部下育成

部下へ指示が伝わらないのは、上司の指示出しが下手くそだからです。

弟子に教えているイメージ画像

「部下への指示が上手く伝わらない」という悩みは、多くの上司が抱えがちです。

出した指示と違う動きをとられたり、指示した仕事が期限までに間に合わなくて困ったことはないでしょうか。

「ちゃんと指示したはずなのに、なぜ部下は自分のイメージどおりに仕事をしてくれないのか」と悩み、部下の理解力の無さにイライラするかもしれません。

 

しかし、部下へ指示が伝わらないのは上司のあなたに問題があると考えるべきです。

上司と部下ではスキルや経験、視野が違います。その違いに上司であるあなたが配慮せずに指示をだしてしまうと、なかなか上手く伝わりません。

部下へ指示を出すときの注意点や、指示を上手く伝えるコツを把握すれば、部下への指示だしはスムーズにいくものです。

ビジネスを進める上で、部下へ効果的に指示を出す力はリーダーにとって必須の能力です。

本記事の内容を参考に、適切な指示を出せる上司になってください。

なぜ部下に指示が伝わらない3つの理由


まずは、なぜ部下に指示が伝わらないかという点について知ることが大切です。

部下の理解力が無いからという一言で片付けてしまっては、いつまで経っても部下への指示が上手くいきません。

これには大きく分けて3つの理由があります。

 

①仕事の意義が伝わっていない

締め切りが近いはずなのに動きが遅い、仕事の出来がどうも雑・・という場合は、部下にその仕事の意義が十分に伝わっていないことが考えられます。

人間はロボットではないので、モチベーションによって仕事のスピードやクオリティが大きく変わるものです。

そして、人は自分の仕事に意義を感じているときにモチベーションが高まります。

その仕事が何のために必要なのか、なぜその部下にやってもらいたいのか、という点を詳しく伝えることで、部下にその仕事をする価値を感じさせることでやる気があがり、素早く取り組んだり、クオリティの高いものになります。

 

②上司との信頼関係が無い

信頼している相手からの指示を受ける場合と、そうでない相手から言われる場合と、あなたはどちらの場合により本気で仕事に取り組めるでしょうか。

もちろん相手との信頼度合いに関係なく、きっちり仕事をしなければなりません。

しかし現実はそうではなく、部下の考え方が幼ければ幼いほど、「あの人は信頼できないから仕事が頑張れない」という意識になってしまいます。

そのような甘い考えをたたきなおすことも上司としては必要ですが、まずは部下と良好な信頼関係を築きましょう。

こちらの記事が参考になります。

部下から信頼されるためには、まず「人間性」か「能力」で惹きつけろ!

部下からの信頼を得るためには、次に「誠実さ」と「早さ」を身につけろ!

 

一度信頼関係ができてしまえば、多少乱暴な指示の出し方であってもやる気を持って頑張ってくれますが、そうでない場合は、丁寧に指示を出しても部下が手を抜いてしまいます。

部下へのスムーズな指示のためには、信頼関係が重要な役割を果たします。

 

③上司の指示の出し方が下手

これは単純な話ですが、上司側がこのことを意識するのは重要なことです。

あなたの部下が指示された内容を期待通りにこなせないのは、本当に部下の問題なのでしょうか。

スポーツ選手でもコーチが変わることで、成果を出すことができるように変わることがあります。

仕事でも同じことが言えます。指示通りに仕事ができるかどうかは部下の能力だけで決まりません。

部下に指示が伝わらないのは、上司であるあなたの指示の出し方に問題がある可能性があることを認識しなければいけません。

「どうも指示通りに動かない」と感じる場合は、あなた自身の指示の出し方にまずいところがないか振り返ることが重要です。

下手な指示の出し方3パターン


部下に指示が伝わらない理由の一つとして、上司側の指示の出し方に問題がある可能性をご紹介しました。

では、具体的に「下手な指示の出し方」とはどういうものでしょうか。

パターンは様々ありますが、代表的なものを3つご紹介します。

 

①指示の出し方があいまい

例えば、あなたが部下に、「明日のプレゼンに使用する営業成績の報告資料、なるべく早く準備しておいて」という指示を出したとします。

この指示にはあいまいな点がいくつもあります。

・営業成績はいつからいつの期間の集計なのか

・営業成績のうち、どのような項目の資料を作るのか

・出力形式は紙なのか、パワーポイントなどのファイルなのか

・なるべく早くとは今日の終業時までなのか、明日の午前中なのか

 

あいまいな表現をしても伝わるのは、過去に部下が同じ仕事の指示を受けたときと、詳細なマニュアルもしくはサンプルがある場合です。

この場合であれば部下の側に明確なイメージがあるので、上司との意識にギャップ生まれません。

それ以外のケースでは、新人のアルバイトでも分かるレベルで明確に伝えるという努力が必要です。

この例ほどあいまいな言い方をすることは少ないと思いますが、油断すると指示の一部があいまいな表現になり、指示する上司と指示を受ける部下の間でイメージのズレが生まれます。

 

②思いつくままに伝えるため、部下が指示内容を整理できない

思いついたらその場で部下に仕事を指示したり、一度にたくさんの指示を出してしまうと、部下に上手く伝わらなくなります。

相手が理解できていないうちに次の指示の話をしたり、指示内容のポイントを把握できないまま話が終わったりすると、部下に意欲はあっても指示内容を上手く把握できないということが起こります。

食べ物を飲み込みきらないうちに次の食べ物を口に入れようとしても食べられませんよね。

それと同じで、部下に指示をするときも、相手が理解できるペースで話さなければ結局は伝わらず、あとからもう一回指示しなおすなどの手間が生まれてしまいます。

 

③優先順位がない

ある程度仕事に慣れていくと、複数の仕事を同時に行うことが多くなります。

そのときに、部下が仕事の優先順位を間違えてしまい、上司が最優先でやって欲しいことを差し置いて別の仕事に精を出している・・ということもよくあります。

部下の仕事の優先順位は上司がつける必要があります。

上司がそれを怠ってしまうと部下が独自に優先順位をつけてしまい、優先的にやって欲しい仕事が後回しにされるという結果となります。

 

上司の指示の出し方が下手なパターンとしては以上のような傾向があります。

これらすべてに共通するのは、「言わなくても分かるだろう」という精神です。

・多少あいまいに言っても分かってくれるだろう

・思いつくままに指示を出しても理解できるだろう

・自分で正しく優先順位をつけられるだろう

という上司側の思い込みが、あとから「なんで指示が伝わっていないんだ・・」という事態を生みます。

このような思い込みは、「部下への甘え」だと認識したほうが良いでしょう。

指示を出すときの7つのコツ


では、部下に指示通りに動いてもらうためのコツとはどういうものなのでしょうか。

少し多めですが、7つピックアップします。どれも難しいことではありませんが、油断すると忘れてしまいがちです。

自分の指示の出し方に足りていないことがないかどうか確認してください。

 

①仕事の意義を伝える

部下に指示を出すときには、なぜその仕事をする必要があるのかということもあわせて伝えましょう。

上のほうでも触れていますが、人はその仕事の意味や意義を理解することでモチベーションがあがります。

また、「その仕事に取り組むことで部下自身がどのように成長するのか」ということもあわせて伝えられると、よりやる気があがります。

上司からすると、このような意義や意味を伝えるのは面倒くさく感じるかもしれません。

実際仕事のやり方さえ教えれば、意義を伝えなくてもその仕事はこなせるものです。

しかし、人の仕事にとってやる気が高いかどうかは非常に重要です。このひと手間を惜しまないようにしましょう。

 

②指示の伝え方を工夫する

思いつくままに部下へ指示するのではなく、部下が一つ一つの指示を理解し消化しやすいように伝えるという工夫が重要です。

思いついたときに都度指示を出す方法は、部下の中で一日のスケジュールが狂ってしまうことになり、ヌケやモレが発生します。

そこで、毎日決まった時間にMTGを行い、そのときにまとめて指示を出せば部下もスケジューリングが落ちついてできます。

また、最初からすべてのステップについて説明するのではなく、途中までの作業指示を出し、それができたら次のステップについて指示を出すという方法をとれば、部下も一つ一つ確実に作業をこなせます。

このように、上司の都合で一方的に指示を出すのではなく、部下が受け入れ実行しやすいように伝え方を工夫すると指示通りに動かすことができます。

 

③優先順位を伝える

複数の仕事の指示を出すときには、どちらを優先するべきかを必ず伝えましょう。

これを間違えてしまうと、急いでやって欲しいことを後回しにされるということが起こります。

ただ一つ一つの優先順位を指定するのではなく、部下が自分で優先順位をつけられるような考え方(お客様に直接関わる業務を優先する、資料作成は後回しにしてもいい、など)も常日ごろから伝え、自分で優先順位を判断できるようにように教育することも重要です。

 

④具体的に伝える・イメージを共有する

指示の中にあいまいな言葉があると、上司と部下の間で認識の違いが生まれ、「イメージと違う!」と後からイライラすることになります。

「いつまでに」「なにを」「どのように」という点について具体的な言葉で表現し、イメージが違うことにならないように伝えましょう。

一番いいのは出来上がりのサンプルや画像があればそれを見せることです。

言葉だけだと、想像するものが人によってズレることがあります。しかし画像で見ることでより鮮明にイメージができるため、ズレが少なくなります。

サンプルの資料を見せるだとか、はじめは一緒にやってみせるなどを行い、イメージが共有できるようにしましょう。

 

⑤つまづきやすいポイントを前もって伝えておく

この仕事を進めるなかでつまづきやすいところをあらかじめ伝えることで、部下がそこに注意し、ミスを回避したり、上手に対処できるようになります。

商談であればお客様から突っ込まれやすいポイントを伝えおくだとか、資料作成なら表現が難しいところを示しておくことで、部下の失敗を防ぐことができます。

また、部下としてもあらかじめそういうポイントを把握しておけば、その仕事を進めるうえでの不安を少なくすることができます。

 

⑥質問があるかどうか聞く

部下があなたからの指示をきちんと理解するためには、話を聞いて分からないところを質問させる必要があります。

質問ができないままだと分からない点が解消させず、あとから認識の違いを生むことになります。

また、話を最初から最後まで一方的に話続けるのではなく、何度か途中で区切りながら質問をさせることで相手の集中力も続きやすくなります。

 

⑦復唱させる

これは指示を出し終わったら、本当に理解したかどうかを確認するために一番手っ取り早い方法です。

本当に分かっていれば、その指示がどういう内容なのかを自分の言葉として口に出せます。

また、部下自身から「この話はこのようなことですね?」と確認してくることもあるでしょう。そういう確認をしてくるというのは、指示の内容をある程度理解している証拠です。

部下から確認をしてこない場合は、ひととおり指示したあとに、「内容はわかった?指示の内容を復唱してごらん?」と問いかけてみることで相手に復唱してもらましょう。

これによって本当に理解できているかどうか確認できます。

適切な指示の出し方の例


以上のようなポイントを押さえて部下に指示を出すことで、部下に指示内容がきちんと伝わります。

注意すべきポイントが多くあり大変ですが、例えば以下のような形で指示を出してみると良いでしょう。

 

例:営業成績の資料作成を指示する場合

「来週の会議に使う営業資料の作成をお願いしたいんだけどいいかな。」

「来週の会議では、営業課ごとに月別の営業成績を発表するんだけど、前月に比べての営業成績や、年間目標に対する進捗率を報告するために使用するんだ。」

(なぜその仕事が必要なのか)

 

「会議前日のこの資料は営業部の課長以上のメンバーに配られ、当日はこの資料をもとに報告したり指摘を受けるので、数字のミスは許されない。会議の2日には私の手元にあるようにして欲しい」

(期日を伝える)

 

「ここまでは質問ある?」

(質問がないか聞く)

 

「じゃあ続いて資料の書式だけど、ここに前回の会議時に使用したものがある。基本的にこの資料と同じフォーマットで作成して欲しいけど、今月か導入したキャンペーンの適用率も報告するので、その欄もここに入れて欲しい。適応率の求め方は○○だよ。」

(具体的に伝える・イメージを共有する)

 

「それぞれの数値を出すためのデータは××にあるけど、宣伝費の欄だけはウチの部署内のデータには載っていないので、宣伝部に問合せないといけない。依頼してから丸2日はかかるので、このあとすぐ先に依頼だけしておいたほうがいいよ。直接出向いて『営業資料に使う今月分の宣伝費お願いします。』と依頼するだけで話が通るようになっているから。」

(つまづきやすいポイントを伝えておく)

 

「この資料の間違いは許されないので、確実に正しいデータをまとめたい。君が今抱えているほかの資料作成の仕事はいったん置いておいて、この資料の作成を最優先して欲しい。」

(優先順位を伝える)

 

「私からの話は以上だけど、改めて質問はあるかな?」

(質問がないか聞く)

 

「そしたら早速取り掛かって欲しいけど、理解漏れとかは無いかな?期限、優先度、参考資料、必要データのありか、注意点について復唱してくれる?」

(復唱させる)

 

このような形で指示を出せば、部下との認識の違いが生じることもなくなります。

上司としては、「大雑把な指示でも部下に理解して欲しい」と思いたくなりますが、そこは我慢が必要です。

結局あとから指示の出しなおし、やり直しをする手間を考えると、最初にエネルギーを使ってでも丁寧に指示を出すべきです。

適切な指示の出し方を行うことの2つの効能


このようにして、部下への指示の出し方を適切に行うことで、あなたと部下との間で認識のズレがなくなり、イライラすることも無ければやり直しを防ぐこともできます。

指示が上手く伝わらず、「部下に理解力がない」と嘆く前に、あなた自身が変わり、指示の出し方を改めてみてはいかがでしょうか。

あなたが適切な指示の出し方を行うことで、2つのメリットがあります。

 

①部下がその仕事を得意になる

適切な指示によって部下の仕事の成功率が上がり、出来栄えも良くなります。そうすると当然周りから褒められます。

これによって、部下は「自分はこの仕事が得意だ」と感じるようになります。

得意だという意識を持たせることができると、その後同じ仕事を任せてもうまくやってくれる可能性が高くなります。

そして、前向きになりたくさん数をこなせば、あなたの指示が少なくなってもうまくいくようになるでしょう。

結果的にあなたの手間も減らすことになります。

 

②部下自身が良い指示を出せるようになる

管理職が会社の中でさらに出世するためには、自分の部下に成果を出してもらうことが必ず必要です。

大きな成果を出すためには、「人を動かす力」がとても重要です。そして、「適切な指示の出し方」は人を動かす力の中の重要な要素です。

あなたから適切な指示をされてきた部下は、自分自身が後輩に指示を出すときにも上手く指示をだせるようになります。

そのためあなたの部下は適切に指示を出すことができ、仕事で成果を上げる可能性を高くすることができるでしょう。

間接的にあなたの会社での評価を高くすることにつながるのです。

 

丁寧に指示を出すことにはこのような効果もあります。しかし、それには多くのメリットが生まれる可能性があります。

部下に指示が通らない!とイライラするよりも、上司であるあなた自身の指示の出し方を振り返ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も参考にあります

部下が指示を聞かないのはそれなりの理由がある。上司のあなたに問題はないですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です