転職

転職エージェントを有効に活用すれば、理想の転職ができる!

職場の人間関係や会社への不満から、転職を考えることは誰しもあるでしょう。

現在の日本では、転職は珍しいことではありません。

転職するためには色々な方法がありますが、そのなかでも現在一般的になっているのが転職エージェントの活用です。

 

転職エージェントとは、あなたの代わりに応募先の企業へ応募の手続きをしてくれるだけでなく、日程調整や、あなたを応募先にアピールしたり、年収交渉までしてくれる存在です。

また、それだけではなく、求人情報をあなたに紹介してくれ、あなたにはどの企業が向いているかや、応募先企業ではどんな人が好まれるかなどの情報を教えてくれることもあります。

そのため、自力でするより便利に、かつ的確に転職活動をすることができる存在です。

 

その有用性や、転職活動の一般化によって、転職エージェントの数は以前よりかなり増えている印象です。

しかし、色々な転職エージェントがあるため、自分にあったものがどれか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこでこの記事では、代表的な転職エージェントの特徴をご紹介します。どのサービスを利用したらいいかわからないという人は参考にしてください。

 

転職エージェントとセットで語られるサービスに、「転職サイト」があります。

エージェントを利用するよりも気軽に始められるのが転職サイトの特徴です。

転職サイトについては別のページにまとめました。
(以前はこのページでもサイトについてまとめていましたが、長くなったので分けました。)

転職サイトってどういうもの?何を選べばいい?の疑問に答えます

オススメ転職エージェント一覧表

まずは、代表的な転職エージェントをいかにまとめました。

リクルートエージェント 全国に拠点があり、求人数・転職実績No.1

担当案件が多いため、エージェントの能力も高いことが多い。

エージェント一人当たりの担当応募者が多く、対応は事務的なこともある。

DODAエージェントサービス 全国に拠点がある、リクナビに次ぐ業界第2位

エージェントの対応が親身だったという評判が多い。

比較的20代、30代が多い。

転職エージェントのパソナキャリア 親身という評判が多く、女性の正社員転職に強い。

初回面談時にもらえるハンドブックが有名。

関東・東海・関西地方に拠点が充実している。

マイナビジョブ20’s 対応が丁寧という評判が多い。

転職活動のやり方についてのアドバイスが丁寧。

対象者向けのセミナーを頻繁に実施。

ハタラクティブ 未経験(フリーター)・第二新卒の求人が非常に多い。

フリーター・第二新卒特化型としては最大級の規模。

フリーターなどに対しての正社員採用へのサポートに力を入れている。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】 管理職・専門職の求人が多い。

自分の経歴を登録(匿名)し、ヘッドハンターからのスカウトが来るタイプ。

ハイクラスの求人者からの評価が高い。

JACリクルートメント 大手を除くと最大級の規模で、応募者との面談が丁寧と評判。

外資系に強く、高収入の案件を扱う。

市場価値が低いと判断されると案件を紹介されないこともある。

このようにいくつもの転職エージェントサービスがあり、様々な違いがあります。順番にご紹介します。

リクナビエージェント

リクルートエージェントイメージ画像

特色とオススメポイント

求人数・転職実績ともにNo.1を謳う、言わずと知れた業界最大級の転職エージェントです。

経験が豊富なエージェントが多いので、優秀なエージェントにあたりやすいと言えるでしょう。

大手であるため、比較的全国の都市でエージェントと話すことができ、利用しやすいと言えます。

 

ただし、エージェント一人当たりが対応する応募者の数が多いとのことで、対応が事務的だという評判もあります。

転職に自信があり、より多くの求人から探したいという人にオススメです。

拠点のある都市

東京・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・大阪・神戸・京都・名古屋・静岡・札幌・仙台・広島・岡山・福岡

興味がある人はこちらから↓(外部サイトに飛びます)

リクルートエージェント

DODA(大手)

DODAイメージ画像

特色とオススメポイント

リクルートに次ぐ業界第2位と呼ばれる大手です。

エージェントが親身になってくれたという評判が多く、転職に自信がない人や手厚いサポートを期待したい人にオススメです。

大手なので保有求人も多いですが、拠点の数は若干リクナビよりも少なめです。しかし、地方都市にも拠点がある分、地方での転職にはオススメです。

本格的に転職エージェントを活用したい場合は、リクナビに加えてDODAも登録しましょう。

拠点のある都市

東京・横浜・大阪・名古屋・札幌・仙台・広島・福岡

興味がある人はこちらから↓(外部サイトに飛びます)
転職サイトdodaで求人探し

パソナキャリア(大手)

パソナキャリアイメージ画像

特色とオススメポイント

派遣サービスや企業向けの就職支援サービスを手がけており、そのパイプの強さから独自の求人案件を保有しています。

エージェントが親身になってくれたという評判や、女性の正社員就職に強いという評判が多いです。

エージェントの在籍する拠点はリクナビやDODAに比べると少なめですが、東京から西のエリアの大都市は押さえられています。

初回面談時にもらえるハンドブックが「詳しくてためになる」と評判です。

拠点のある都市

東京・大阪・名古屋・静岡・広島・福岡

興味がある人はこちらから↓(外部サイトに飛びます)
パソナキャリア

マイナビ20’s

マイナビジョブズ20イメージ画像

特色とオススメポイント

第二新卒や20代の求人情報に特化しています。

エージェントの対応も丁寧で、転職活動のやり方についてのノウハウを詳しく教えてくれると評判です。

東京・大阪・名古屋の大都市に通える20代で、初めての転職で自信が無い人にオススメのエージェントです。

拠点のある都市

東京・大阪・名古屋

興味がある人はこちらから↓(外部サイトに飛びます)
マイナビジョブ20's

ハタラクティブ(若年層特化)

ハタラクティブ

特色とオススメポイント

未経験者歓迎の求人が非常に多く、フリーターの就職や第二新卒の転職に力を入れています。

エージェントの対応も丁寧で、転職活動のやり方についてのノウハウを詳しく教えてくれると評判です。

東京を中心に、大阪で未経験歓迎の求人を探す場合にオススメです。

拠点のある都市

東京・大阪

興味がある人はこちらから↓(外部サイトに飛びます)
ハタラクティブ

ビズリーチ(ハイキャリア特化)

BIZREACH画像

特色とオススメポイント

管理職や専門職を中心に、高待遇の求人に特化したエージェントです。

自分の経歴を登録後、ヘッドハンターからのスカウトを受け、面談をして求人に応募するという流れです。

JACリクルートメントと同じようにハイキャリアに特化した転職サービスで、それなりの年収や経歴がないと求人の紹介はされませんが、ハイキャリアの求人を探す人にオススメです。

拠点のある都市

ヘッドハンターは個々人で活動しているため、拠点単位で活動していません

興味がある人はこちらから↓(外部サイトに飛びます)
BIZREACH

JACリクルート(ハイキャリア特化)

JACリクルートメント

特色とオススメポイント

外資系などの高待遇の求人に特化したエージェントです。

それなりの年収や経歴がないと求人の紹介はされませんが、ハイキャリアの求人を探す人にオススメです。

エージェントではリクナビ、DODAに次ぐクラスの大手で、キャリアカウンセリングも親身だと評判です。

拠点も多いため、ハイキャリアの求人でエージェントを利用する場合はオススメです。

拠点のある都市

東京・さいたま・横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・広島

興味がある人はこちらから↓(外部サイトに飛びます)
JACリクルートメント

 

本気で転職を考えるならエージェントを利用するべき

このように、様々な転職エージェントがあります。

あなたの年齢やキャリア、居住地によって自分に合ったサービスを考えてみるとよいでしょう。

転職エージェントに登録する場合、実際のエージェント担当者に会うか、電話でやり取りすることになります。

エージェントとの面談もあるので、転職サイトや求人誌を見るのよりも手間がかかりますが、エージェントを利用するメリットはいくつもあります。

「非公開求人」がある

非公開求人とは、転職サイトや求人誌には出さず、エージェントにだけ出している求人情報のことを言います。

誰でも見られるサイトや雑誌に求人情報を出すと、ライバルである同業他社に自社の情報を公開してしまうことになります。

それを避けるために、あえて秘密裏に求人情報を出すことがあり、そういう情報は転職エージェントのもとに集まります。

 

転職サイトである「リクナビNEXT」では求人情報が約9000件に対し、同じリクルート社の「リクナビエージェント」の求人情報は150000件というデータもあります。

参考:リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い

そのため、転職サイト上では自分にあう求人が見つけられなくても、エージェントに相談することで見つかる可能性が高まります。

自分を客観的に評価してくれる

転職エージェントは、色々な求職者と企業担当者をやり取りしている転職のプロです。

そのため、あなた自身にあった企業や職種を客観的に判断してくれることが多いです。

また、応募書類の添削や面接についてのアドバイスもしてくれることが多く、あなた自身を企業に魅力的にアピールできるようになるでしょう。

転職活動となると頼れる人があまりいないのが一般的ですから、こういう存在がいることは大きなメリットになります。

 

また、転職を検討中の人でも、エージェントとの面談によって、自分が転職市場でどのような価値があるか分かるようになり、転職すべきかそうでないかの判断がつきやすくなります。

 

このように、手間がかかりますが、それを補って余りあるほどのメリットが転職エージェントにはあります。

転職を本気で考える人は、ぜひエージェントサービスを利用しましょう。

専門的な業種のエージェントも見てみよう

特化型の転職エージェントを利用しよう

このように、転職者にとって大きな武器になる転職エージェントですが、特定の業界に特化したエージェントもあります。

たとえば、IT業界の転職に特化した「typeの人材紹介」や、看護師の転職に特化した「ナース人材バンク」など、色々な業界に特化したエージェントがあります。

 

専門的な職種や業界に勤めている人は、試しに登録してみるのもよいでしょう。

業界・職種特化型の転職エージェントをまとめました。
業界・業種特化型のオススメ転職サイトとエージェント

良い転職エージェントを見分ける方法

このように、転職エージェントについて紹介してきましたが、エージェントを利用する上での注意点があります。

エージェントは、サイトや求人誌のサービスとは違い、人が直接かかわるため、どうしても人によって優秀かそうでないかという違いがあります。

 

実際、エージェントの評判がよい会社に登録しても自分に合わない人だったり、それほど評判の高い会社でなくても、担当してくれたエージェントの対応が素晴らしかったということもあります。

 

そこで、優秀なエージェントを見分けるポイントをご紹介します。

以下の特徴があるエージェントは優秀で、信頼に値します。

・企業側の情報に詳しく、どのような人材を求めているかを教えてくれる

・持っている求人の数が多く、自分にあった求人を紹介してくれる

・面接対策、応募書類へのアドバイスが丁寧で具体的

・自分で気づいていない「強み」を見つけ、自分の可能性を広げる提案をしてくれる。

このようなエージェントに出会ったら、転職活動は成功しやすくなります。

 

そこで、最初から複数のエージェントに登録し、信頼できそうかそうかどうかを見極めていきましょう。

「違うな・・」と感じたら、他の人に代わってもらうか、別の会社に登録することで、良いエージェントにめぐり合ってください。

確かに転職エージェントは頼りになりますが、「すべてエージェントにお任せ!」というスタンスではなくて、主体性を持ってエージェントや応募求人を探す意識を大切にしてください。

優秀なエージェントに自分をアピールしよう

こちらがエージェントが信頼できるかどうか見るように、エージェント側も、あなたの意欲が高いかどうか(転職活動に本気かどうか)を見ています。

本気度が高いと感じた人には優先的に対応しますが、そうではないと思われた場合は、あまり熱心に対応してくれない可能性もあります。

 

そこで、信頼できるエージェントと巡り合えたら、今度はあなたの方がエージェントにアピールし、色々な求人紹介やサポートを優先的に受けられるようにしましょう。

具体的なコツは以下の通りです。

・メールなどのレス(返事)をとにかく早くする

・条件にある求人があれば転職の意思があるということを明確に伝える(転職しようかな~、どうしようかな~、のような優柔不断な態度をとらない)

・面談のときはきちんとした身だしなみにする(ラフな格好で行かない)

このようなことを意識すれば、ほかの求職者よりも優先的に対応してくれる可能性が高まります。

 

以上、転職エージェントについて色々とまとめてきました。

転職に成功すれば職場環境や給与、地位など色々な面で今よりも良い人生が送れます。

そのためにも、自分にあったエージェントに出会い、よい関係を築いて、よい転職を目指しましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です