中間管理職というのは、とにかくストレスが多いお仕事。

中間管理職の大変さに悩むイメージ画像

どんな業界・職種にも存在し、かつストレスが溜まる仕事・・それが中間管理職です。

理不尽な上司と、クセの強い部下の板挟みになり、精神をすり減らしてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そんな大変な仕事にも関わらず、きちんとした知識やノウハウを学ぶ機会は多くないはずです。

特に中小企業だと、教育や研修がないまま管理職を任されることも珍しくありません。

実際、私自身が管理職を任されるときがそうでした。

 

そのため、管理職特有の大変さに悩み、「仕事が辛い」と感じる人も多いようです。

そういう私自身も、ワンマンな上司と個性豊かな部下の間に挟まれて、日々苦労しています。

 

本サイトでは、そんなストレスや悩み事の多い中間管理職の人達にとって、少しでもためになる知識をまとめています。

私自身、約10年近く中間管理職として、色んなことを経験してきました。

  • 小企業のワンマン社長の下で、会社に不満ばかりの部下とのはしご役
  • ブラックな環境で、部署の部下の半分が一気に辞める
  • ヒステリック&思いつきで生きる上司に、振り回される
  • 未経験の部署に異動し、プライド高めの年上部下に動いてもらいながら仕事を回す

管理職として、書籍化されるような劇的な成果をあげているわけではありませんが、経験の豊富さだけは、そこそこあると思っています。

 

このサイトでは、私自身が中間管理職として苦労する中で実感したことや、本や教わったもののうち参考になったこと・役に立ったことをまとめています。

私自身が普通の中間管理職だからこそ、 皆さんにも実践しやすく、共感できるノウハウがあるのではないかと思います。

中間管理職のストレスの大半は、上司と部下。

人間関係に悩んでいるイメージ画像

中間管理職を苦しめる要因は、まず上司。

まず、管理職のストレスとして上がるのが、経営層や上司の存在です。

「現場をわからず無茶を言う」「理想論、精神論を押しつけてくる」など、まるで仕事を邪魔するような存在の上司に苦しめられることはありませんか?

以下のページでは、そんな上司に苦しむ人への記事をまとめました。

 

上司に苦しむときの選択肢のイメージ画像
上司がストレスで辛いなら、かわすか、倒すか、逃げればいい。仕事でのストレスの多くは人間関係であり、人間関係の問題の多くは上司が原因であるものです。 上司が理想的な人物なら、ストレスなく仕事...

 

中間管理職でなく、単純に直属の上司にストレスを抱えている人にも役立つ記事だと思います。

 

どうやって部下を導くのかも、悩みどころ。

そして、管理職にとってのストレスは上司だけではありません。

反抗的だったり、価値観が全然違ったりなど、部下の存在がストレスになることも珍しくありません。

また、自分が管理職としてどう振る舞ったらいいかわからない・・という悩みを抱える人もいるでしょう。

以下の記事では、面倒臭い部下やリーダーシップに悩む人向けの記事をまとめています。

 

部下を導くノウハウを学ぶイメージ画像
部下をまとめる管理職のコツなんて、誰も教えてくれないから自ら学ぼう。部下を持った管理職ならば、部下をリードしていくのがいかに難しいか実感することが多いはずです。 なにしろ仕事の現場は理不尽で、無茶ぶ...

 

やる気を取り戻す方法も、身に着けておきたいところ。

このように、中間管理職は色々なストレスにさらされるので、やる気がなくなってしまうこともあるでしょう。

仕事に真面目だからこそ、うまくいかないと悩み苦しみ、次第に疲れてしまい、モチベーションもいつの間にか下がってしまうものです。

そんなときに私が試してきた対処法については、こちらの記事にまとめています。

 

やる気がなくなっている様子のイメージ画像
仕事のやる気を奪われたあなたに伝えたい、やる気を取り戻す4つの方法。もともと仕事に前向きだったのに、ストレスのせいでいつの間にか気力がなくなる・・なんてことはありませんか? ムカつく上司などにストレ...

 

どうにもならないなら、環境を変えたって構わない。

環境を変えることで明るい未来が待っている

転職を考えることが、ストレスを抑えることにもなります。

上司や部下への対応ノウハウを試したり、やる気を取り戻す方法を身に着けることで、管理職の仕事を続け、ストレス少なく仕事ができるようになりたいところです。

しかし、環境によっては、どうしてもうまくいかない・ストレスが溜まり続けて体にも悪い影響が出てくることもあるでしょう。

そんなときは、転職で環境を変えるという方法もありです。

私自身も、2回転職しています。

 

まず、「今の仕事は辛いけど、転職が不安だ」という人は、試しに軽く転職を意識してみる方法をおすすめしています。

軽い気持ちで求人情報を探してみることで、本格的に転職を決意しなくても、「こういう仕事があるから、辞めてもなんとかなるか」という精神的な逃げ道ができるので、心が楽になります。

 

仕事辞めたいけど転職が不安というドロ沼のような気持ちから抜け出しましょう
「仕事辞めたいけど転職が怖い」というドロ沼から抜け出す3つの方法とは?色々なストレスで、「仕事を辞めたい」と感じても、「本当に辞めていいのかな・・?」と不安になることは多いですよね。 辞めたいほど仕事...

 

また、自分が仕事を辞めるべきか・続けるべきかを本格的に検討する場合は、こちらのページをオススメします。

「仕事を辞めたい」と考えたとき、気になる点などについて、色々な記事をまとめています。

 

仕事を辞めたいと怒っているイメージ画像
「仕事を辞めたい」と苦しむ人が悩むであろう、4つのポイントまとめ。無茶な目標、理不尽な上司や部下・・仕事をしていれば、誰しも一度は「辞めたい」と思うものです。 しかし、次の仕事はスムーズに決まるの...

 

転職は、情報収集と事前準備が大切だと学びました。

そして、本格的に転職を検討したい人には、私が自身の転職の経験から感じた転職のコツをこちらの記事にまとめています。

私自身、20代の転職では苦労し、その失敗を活かした30代の転職では、満足いく結果が得られました。

その場の勢いやノリで行動するのではなく、情報を集めることと、事前の準備をすることが大切だと実感しました。

 

転職活動に臨むイメージ画像
最初の転職で失敗し、次の転職で成功した僕の実体験をまとめました。私は20代のころに一回、30代になって一回、計二回転職しています。 一回目の転職では、まだ20代ということもあり、「まぁ何とかなる...

 

一人で思い悩まずに、相談や情報収集をしてみよう。

本サイトでは、このように、中間管理職の大変さやストレスが少しでも軽くなるような視点で、色々な記事をアップしています。

管理職は、とにかくストレスが溜まりやすい立場で、色々な人が悩んでいます。

 

苦しいときに、一人で思い悩んでしまうのはおすすめできません。

身近な人に相談するのもよい方法ですし、書籍や本サイトのような媒体からノウハウを探してみるのもいいでしょう。

そのなかでも本サイトの情報が、何かひとつでもあなたにとって有益になれば嬉しいです。