厄介な上司や部下

嫌味を言う低レベルな上司の対処法を実践すれば、心が楽になりますよ。

嫌味を言う上司は精神的に未熟ですイメージ画像

上司からネチネチと嫌味を言われて、イラついた経験がある人は多いと思います。

自分の仕事ぶりについて皮肉や遠まわしな批判を言われ、モチベーションが下がるというのは良くありますよね。

「よくもまぁここまで見事な嫌味が言えるな」と相手の表現力に驚くこともあるでしょう。

堂々と「嫌味をやめてください」と言うのも気が引けるし、仮に言ったところで「君が嫌味を言われることをしなきゃいいんだよ」と返されることもあります。

 

このようにイライラさせる上司の嫌味ですが、その対処法を知れば、イライラから解放され、あなたの心も楽になるでしょう

今回は、そんな上司の嫌味への対処法や、なぜ上司は嫌味を言うのかという心理についてまました。

上司の嫌味にストレスが溜まっている人は参考にしてみてください。

嫌味を言う上司は「自分に自信がない人」

そもそも仕事の場で嫌味を言う上司は、どのような心理なのでしょうか。

それは、「指摘したいことがあるが、正面から言う勇気がない」ということです。

基本的には、あなたの仕事に対して指摘するべきことがある場合、それは嫌味という形ではなく適切な形で伝えるべきです。

 

しかし上司の心に

  • 「わざわざ指摘するほどのことでもないし、指摘するのが面倒くさい」
  • 「注意して気まずくなったらどうしよう」
  • 「こんなこと注意したら”細かい”と思われそうで嫌だ」

と感じるような面倒臭いや心の弱さがあるときに、指摘ではなく嫌味として上司の口からついて出てきます。

 

逆に、普段から厳しく指摘してくれる人は、嫌味を言わないことが多いでしょう。「指摘する心の強さ」があるからだと言えます。

こう考えると、嫌味を言う人は「指摘できる強さ」がない人だ、と言えるでしょう。

 

なお、あなたに嫉妬していることがあったり、幼い頃に親などから嫌味ばかり言われて育った場合も、嫌味をよく言ってきます。

どちらにしても、「精神的に未熟なこと」が嫌味を言う理由になっている点は、共通しています。

 

嫌味は色々な面でパワハラよりもレベルは低い

このように嫌味は、上司が精神的に未熟であるために出てしまうものです。

一方、パワハラも部下にストレスを与えるものとしてよく言われます。

しかし、パワハラは明らかな威圧や労働基準法違反な働き方を強制させるなど、嫌味よりも悪質であることが多いと言えます。

 

パワハラをする上司は、部下を潰そうという悪意があるか、「成果を出すためにはこれくらいは当然」と思い込み、それを部下にも求めているかのどちらかです。

いずれも、嫌味を言うよりもエネルギーを使うことが多く、嫌味を言う上司はパワハラをする上司より、器としては小さいです。

 

このように嫌味を言う上司は、面と向かって指摘する勇気がなく、パワハラをする上司のようなエネルギーもありません。

それを考えると、嫌味を言ってくる上司に対しては「こいつはまともに注意が出来ない、弱い人間なんだ」と心の中で罵ってやるのがちょうどよいでしょう。

嫌味上司への対処法①スルースキルを高める

このように、嫌味を言う上司の低レベルさを知って、心の中で見下してやれは、少しは気も晴れるでしょう。

 

もちろん、もっと具体的に対処できる方法もあるので、順番に紹介していきます。

まずは、嫌味をスルーする方法です。

嫌味を取り合わず、受け流すマインドを身につければ、嫌味にいちいちイラつかずに済むようになります。

それには2つのコツがあります。

ただの口ぐせだと解釈する

嫌味をいつも・誰にでも話しているような人は、それが口癖のようになってしまっていることが多いです。

こういう人は、クセとして、無意識に口から嫌味が出てしまう、大変残念な性質になっているのです。

そのため、「どうしてこの人はこんなことを言うのだろう」「自分に何か問題でもあるのか・・?」と悩まず、ただの口ぐせだ、として受け流しましょう。

 

例えば、カラスがゴミをつついているのをみて、「どうしてカラスはごみをつつくのだろう」と悩むことはありませんよね。

深い考えもなく、ただ食べ物を漁るためにやっているに過ぎません。

上司の嫌味もそんなレベルのものだと思い、いちいち気にするのを止めるようにしましょう。

有益な部分を拾う

嫌味の中には、実はあなたの伸びしろが含まれているケースがあります。

そこに意識を向けて、自分の改善点に注目するという方法もあります。

「こんなに時間がかかるなんて、いつも仕事が遅いね」→仕事のスピードを上げれば周りからの評価が上がるかもしれない、と考える

「あんな資料の出来なら、プレゼンに通らなくても仕方ないね」→今後プレゼンを通すためには資料の精度がカギになる、と考える

という具合に、嫌味を言われたことや、言い方ではなく、自分の伸びしろに意識を向けてみましょう。

 

そうすると、自分の成長につながるヒントを得ることができるかもしれません。

ちなみに、そのようなヒントが何もないこともあります。

その場合は、なんの意味もなく癖で言っているだけなので、「カラスがゴミをつついているだけだ」と解釈しておきましょう。

 

このように、嫌味などのストレスな発言には、まともに取り合わずにスルーするほうが、あなた自身のためになることが多いです。

そのような「スルーマインド」を身に着けるうえで私が参考になったのが、「頭に来てもアホとは戦うな!」という書籍です。

 

本書は、政治の世界で罵られたり、理不尽な仕打ちを受けた筆者が、怒りのエネルギーをうまくコントロールするための経験やコツがつづられています。

嫌味を言う上司のように、絡む価値のない「アホ」をスルーして、本当に大切なことにエネルギーを注ぐのがいかに大切かを、再三にわたって説明してくれます。

 

嫌味上司への対処法②軽く反撃する

嫌味を言う上司への対策(オウム返し)

このように、上司の嫌味は「私は嫌味を言うような低レベルな人間です」という宣言だと思い、スルーするのが一番です。

しかし、それ以外の対処法として、嫌味を言われた時に微妙な反応をすることで、上司にストレスを与えるという方法もあります。

これは、嫌味を言う上司に逆にストレスを与え、言わせなくするのを狙うものです。

具体的には、以下の3つの方法です。

「はぁ・・」と受け流す

これは、嫌味を言われたときに、気の抜けた顔で「はぁ・・そうですか」と切り返す方法です。

「何言ってるのコイツ」みたいなイメージで、相手にしない素振りを見せましょう。

その態度に対して上司が「その態度はなんだ!」とキレた場合でも、「はぁ・・すいません」とさらに無気力に切り返せば、そのうち上司も諦めます。

これをされることで、上司に「こいつには嫌味が通じない」と思わせられます。

満面の笑みを返す

嫌味を言われて普通「ムッ」とする表情になるところを、あえて真逆の満面の笑みで「そうですか、気をつけます!」と明るく返してやることです。

嫌味を言われたときの普通の反応とは違うので、上司が驚き、これ以上嫌味を言う気も失せてしまうものです。

オウム返しをする

例えば「君の字の汚さは芸術的だねぇ」と言われたとき、「字の汚さが芸術的ですか」と、発言をそのままオウム返しする方法もあります。

嫌味を言う上司にまだ良心がある場合、自分の発言をオウム返しされることで、本人の罪悪感を呼び起こすことがあります。

 

このとき、怒りや悲しみの感情をいれず、機械的に淡々と繰り返すほうが迫力が増します。

しかし、あなた自身がもう一度傷つく恐れがあるのと、上司が全く罪悪感を感じない人間ならばあまり効きませんので、注意が必要です。

普段言わないはずの上司の嫌味は要注意

このように、日常的に嫌味を言う上司には、受け流したり、微妙に犯行してやるのがよいでしょう。

しかし逆に、普段嫌味を言わない人がそういうことを言った場合、カチンと来る前に冷静に考える必要があります。

 

まず、普段嫌味を言わない人は、「嫌味が良くない」というのを理解しており、かつ嫌味を抑えるのを実践できる人であるはずです。

そういう人が敢えて嫌味を言うのには、何か理由があると考えたほうがいいでしょう。

 

  • 実は日ごろからストレスを溜め込んでいて、堪えきれずそれが出てしまった
  • あなたの行動に改善すべきことがあって、そのためにあえて嫌味を言った

・・などの可能性が考えられます。

もし日ごろからストレスを溜めているのであれば、対処する必要があるもしれないし、改善すべきことがあるのならば、それを考えたほうがよいでしょう。

あえて上司が嫌味を言う場合もある

また、正面きって指摘するよりも、あえて嫌味を言ったほうが良い場合もあります。

たとえば、ある件でさんざん叱った後に、なお別で叱られる問題が出たときなどが、それにあたります。

そういうときは、もう一度同じトーンで叱るのはお互い疲れます。

そこで、嫌味という形で伝えるという方法もあります。

 

もしあなたの上司が普段嫌味を言わない人で、このような状況で嫌味を言われた場合は、「もう一度ガッツリ怒られる代わりに、嫌味で済んだ」と考えておきましょう。

このように、日常的には嫌味を言わないタイプの上司が嫌味を言うときは、何か考えがあって、やむなく嫌味を言っている可能性があります。

そういう場合はスルーする前に、嫌味を言われた背景や上司の心理を考えてみると良いでしょう。

 

「嫌味な上司」に詳しくなると冷静になれる

このように、上司の嫌味に対してその背景や対処法を知ることで、イライラせずに少し冷静になれないでしょうか。

嫌味以外にも色々な言動で、あなたを困らせる上司はたくさんいると思います。

 

ポンコツ上司の5つのパターンと少しでも前向きになるための3つの考え方本サイトでも色々な記事で扱っていますが、上司の振る舞いにイライラしたり不信感を抱いたり、とにかく色々とストレスが溜まることは多いです。 ...

 

このような、職場の人間関係のストレスに悩まされる人は多くいます。もしこのようなストレスに悩んでいる場合は、こちらの記事も参考になると思います。

 

職場の人間関係がストレスになっている様子のイメージ画像
職場の人間関係がストレスになりやすいのはどんな人?【対処法も紹介】職場の人間関係がストレスになることは多いものです。ストレスに感じやすい人には特徴があり、その原因や対処法ががかればストレスも感じにくくなります。...

 

癒しの時間は取れてますか?
仕事で日々疲れてる僕が紹介する、使って良かった癒しグッズ5選!中間管理職は、人間関係中心に何かとストレスが多い仕事で、日々疲れきっている人も多いと思います。 その疲れやストレスを癒すため、プラ...

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です