説くことが大切です。

協調性がない部下は、自分なりの考えを持っていることが多く、必要性を理解すれば協力的になるケースがあります。

そのため、まずは、協調性がなぜ必要かと説明しましょう。

このとき、「会社が困る」「上司が困る」というよりは、部下本人にデメリットが及ぶような説明をする方が効果的です。

チームで足並みを揃えないと、部署全体としては成功できず、結果部下本人も会社から評価されない

協力して仕事をすることで、周りから信頼され、困ったときに助けてくれたり、特別な対応をしてくれる人(部署)もある

例としてはこれらが考えられますが、あなたの職場に当てはまることを説明してあげるとよいでしょう。

仕事の意義やメリットを伝える

なにかと反抗する部下には、仕事の意義やメリットを説明し、納得させることが一番効果的です。

「なぜその仕事が必要なのか」「その仕事にはどんなメリットがあるか」「なぜあなたにその仕事をやってもらいたいか」を説明しましょう。

 

特に、本人なりの考え方や理屈があって反抗している場合は、この方法が有効です。

少々手間はかかりますが、部下に任せたい仕事の意義や、その仕事をすることで部署や部下本人が得られるメリットを説明するとよいでしょう。

このように説明することで、部下が納得できたり、反抗する理屈を潰してやれば、反抗しなくなります。

端的に話させ、結論を聞く

自己弁護のためにグダグダ言い訳して来る部下には、端的に結論を話させましょう。

問題が起きた場合は、解決策とそれをどのように実行するのかを先に話させ、そのあとに原因を聞きましょう。

 

また、報告が長々としている場合や、仕事になんとなくいちゃもんをつけてくるは、最初にまず結論を話させ、代替案や建設的な意見を聞きましょう。

こちらからその都度指摘して、中身の少ない内容をグダグダと話させる癖を無くさせましょう。

仕事のポイントを伝えたり、話させる

すぐ「できます!」と言って実際にはできない部下には、相手の話をうのみにしないことが大切です。

能力的に仕事ができるかどうか不安な場合は、任せたい仕事のポイントをしっかり伝えましょう。

部下が「大丈夫です!」と言ったとしてもくどくどと説明するくらいがちょうどいいです。

可能ならばやり方を紙やデータに残しておくとより良いです。

 

また、スケジュール的に本当にできるかどうか怪しい場合は、その仕事をどのタイミングでやるかを聞きましょう。

そのときに具体的で現実的なスケジュールを返された場合は、ある程度信頼できると思います。

しかし、「あとで考えます」「多分大丈夫だと思います」という答えが返ってくる場合は、間違いなくできないので、突っ込んで聞いたり、その場でスケジュールを考えさせた方が安全です。

 

このタイプの部下は、返事をするときに何も考えず、後から考えようとすることが多いので、その場の返事を真に受けないことを意識しましょう。

責めずに復唱させる

勢いで「はい」と言ってしまう部下は、上司からの追及をかわしたいがために、とりあえずイエスの返事をしていることが多いです。

委縮しやすい部下が陥りやすい傾向なので、まずはあなたの普段の接し方が威圧的になっていないか振り返ることも重要です。

 

そのうえで、「はい」と返事したことについて、本当に理解しているかどうかを確認しましょう。

「この仕事のポイントはなに?手順はなに?」という形で質問してやり、きちんと返事が返ってくるようなら大丈夫でしょう。

そうではない場合は、改めてポイントや手順を説明し、部下が理解したことを確認しましょう。

 

このパターンも、部下の返事をうのみにせず、くどいくらいに確認することが必要です。

優秀だけど扱いにくい部下の対応

優秀だが扱いにくい部下のイメージ

ここまでは、扱いにくい部下の典型的なパターンとその対処法を説明してきました。

ここからは、扱いにくい部下になりがちな社員と、その対応についてまとめていきます。

 

まず、扱いにくい部下になりやすいのは、「優秀な部下」です。

仕事の能力が高くて頼りになる一方、我が強くてプライドも高く、協調性がなかったり、何かと反抗してくるタイプになりやすいものです。

 

このようなタイプは、仕事の方法、意義、メリットや、仕事における心構えをきっちり説明し、本人の納得感を高めることを重視しましょう。

それによって、言うことを聞かなかったり反抗するリスクを減らすことができます。

 

また、このタイプには、上司であるあなたが信頼できる人物かどうかを冷静にジャッジする傾向があります。

そのため、ダメ上司として判断されるようなテンプレ行為(丸投げする、いつも不機嫌など)をしてはいけません。

こちらの記事が参考になります。
ポンコツ上司の5つのパターンと少しでも前向きになるための3つの考え方

「この人にはついていけない」と思わせてしまった場合、扱いにくい部下に変わってしまいます。

女性の扱いにくい部下の対応

ネットの記事を見ると、扱いにくい部下として上司が苦労するタイプとして女性の部下がよく挙げられているようです。

男女の考え方や特徴の違いわからない男性上司が、女性部下を扱いにくいと感じてしまうケースが多いようです。

 

女性の部下は、男性よりも責任感を持って仕事をすることが多く、優秀な成果を挙げてくれる傾向があります。

その一方、男社会のような、体育会系のノリが通用しないので、納得いかない場合は相手が上司であろうとも簡単に反抗するケースがあります。

 

女性社員を扱いにくい部下にさせないためには、人としての信頼関係を結ぶことが大切です。

そのためには、以下のポイントに注意しましょう。

仕事の話だけではなく、雑談も行い、互いに話しやすい雰囲気を作る

ささいなことでもいいので相手を褒める・相手の努力や働きを認める

人によって対応を変えない・特定の相手に媚びない

このようなポイントを押さえると、女性部下があなたに「人としての安心感」を持ってくれるようになります。

扱いにくい年上部下への対応

出世をすると、年上や社歴が上の部下を持つこともあります。

部下の方が社歴が年齢が上だと、上司も遠慮してしまいがちで、部下側もこの関係を面白く思わないケースもあります。

そうなると、何かとあなたに反抗したり、言うことを聞かないパターンになります。

 

このような部下には、まずは年齢や社歴が上であることに敬意を払い、敬語を使ったり気を使うことが大切です。

部下だからと言って、雑に扱ったり、小ばかにするなどの行為をしてしまった場合、関係がこじれます。

部下が年下の場合は、多少いじったとしても問題はありませんが、年上の部下だとそうはいかないと考えておいた方がいいでしょう。

仕事の指示を出す立場でありつつも、人としての敬意を払うことを重視しましょう。

それでも扱いにくい部下に困った場合は・・

以上のように、扱いにくい部下の典型的なパターンと、扱いにくい部下になりやすい社員の対処法についてまとめてきました。

とはいえ、扱いにくい部下は素直な人間ではないので、簡単に都合よく変わってくるものでもないでしょう。

最後に、どんな扱いにくい部下に対しても有効な対策方法もまとめておきます。

新人や後輩の教育を任せてみる

いちいち反抗してくるような部下は、人に仕事を教える・指示することの大変さを知らないことが多いです。

そのため、実際に部下や後輩をつけ、教える仕事を体験させてみましょう。

先輩や上司としての大変さがわかれば、自分がどういう部下であるべきかということが実感できます。

その結果、自分の態度を改め、素直になることが期待できます。

 

また、同じような理由で、仕事の取りまとめ役をさせてみることも重要です。

人に協力してもらわないと仕事が進まない状況にさせることで、協調性を持って仕事をする大切さを実感できるでしょう。

根気よく接する

できないのに「できる」と言ってみたり、わかっていないのに「はい」と言ってしまう部下は、半分本能的にそういう対応をとっています。

反抗する部下や、なにかと言い訳する部下も、それが完全に癖になっているので、一回の対応では変わらないと考えましょう。

何度も根気よく対応することで、だんだんと部下が変わっていくことに期待しましょう。

部下がやる気になるポイントを知る

仕事においてなにがモチベーションの源になるかは人それぞれです。

「給与やボーナス」「出世・地位」「顧客や社員からの感謝の言葉」「自分のスキルアップ」

などなど、たくさんあります。

それを知り、部下を説得するときに絡めて話しましょう。

例えば協調性がない部下に対して、

「人に合わせて仕事をすることが自分の評価にもつながり、会社に評価されることで給与があがる」

という話をしてみてもいいでしょう。

周りに協力を求める

扱いにくい部下への対応は、精神的なストレスが溜まります。

そのストレスを一人で抱え込んでしまうと精神的に疲れてしまい、本来の仕事へのエネルギーが奪われてしまいます。

それを避けるためも、困っていることを積極的に相談し、アドバイスをもらったり、協力してもらいましょう。

あなた自身の上司に、部下への対応を相談したり、同じ立場の社員にアドバイスをもらいましょう。

 

また、場合によっては、その部下の同僚や、部署内の社員に声をかけてみることもありです。

(ただしその場合は、その部下の悪口にならないように注意しましょう。)

その部下がどんなところにやる気を感じるか、どうしたらもっと連携がとれるか、自分がその部下の信頼を損なうことをしていないか、などをヒアリングしてみてもいいでしょう。

遠慮して何も言われないこともありますが、有益な情報をくれることもあります。

あなたが他の部下から信頼されている場合は、その部下が変わるように動いてくれることもあります。

面倒くさい部下も対応次第で変わる

以上、扱いにくい部下への対処法をまとめました。

あなたの部下になる社員には、生意気だったり、変に頭がよかったり、ドライだったり気難しかったり・・と、色々な扱いにくい人がいるでしょう。

 

ここで紹介した方法を色々と試すことで、部下の中にはだんだんと変わる社員も出てくると思います。

人の性格を変えることが簡単ではありませんが、もしうまく扱えるようになったら、上司としてのスキルはアップすると思います。

そのための参考になれば幸いです。

どうしても態度が変わらず、しかも言うことを聞かない場合は以下の内容が参考になるかもしれません。
反抗的な部下には怒らず冷静に話しを聞き、諭してダメなら処罰しろ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です