厄介な上司や部下

嫌味を言う上司がいかに低レベルかを知れば、あなたはイライラしなくなる。

嫌味を言う上司は精神的に未熟ですイメージ画像

上司からネチネチと嫌味を言われてイラついた経験がある人は多いと思います。

自分の仕事ぶりについて皮肉や遠まわしな批判を言われ、モチベーションが下がるというのは良くありますよね。

「よくもまぁここまで見事な嫌味が言えるな」と相手の表現力に驚くこともあるでしょう。

堂々と「嫌味をやめてください」と言うのも気が引けるし、仮に言ったところで「君が嫌味を言われるようなことをしなければいいんだよ」と返されて終わることもあります。

 

このようにイライラさせる上司の嫌味ですが、いったいどのような心理で上司が嫌味を言うのかを知ることが効果的です。

そして、嫌味を言われたときの切り返し方や、かわし方などの「嫌味への対処法」を知ることができれば、あなたがイライラすることも少なくなるでしょう。

今回は、そんな上司の嫌味に対しての心理や対処法をまとめました。

嫌味を言う上司は「自分に自信がない人」

そもそも仕事の場で嫌味を言う上司は、どのような心理なのでしょうか。

それは、「指摘したいことがあるが、正面きって指摘する勇気がない」ということです。

基本的には、部下であるあなたの仕事に対して何か指摘するべきことがある場合、それは嫌味という形ではなく適切な形で注意するべきものです。

 

しかし上司の心に

「わざわざ指摘するほどのことでもないし、指摘するのが面倒くさい」

「注意して気まずくなったらどうしよう」

「こんなこと注意したら”細かい”と思われそうで嫌だ」

と感じるような面倒くささや心の弱さがあるときに指摘ではなく嫌味として上司の口からついて出てきます。

 

逆に、普段から厳しく指摘してくれる人は嫌味を言わないことが多いでしょう。それは厳しく指摘する強さがあるからだと言えます。

こう考えていくと、嫌味を言う人は「指摘できる強さ」がない人だと結論付けることができるでしょう。

 

なお、中には部下であるあなたに何か嫉妬している部分があったり、幼い頃に親などの保護者から嫌味ばかり言われて育ってしまった場合も、上司が嫌味を言ってきます。

どちらにしても、「精神的に未熟なこと」が嫌味を言う理由になっている点は共通しています。

嫌味は色々な面でパワハラよりもレベルは低い

このように嫌味は、上司が精神的に未熟であるために出てしまうものです。

一方、パワハラも部下にストレスを与えるものとしてよく言われます。

しかし、パワハラは明らかな威圧や労働基準法違反のような働き方を強制させるなど、嫌味よりも悪質であることが多いと言えます。

 

パワハラをする上司は、部下をつぶしてやろうというハッキリとした悪意があるか、「成果を出すためにはこれくらいは当然」と思い込み、それを部下にも求めているかのどちらかです。

いずれも、嫌味を言うよりもエネルギーを使うことが多く、嫌味を言う上司はパワハラをする上司より器としては小さいと考えてよいでしょう。

上司の嫌味は言い返すよりあざ笑ってやろう

このように嫌味を言う上司は、面と向かって指摘する勇気がなく、パワハラをするような上司のようなエネルギーもありません。

 

その事実を考えると、嫌味を言ってくる上司に対しては「こいつは人にまともに注意も出来ない、弱い人間なんだ」と心の中で罵ってやるのがちょうどよいでしょう。

嫌味の内容(「仕事が遅い」など)を、自分の課題だと捉えつつ、そういう指摘を「嫌味」という形でしか表現できない上司を見下してやればいいのです。

そのため、基本的な方針として、嫌味を言われたときはイラッとするよりも、その上司の人間性の低さを心の中で笑うという態度でいましょう。

嫌味を言われたときの3つの具体的な対処法

嫌味を言う上司への対策(オウム返し)

このように、上司の嫌味は「私は嫌味を言うような低レベルな人間です」という宣言だと思いましょう。そう思うとイラッとしにくくなります。

嫌味を言う上司への対策としてはこれが非常に重要です。

なぜなら、自分の嫌味が相手をイラつかせることが分かった場合、その上司があなたを嫌味のターゲットにする傾向があります。

そういう面倒くさいことにならないためにも、「こいつには嫌味が通じないな」と感じさせることが重要です。

 

では具体的にはどのような態度をとれば「嫌味が通じないな」と思わせられるでしょうか。

そのための方法として3つ有効なものをご紹介します。

 

①「はぁ・・」と受け流す

これは、なにか嫌味を言われたときに、気の抜けた顔で「はぁ・・そうですか」と切り返す方法です。

「何言ってるのコイツ」みたいなイメージで、相手にしない素振りを見せましょう。

その態度に対して上司が「その態度はなんだ!」とキレた場合でも、「はぁ・・すいません」とさらに無気力に切り返してやれば、そのうち上司も諦めます。

これをされることで、上司に「こいつには嫌味が通じない」と思わせることができます。

 

②満面の笑みを返す

嫌味を言われて普通「ムッ」とする表情になるところを、あえて間逆の満面の笑みで「そうですか、気をつけます!」と明るく返してやることです。

嫌味を言われたときの普通の反応とは違うので、上司が驚き、これ以上嫌味を言う気も失せてしまうものです。

 

③オウム返しをする

例えば「君の字の汚さは芸術的だねぇ」と言われたとき、「字の汚さが芸術的ですか」と言われたことをそのままオウム返しする方法もあります。

嫌味を言う上司にまだ良心がある場合、自分の発言を改めて取り上げられることで、本人の罪悪感を呼び起こすことがあります。

 

このとき怒りや悲しみの感情をいれず、機械的に淡々と繰り返すほうが迫力が増します。

しかし、言われたあなた自身がもう一度傷ついてしまう恐れがあるのと、上司が全く罪悪感を感じない人間だった場合には、あまり効きませんので注意が必要です。

普段言わないはずの上司の嫌味は要注意

このように、日常的に嫌味を言ってくる上司には、まともに取り合わず受け流すことが重要です。

しかし逆に、普段嫌味を言わない人がそういうことを言った場合、カチンと来る前に冷静に考える必要があります。

 

まず、普段嫌味を言わない人は、嫌味が良くないことというのを理解しており、かつ嫌味を抑えることを実践できている人であるはずです。

そういう人が敢えて言ってしまうというのには、何か理由があると考えたほうがいいでしょう。

 

実は日ごろからストレスを溜め込んでいて、堪えきれずそれが出てしまったとか、それともあなたの行動に改善すべきことがあって、そのためにあえて厳しい言い方をしたか・・などの可能性が考えられます。

もし日ごろからストレスを溜めているのであれば、対処する必要があるもしれないし、何か改善すべきことがあるのならば、その方法を考えたほうがよいでしょう。

あえて上司が嫌味を言う場合もある

また、正面きって指摘するよりもあえて嫌味を言ったほうが良い場合もあります。

たとえば、ある件でさんざん叱った後に、なお別の叱られるような問題が出たときなどがそれにあたります。

そういうときは、もう一度同じトーンで叱るということがお互い疲れます。

そこで嫌味という形で釘を刺して終わらせるいう手があります。

 

とはいえ嫌味は相手の気分を悪くしやすいものですから、そのときは一度だけ、爽やかに言うことが大切です。何度もネチネチ繰り返すのはやってはいけない嫌味です。

もしあなたの上司が普段嫌味を言わない人で、このような状況でで嫌味を言われた場合は、「もう一度ガッツリ怒られる代わりに、嫌味で済んだ」と考えておきましょう。

 

このように、日常的には嫌味を言わないタイプの上司が嫌味を言うときは、何か考えがあったやむなく嫌味を言っている可能性があります。

そういう場合は見下す前に、上司が嫌味を言った背景や心理を考えてみると良いでしょう。

「嫌味な上司」に詳しくなると冷静になれる

このように、上司の嫌味に対して色々な知識や考えを持つことで、イライラせずに少し冷静になれないでしょうか。

嫌味は意外と奥が深く、ただ上司が精神的未熟な場合もあれば、こちらがその原因をしっかりと考えなければいけないこともあります。

 

どちらにしろ、上司がなぜ嫌味を言ったのかという心理や意味を考えることが、冷静になるために効果的です。

カッとなりやすい人にとっては難しいかもしれませんが、この考え方ができると、仕事上での嫌味だけでなく、プライベートでも友達や夫婦、家族間でのケンカなどでも役立ちます。

上司にイライラしないための他の記事も参考になります

「仕事丸投げ上司」に前向きな気持ちを蝕まれないためのポイント

 

ストレスな職場で耐え続けますか?無理せず転職を考えてみては?

転職サイトに悩む人のイメージ画像
転職サイトってどういうもの?何を選べばいい?の疑問に答えます転職サイトとは、「求人情報を掲載しているwebサイト」のことを言います。 一昔前までは、転職活動をするときには、ハローワークに行っ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です