厄介な上司や部下

部下を退職に追い込む上司の特徴を知り、3つの方法で逆襲してやろう!

退職に追い込む様子のイメージ画像

部下を退職に追い込むような、悪質な上司はあなたの会社にいないでしょうか?

彼らは意識的に部下を退職させようと考えて、ストレスを与える場合もあれば、そんなつもりがないにも関わらず追い込んでしまうというケースもあります。

いずれにせよ、そのような上司は周りに不快感を与えるため、極力関わりたくないものですね。

今回はそのような上司の特徴やそのやり口、そしてこういう上司を「逆に退職へ追い込む方法」をご紹介したいと思います。

このような人間に退職へと追い詰められないためにも、彼(彼女)らのやり方を知っておくことが役立ちます。

部下を自主退職に追い込む上司の特徴

まずは、部下を退職に追い込むような上司の特徴を把握しましょう。

実は、部下を育てようとして熱く接する上司と、部下を退職に追い込むような上司は、その言動が紙一重です。

このとき、上司本人としては「部下を育てるために俺はやっているんだ」と思っていても、結局部下にとっては過度なストレスとなり、自ら退職届けを出す場合もよくあります。

そのため「あの上司は熱心なんだ、それについていけない自分はダメなんだ」と考えずに、以下の特徴がないかどうか見極めてみてください。

 

①キャパシティを超える量の仕事をさせる

良くある例としては、「上司がハードワークで仕事をバリバリこなしていたので、部下にも同じことを求め、部下のキャパシティを越える仕事量を押し付ける」というものでしょう。

「自分はこれくらいやっていたから、部下も同じようにできるはず」と考えて仕事を押し付ける行為は上司として安直です。

その部下が上司と同じように仕事ができる保証はどこにもなく、部下の心が折れてしまうリスクを秘めています。

管理能力が高い上司は、部下一人ひとりの能力に合わせて仕事を振るものです。

 

②人格を否定する

パワハラをよく行なう上司は、ミスの原因を部下の性格に結び付けて叱ります。

例えば、「お前の性格がだらしないからこんなミスをしてしまうんだ!」という具合です。

このような叱り方は部下の自信を奪い、必要以上にモチベーションを下げます。

これが続くと「自分には向いてない・・」と考え、退職を検討し始めます。

 

③細かいところまで管理する

部下の動きや進捗状況を管理することは重要なことですが、行き過ぎると部下のモチベーションを下げてしまいます。

行動計画や細かい日時報告を求め、それがあまりにも多く、なかには上司への報告資料を作るために本来の業務が滞るというケースもあるくらいです。

このような環境だと部下は息がつまり、その職場から離れることを考えやすくなります。

 

このような傾向がある上司は、無意識に部下を追い込んでいる傾向があります。

追い込まれた部下は次々と自主退職をし、職場から離れることを選択するのです。

 

そもそも、「自分本位の熱心さ」と「パワハラ」はかなり近いものがあるかもしれません。

「熱心なんだ」と言えば聞こえはいいですが、「ついて来れない奴は要らない!」と考えて、パワハラまがいのことを繰り返す上司であれば、冷静になり、距離を置いたほうが身のためでしょう。

パワハラで退職に追い込む上司のやり口

このように、無意識に部下を退職に追い込む上司もいれば、わざと部下を自主退職に追い込む上司もいます。

この手の上司は、部下に対してプレッシャーをかけることが得意です。

 

例えば営業職の場合、以下の方法で部下を追い込みます。

①まず高い営業ノルマを課し、できなかったら徹底的に叱り。

②「次こそは達成する」と部下に約束させる。

③しかし高いノルマなのでなかなか達成させることができず、また未達成で叱られる

・・ということを続けます。

 

これを繰り返していくと、部下の中に「自分はいつも達成できない」という罪悪感が生まれ、やる気も気力もなくなり逃げ出すようになります。

このように、プレッシャーをかけて高い目標達成の約束をさせ、それを破らせることで本人の心を折り、諦めさせるという手法で部下を退職に追い込む方法があります。

問題のある同僚や部下を追い込む方法

退職に追い込みたい同僚のイメージ画像

このようなパワハラ上司は会社にとってもマイナスの作用をもたらすことが多く、職場にとって害でしかないでしょう。

そして職場に害のある社員は上司だけではありません。

・誰かが何とかしてくれるとタカをくくり、ミスの尻拭いや嫌な仕事を周りに押し付ける同僚

・人の話を聞かず身勝手な行動をとり、注意しても行動を改めない部下

など、周りに被害とストレスを与える社員は同僚や部下にもいます。

そのような人間を放置しておくと、仕事での損害が出るほか、周りのモチベーションも下がり、職場を離れる人も出てくるものです。

 

そうさせないためにも、問題のある社員は、行動を改めさせるべくこちらから追い込んでいく必要があります。

そのような人間にはどのような対処が必要なのでしょうか。これには2つの方法があります。

 

①フォローせず、自分で尻拭いさせる

もしあなたが親切心や責任感から相手をフォローしている場合、「思い切って助けない」という方法もあります。

「周りが何とかしてくれるだろう」と思って甘えている場合は、この方法が効果的です。

その相手が何か問題を起こしても、「自分で責任を取るべきだ」と言って助けに回らないということで、本人に反省を促すのです。

相手に素直な心があれば、このような対応で心を入れ替え、行動を改めてくれます。

 

ちなみに、さらに一歩進んだ方法として、プライベートの知り合いに頼み、お客のフリをしてその社員の仕事ぶりにクレームをつけてもらい、そのクレームが収束するまで本人に対応させるという荒業もあります。

 

②問題行動を戒め、改善を要求する

これはあなたが上司の場合にしかとれない方法ですが、非常に強力です。

明らかに周りに迷惑をかけ、会社として損害のある行動をとっている場合や、就業規則にて禁止されている行為をとった場合は、人事に報告をしたうえで、本人に注意をしましょう。

 

このときの注意というのは、「ミスを注意する」という簡単なものではなく、

・1対1の場で、

・怒らずに冷静に、

・問題となっている事実と周りに与えている被害を客観的に伝え、

・場合によっては就業規則に違反していることも伝え、

・改善を要求する。

・そして、注意したということを書面に起こして人事にも伝える。

という形をとることです。

直属の上司よりも、人事なり総務なりの部署の社員が話すとより効果的です。

 

このような注意によって、会社として「問題行動を社員に伝え、改善を要求した」という形をしたことになります。

 

そして、これで本人が行動を改善しなかった場合、

「この社員は問題行動の改善を要求したが、改善が見られなかった。」

「よって、就業規則に則って処罰する」

というステップに移ることができるのです。

この経過で行動を改めてくれれば喜ばしいことですし、そうでない場合は会社として合法的に処罰し追い込んでいくことができます。

逆に上司を退職に追い込む方法

問題のある同僚や部下はこのような方法で追い込むことができますが、相手が上司の場合はこうした方法は取れません。

では、上司を追い込んで異動や退職させるためにはどのような方法があるのでしょうか。

これには3つの方法があります。

 

①客観的な証拠を上層部に提出する

パワハラによって鬱ぎみになったと感じたら、病院にいき診断書をもらいましょう。

鬱などの精神的な病気の場合は、医者に自分の症状を伝えるだけで、比較的簡単に診断書をもらえたりします。

その書類をもとに、「上司のパワハラによってストレスがかかり、このような症状になった」と申告しましょう。このときはその上司ではなく人事や総務に直接訴えます。

 

また、このとき、上司がいつ、どのような行為をしたのかということを書いて記録に残しておき、それを提出しながら冷静に伝えます。

感情的に伝えるよりも、あくまで客観的に、事実を伝えるほうが効果的です。気持ちが入ってしまうと逆に信憑性が疑われてしまいます。

 

実は会社の上層部としては、パワハラをする上司に処罰を与えたいと考えているものの、客観的な証拠がなく、動けずにいるという場合があります。

このような上司は部下の退職率が非常に高く、パワハラの噂も流れます。会社としてはその上司に問題がないかを疑うのですが、客観的な証拠が無いと懲戒処分はとれません。

このとき、あなたから診断書やパワハラの記録が提出されることで、会社としてその上司への対応が取れる可能性が広がります。

日ごろからパワハラ上司に嫌がらせを受けていると、「どうせこんな職場環境なら会社に訴えても無駄だろう」と考えてしまいがちですが、実はそうではないケースも多々あります。

勝手に諦めてしまわず、会社を頼ってみるというのも一つの手です。

 

もちろんこのような訴えを起こした場合は、その上司に知られることになります。

会社が誠実な対応をしてくれない場合は、かえってあなたの立場が危うくなるリスクがあることも事実です。

しかし、会社の人事や総務が信頼できる場合や、その上司と刺し違えても左遷や退職に追い込みたいという場合にはこの方法はオススメです。

 

②仕事に習熟し、発言力を持つ

①の方法で会社に訴えるときには、会社にとってあなたが辞められると困る人材であればあるほど、会社も対応をせざるを得なくなります。

この手の上司は部下を退職に追い込むほどプレッシャーをかけるため、部署として大きな成果をあげることがあります。

 

その場合、会社としてその上司に対して注意しにくかったり、その上司の方を守ってしまうこともあります。

あなたが新人で会社の戦力になっていない場合は、会社がパワハラ上司の方を守ることを優先してしまう可能性があります。

しかし、あなたも会社にとって戦力である場合は、あなたの訴えも無視できなくなります。

このように実力をつけることで会社の戦力になれば、会社はあなたの発言や訴えを無視できなくなります。

 

③同じ被害を受けている社員同士で団結する

あなた個人がそこまで会社の中で発言権がない場合は、同じ被害を受けている社員達が団結するという方法もあります。

パワハラ上司の職場の部下全員が、上司からの被害を訴え、会社がそれを無視した場合には、部下全員で会社へ抗議するということもできます。

また、部下全員が「上司を信頼していない」という雰囲気を出すことも、上司へのプレッシャーになるでしょう。

このように、数の力で上司や会社に対抗するという方法もあります。

 

パワハラ上司に対抗し、逆に退職に追い込むためにはこのような方法が有効です。

どれか単独の方法に力を入れてもいいですし、①から③を組み合わせるとなお効果的でしょう。

パワハラ上司の生態を知り、冷静に対処しよう

以上、部下を退職に追い込む上司への対処法をご紹介してきました。

まずはこのような上司のやり口を知りましょう。

そして、あなたの上司がこのような人間だった場合は、我慢せずに職場を離れるか、逆に退職に追い込むか、それともやり過ごすのかを冷静に考えることが必要です。

 

この手の上司の言動に怯えたり、やる気を下げられてしまうのはもったいないことです。

そして、ストレスによって心身を壊してしまうようなことも無いようにしたいものです。

そのためにも、ここにまとめた内容を把握し、部下を追い込む上司がいても冷静に対処してください。

こちらも参考になります

クラッシャー上司という生き物の存在を知らないとあなたが餌食になってしまう

 

辞めたくなったら転職サイトに登録だ!!

転職サイトに悩む人のイメージ画像
転職サイトってどういうもの?何を選べばいい?の疑問に答えます転職サイトとは、「求人情報を掲載しているwebサイト」のことを言います。 一昔前までは、転職活動をするときには、ハローワークに行っ...

 

POSTED COMMENT

  1. 釈圭優 より:

    どこの会社もそうですけど、社員だろうとバイトだろうと、使えないとか水と油だとかいう理由で簡単に首を切るとお客さんからも嫌われて会社も潰れちゃうから、圧力かけて自主退社に追い込むという汚いやり方しか出来ないんですよね。

    • wot より:

      コメントありがとうございました。確かにそうですね。
      私が昔いた会社では、「会社都合で首を切ると助成金がもらえなくなるから」という、なんともケチな理由で自主退社にもっていく経営方針でしたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です