厄介な上司や部下

部下の天然なミスをなくすには、注意力と想像力を意識させればよい。

うっかりミスをしているイメージ画像

天然なキャラクターは見てて和んだり、周りから愛さるものです。そのためプラスのイメージを持つ人が多いでしょう。

プライベートでは天然キャラクターはかわいいものですが、仕事において天然くん(ちゃん)にうっかりミスをされてしまうと、時に大変なことになります。

ミスの内容によっては「天然だから」では済まされないこともあるでしょう。

 

また、天然は周りから見ている分には癒される存在でも、本人としてはコンプレックスとして悩んでしまうこともあるようです。

天然が原因で仕事でミスをしてしまう場合はなおさらそういう傾向があるでしょう。

 

このように困ったとこともある天然ですが、果たして直すことはできるものなのでしょうか。

天然はもともとの性格に近いところがあります。そのためすぐには無理かもしれませんが、あることを意識することでミスを抑えられます。

あなたに天然な部下がいたら、そのポイントを伝えて仕事の場で天然を発揮しないようになってもらいましょう。

また、もしあなた自身が天然で悩んでいるのであれば、これから紹介する内容を参考にしてもらえれば天然防止に役立つはずです。

天然の原因は「注意力不足」と「想像力不足」


天然によるミスを防ぐためには、天然によるミスがなぜ起きるのかということを把握しなければいけません。

天然は性格の一つとして考えられるので、明確な原因がなく「天然は天然なんだ」というイメージがあるかもしれません。例えば、「怒りっぽい人はなぜ怒りっぽいのか」を考えても性格だから仕方ないというイメージです。

 

しかし私は、天然には明確な理由があると考えています。それは、「注意力不足」と「想像力不足」です。

例えば天然エピソードの一つとして、「よく壁にぶつかる」というのがあります。

これは言ってしまえば、常に進行方向に注意していれば防げるものです。

大体の場合は、何か考え事をしながら歩いているときに周りに注意できておらずぶつかってしまうのでしょう。

天然ではない人は考え事をしながらでもぶつかることなく歩けますが、天然の人はそのあたりは不得意なのだと考えられます。

 

しかし、どちらにしろ集中して注意していれば、天然の人でも壁は避けられるはずです。

このように、注意力不足に気をつければ天然のミスは避けられるものです。

 

また、もう一つが想像力不足です。一つ例を抜粋します。

陣内智則の天然エピソードがすごいとネット民の話題に

この中で、

バルサンの使い方が分からず、ペットだけ避難させて自分はずっと煙が充満した部屋の中で待機していた

という例があります。

この例であれば、ゴキブリ退治するための薬剤で煙がたくさん出ていれば人の体にも悪いということを想像できそうなものですが、その想像をせずにそのまま部屋に居てしまったのだと考えられます。

 

この場合、自分の体にも害がないかどうかを想像し、商品説明を読み込んでいればそうならなかったと言えるでしょう。

勘の鋭い人は状況から想像を膨らませ天然なミスを防ぐことができますが、それが出来ないときにこのような勘違いをしてしまいます。

注意力と想像力が足りなかったことを反省させる


このように、天然によるミスは注意力不足と想像力不足であることを踏まえ、ミスを減らす対策をとることが有効です。

まずは、起こしてしまうミスを「天然だから仕方ないね」と流すのではなく、注意力不足か想像力不足が原因であるということを認識させましょう。

「天然だから仕方ないね」と話を終わらせてしまうと再発防止にもならないだけでなく、本人も「自分は天然だからダメなんだ」と落ち込んでしまいます。

 

天然は性格であり、変えられないと考えることが多いです。

そのため、ミスを天然のせいにしてしまうと「自分の性格が仕事に向かない」と考えてしまいます。

 

そうではなく、注意力が足りなかった・想像力が足りなかったという観点で反省させることで、再発を防ぐことができ、また必要以上に落ち込む必要がなくなります。

その上で、なぜ今回は注意できなかったのか、想像できなかったのかを考え、今後同じシチュエーションになった時には何に注意すればいいのか、どのような可能性を想像すればいいのかという「天然ミス防止策」を見つけ、自分のなかにストックさせます。

注意力と想像力に意識させるとミスが減り自信もつく


このように、天然によるミスを防止するためには注意力と想像力という切り口からミスの原因と再発防止を考えさせましょう。

この方法で一つ一つのミスの原因を潰していくことで、同じミスが無くなっていきます。

 

また、「ミスは天然という自分の性格ではなく、注意力と想像力が足りないからだ」という意識が高くなってきます。

そうなると「自分はダメなんだ」と考え込まず、ミスをしないために注意や想像を働かせるほうに力を向けることができるでしょう。

 

そしてこれを繰り返すことで、一つのミス防止策を似たような同じ状況にも応用させることができるようになります。

こうしてどんどんミスを減らすことができるようになるでしょう。

注意力と想像力をキーワードにして、このように意識させていくことでミスを減らしましょう。

仕事のヌケモレを防ぐにはこちらが参考になります

仕事の抜け漏れはこれで防げ!定期的な仕事のメンテナンスがあなたを救う

 

ストレスな職場で耐え続けますか?無理せず転職を考えてみては?

オススメ転職サイト・エージェント一覧【転職考え始めの人にもぜひ】

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です