部下育成

上司たるもの「この部下は言っても無駄」という気持ちをグッとこらえなければいけない

目の前にお金をぶら下げられて頑張る人のイメージ画像

やる気がない、他力本願、感謝の気持ちが無い、不満ばかり言う・・そんな部下もいるでしょう。

そんな部下には「どうせ言っても無駄だろう」という気持ちにもなります。前向きで向上心のある部下ならば、上司としても育ててあげたい気持ちが湧いてきますが、そうでない部下だったら正直関わりたくと思うかもしれません。

部下の替えが利くような状況であれば、やる気のある人だけ拾っていくスタイルでもいいでしょうが、現実にはそうでないことの方が多いはずです。

 

特にこれからは国籍や年代が幅広い人たちと仕事をする時代に入ってきます。

そこで今回は、「言っても無駄」と思ってしまうようなそんな気持ちをこらえ、こういうタイプの部下をどのように動かすべきかについてまとめます。

性善説に立ってはいけない


仕事へのモチベーションの一つとして、この会社に貢献したい、お客さんに貢献したい、仲間に貢献したい、というものがあります。

実際、このようなモチベーションを上げるために、企業理念を作り共有したり、お客様の感謝の声をフィードバックするなどの対策が採られることがあります。

しかしこの手のタイプは自分本位で考えるので、あまり他者への貢献が自分の喜びにはなりません。そのため別のアプローチが必要です。

まず信頼関係をつくること


まずは上司である自分と相手との信頼関係を作りましょう。気さくに話しかけることや思いやりの気持ちを重視して接し、最低限の信頼関係を作ります。

この手のタイプは「何を言われるか」より「誰に言われるか」と重視します。もしあなたとの信頼関係ができていないと、あなたから言われることはすべて聞き入れない可能性があります。

もしあなたがこのようなタイプにイライラしてしまいながら接してしまった場合は、相手もそれを敏感に感じますからギクシャクする危険性があります。

気持ちの整理をしっかりつけ、信頼関係の構築に務めましょう。

報酬(目の前のニンジン)で動かす


信頼関係が出来てこれば、ある程度あなたの指示や言うことが通るようになります。

その上で相手に頑張ってもらうよう動かしたいのですが、このタイプは先ほどの話しの通り、他者への貢献という美しい心情に訴えても動きません。

そこで、「報酬と対抗心(仮想敵)」を使うとよいでしょう。

 

「報酬」とはつまりごほうびのことです。「この目標をクリアしたらご馳走する」「実績を上げた人には会社からインセンティブがでる」というものを彼らの目の前にぶら下げます。目の前にニンジンをぶら下げるとよく言いますが、それです。

会社の仕組みとしてインセンティブがあれば、それを最大限活用すると良いでしょう。

それが無い場合は上司が自腹を切ることになってしまいますが、焼肉をおごるだとかのご褒美はよくありますよね。

成果を出してもらえれば上司であるあなたの待遇やボーナスが向上するので、先行投資だと割り切っておごってしまいましょう。

対抗心(仮想敵)で動かす


また、「対抗心」とはつまり負けず嫌いな気持ちです。こういうタイプの部下の場合、コンプレックスがあることが多いため、「あいつよりは自分は上だ」という気持ちが働いていることが多いです。

チームの中で「あいつには負けたくない」という人物がいる場合は、その部下に集中的にあなたが力を入れ、成果を出してもらいましょう。

そうすると周りが焦りだします。

 

「えこひいきだ」と周りからは思われるかもしれませんが、彼に頑張ってもらうことでチームの成果があがるから当然の対応だ、と開き直ってしまえばいいでしょう。

えこひいきだろうとなんだろうと、自分が見下している相手に抜かれるのは非常に焦るものです。そのような心情を利用して、彼らのお尻に火をつけましょう。

 

また、チーム内にそういう人がいない場合は、チーム外にそういう相手をつくります。成績が拮抗している部署や、チームのメンバーが嫌っている部署があればそこを仮想敵と設定し、そこよりも良い成績を上げるようにたきつけましょう。

もし仮想敵が強大で差が激しい場合、差を詰めることを目標にしていくか、身近なライバルを他に探すかの調整を図りましょう。

あまりに目標が遠いとモチベーションが持続できません。

だんだんとレベルの高い動機に引っ張る


このような方法でひとまずやる気にさせ、成果を上げさせます。そしてその後が重要です。目標が達成できたときには多いに褒めて自信をつけさせましょう。たとえ達成できなかったとしても、過去と比較して成長が認められるならばその事実に触れて認めてやります。

これを何回か行なうことで、だんだんと本人の中に負けず嫌いや報酬ではなく、「人に認められるために仕事を頑張りたい」という気持ちが湧いてくるものです。

人に認められたいという気持ちが強くなってきたときに、「他者に貢献しよう」という気持ちが湧きやすくなります。

そうなると貢献することそのものをやりがいに感じ、報酬をちらつかされたり、対抗心を煽られずとも自律的に努力をしようというマインドに成長していきます。

色々な動機付けがある。「言っても無駄」と諦めないこと


以上のように、マインドが低い人にはそれなりの対応方法があります。

上司としてはチームで成果を上げることが求められるので、「言っても無駄」と諦めずにアプローチすることが大切でしょう。

もともとは人のやる気をあげさせるには色々な方法があります。こいつはダメだと投げ出さず、色々なモチベーションアップの方法を試し、引っかかりそうなやり方を試してみると良いでしょう。

やる気をあげる方法はこちらも参考になります

できる上司は知っている!部下のやる気を上げ目標達成させるためのコツ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です