こんな時、仕事辞めたくなりますよね。

仕事を辞めたいほどムカつくならば、計画的に辞めてやろう。

仕事辞めたいほどムカついているイメージ画像

会社や上司にムカついて、「仕事を辞めたい!」という気持ちになることは、誰しも経験するものです。

「収入が低い」「新しいことにチャレンジしたい」という理由で退職するケースもありますが、やはり人間関係のストレスで仕事を辞めたくなることも多いです。

 

しかし、一時の感情で行動してしまうと、あなた自身が後々困ってしまう危険性があります。

そこで今回は、会社がムカついてしょうがないとき、どうすればいいかについてまとめました。

仕事を辞めたくなるほどムカつく日々を過ごしている人は参考にしてください。

辞めたくなるほどムカつく理由

まず最初に、仕事を辞めたくなるほどムカつく要素を挙げておきます。

会社の中でイライラしてしまう理由は、圧倒的に人間関係が多いです。

上司がムカつく

社内の人間関係の中で、ストレスが一番多くたまるのは、やはり上司との関係です。

理不尽・自己中・すぐ感情的になる・自分のやり方を押し付ける・セクハラ・パワハラなど、ストレスを与えてくる上司の種類には、実にたくさんのものがあります。

 

ダメ上司のイメージ画像
こんなにたくさん!ダメ上司のパターンとその対処方法とは?ダメ上司には色々なパターンがあります。あなたの上司にも当てはまるところがあるのではないでしょうか。色々なダメ上司へのパターンと、ダメ上司への付き合い方をまとめました。...

 

社長がムカつく

ワンマン社長や、使えない二代目社長など、そもそも社長がムカつく原因になっているケースもあります。

社長の言動がおかしい場合は、会社全体がおかしな価値観になるので、その会社にそのまま居続けるのは危険です。

また、社風が合わない場合も同じようにストレスがたまります。

同僚・部下がムカつく

割合としては少ないですが、同僚や部下がムカつく人間というケースもあります。

自己中で周りに迷惑ばかりかける同僚や、何かと反論してくるなど、扱いづらい部下もあなたにストレスを与えてくるでしょう。

 

扱いにくい部下に困るイメージ画像
扱いにくい部下がいると辛いですよね?うまく扱うにはどうしたらいい?扱いにくい部下はストレスが溜まりますが様々なタイプにあわせた対処をとることで改善できます。色々なパターンとその対応法を把握しましょう。...

 

職場がムカつくときの対処法

それでは、会社がムカつくときにはどうしたらいいでしょうか。

本当に会社を辞めてしまうこともアリですが、まずはこれから紹介する対処法を試してみるのをおすすめします。

5つの方法を紹介しますので、自分にあいそうなものを試してみてください。

「完璧な上司などいない」ことを悟る

学校では、「偉い人・立場がある人は立派な人だ」と教わりますが、実社会ではそんなことはまっったくありません。

ブラックな企業ほど、クソみたいな人間が上司になっているものです。

もちろん、世の中には理想的な良い上司もいますが、「上司とうものは、みな理想的な人物だ」「人間的に優れているから上司になっている」という考えは捨てましょう。

 

まずは、上司という存在に期待するのを辞めてみましょう。

あなたにとって上司とは、「仕事をスムーズに進めるための利害関係者」と考えるべきです。

 

これは自己中な同僚や、扱いづらい部下に対しても同じです。

仕事相手の人間性に期待することを辞め、相手が使えない人間ならば、それにイライラするよりも、それに合わせた対応をとるほうが現実的です。

割り切って考える

あなたは、ムカつく上司や同僚などと仲良くするために仕事をしているのではなく、お金を稼ぐために仕事をしているはずです。

そう考えると、上司や他の従業員がムカつく存在でも、やる気を下げずに仕事はきっちりやる必要があります。

どうしても、ムカつく存在がいると、仕事へのやる気がなくなってしまいがちです。

そのような思いに負けず、「上司は上司」「仕事は仕事」と割り切って考えたいところです。

距離を置いてなるべく関わらない

どうしても限界はありますが、ムカつく相手とはなるべく関わらないようにしたいところです。

仕事を進めるのに、必要最低限の関わりだけするようにして、あとは自分から接触するのを止めましょう。

ただし、あまり冷淡に対応すると「あいつは俺を無視してる」と言いがかりをつけられる恐れがあるので、あいさつなどの礼儀礼節は形式的にでもやっておきましょう。

異動を願い出てみる

誰しもができることではないかもしれませんが、可能ならばムカつく存在がいる部署とは、違うところに異動できないか、相談してみましょう。

もし異動が叶うなら、ムカつく存在と関わらずに済むので、根本的な解決になります。

社内事情によってできるかどうかが変わるので、成功率は低いですが、異動しても問題ない場合は、試しに相談してもいいでしょう。

社長や社風が合わない場合は転職する

社長がムカつく場合や、社風が合わずにストレスがたまる場合は、その会社に居続ける限り、あなたのイライラは解消されません。

上司や同僚がムカつく場合は、ある程度の対処のしようがありますが、この場合は改善はかなり難しいでしょう。

割り切って考えたり、なるべく距離を置いてみても、ストレスがたまるようであれば、転職するしか道はありません。

辞めたいほどムカついてもやってはいけないこと

仕事を辞めたいほどムカつくときには、ここまで紹介したことをやってみましょう。

また、こういう時に、逆にやってはいけないこともあります。それも合わせて覚えておいたほうがいいです。

あなた自身が「ムカつく人」にならない

ムカつく上司などに、感情的に反論したり、あからさまに無視したりという対応はするべきではありません。

そうなると、あなたが周りから「ムカつく」と思われてしまい、風当たりが強くなります。

ムカつく相手に、感情のまま反撃しても、その時は気持ちがスッキリするかもしれませんが、長い目で見た時にはあなたが損してしまう可能性があります。

勢いで仕事を辞めてしまう

また、ムカつくあまり、後先を考えずに本当に仕事を辞めてしまうこともオススメしません。

転職はあなたの人生に関わる大きなイベントになるはずです。

一時の勢いで決断してしまわずに、しっかり準備したうえで仕事を辞めるようにしましょう(詳しくはこのあと説明します)。

うつ病・体調不良のまま我慢し続けない

イライラがストレスになり、それがたまり続けると、心身にダメージを与えてしまうことがあります。

摂食障害や睡眠障害、最悪の場合はうつ病になることもあります。

そのような兆候が出ている場合や、そうなってしまった場合は、会社に届け出て休職をした方がいいです。

 

しかし、中にはそれを認めないブラック企業・ブラック上司もいます。

そういう会社は、すぐに辞めてしまった方がいいです。

自力で退職を言い出すのも苦しい状態のときは、退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスとは?

依頼者に変わり、退職の意向を会社に伝えてくれるサービスです。

代行業者に依頼することで、退職に関する連絡をあなたに代わってすべて連絡してくれます。

業者に依頼した日から、即日会社に行かずに済むことも多く、業者との連絡と、多少の郵送だけで仕事を辞めることができるサービスです。

 

無料サービスではないので、数万円の費用がかかります。

しかし、自力で退職できず、今の状態を続けて、体を壊してしまう可能性を考えると、決して損ではないと思います。

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...

 

会社や上司が嫌いで仕事を辞めるときの注意点

ムカついて仕事を辞めたくてもいったん落ち着こう

このように、仕事を辞めるほどムカつくときの対処法や、やっていはいけないことについてまとめてきました。

色々なポイントがありますが、最終的にムカつきが収まらず、ストレスをため続けてしまうなら、仕事を辞めてしまうこともアリだと思います。

いつまでもストレスをため続けてしまうと、確実に心身を蝕んでしまいます。

 

「ムカつくから仕事を辞めるなんて甘えだ・我慢しろ」という意見もありますが、それは主に、あなたに辞められたら自分が困る人の意見です。

本当に今の会社や上司が嫌ならば、やめてしまいましょう。

 

しかし、その時にいくつか注意したいことがあります。

これらを踏まえて、一時の感情ではなく、冷静に計画を練ったうえで辞めてしまいましょう。

「上司・会社が嫌い」を理由にしてはいけない

転職活動をするときに、退職した理由を聞かれることが多いですが、この時、馬鹿正直に「上司や会社がムカついたから」としてはいけません。

面接でそれを話してしまうと、「同じ理由でうちも辞めてしまうのではないか」と思われてしまい、印象が悪くなります。

転職面接に臨むときは、「転職によってどのような仕事をしたいか」を伝えるのがセオリーであり、「〇〇の仕事をしたいが、今の職場ではそれが叶わないので転職したい」と伝えるようにした方がいいです。

辞めたい理由を分析する

実際に辞めてしまう前に、自分がなぜ辞めたいかを分析しましょう。

・上司が理不尽に指示してくるのがストレス

・上司のパワハラがひどく、体を壊してしまいそう

・自己中な同僚に振り回され、自分の仕事ができない

・売上を上げるために不正する社風が合わない

・ワンマンな社長で、自分たちの意見が一切通らない

などなど、「ムカつく」という一言で終わらせずに、「誰が」「どのような問題を起こすのか」という点で分析してみましょう。

 

そうすると、「今度はワンマンではない会社に転職しよう」「売上より顧客満足を重視する企業にいこう」「なるべくパワハラの悪評がないところを選ぼう」などの対策が立てられます。

それによって、転職しても同じことになるのを防ぎやすくなり、また、それが転職理由に応用できることもあります。

在職したまま転職活動する

辞めてから転職活動するのではなく、在職中に転職活動をして、内定が決まってから退職しましょう。

辞めてしまってから転職活動すると、収入がない状態から焦りにつながり、落ち着いた判断ができなくなります。

そのため、結果的にもっとブラックな会社に転職してしまうリスクがあります。

在職しながら転職活動をすると、焦ることがないため、本当に良い会社に転職できるように冷静に判断できます。

 

しかし、今の仕事を続けながらの転職活動は、時間が取りにくいという問題があります。

こういう場合は、転職エージェントを利用するのをおすすめします。

あなたに合った企業を紹介してくれる

転職サイトに載っていない情報をたくさん持っている

選考活動のアドバイスをしてくれる

応募先企業とのスケジュール調整をしてくれる

など、転職エージェントには、忙しい人の転職活動を助けてくれるメリットが非常に多いです。

また、上司や会社が嫌いで仕事を辞める場合は、どういう転職理由にすればいいかのアドバイスにも乗ってくれるでしょう。

数あるエージェントサービスの中でも、親身なサポートで評判なのは「dodaエージェントサービス」です。

 

知名度優先で選びたい人は、業界最大手の「リクルートエージェント」を利用するとよいでしょう。

 

また、私が実際に利用してみて感触が良かったのは「転職エージェントのパソナキャリア」です。自分にあった求人を数多く紹介してくれました。

仕事を辞めたい理由には人間関係が多い

以上のように、仕事を辞めたいほどムカつく時の対処法などを紹介していきました。

退職の理由として、「人間関係」が挙がることが非常に多く、上司などが嫌いになってい仕事辞めてしまう人は少なくありません。

まずは対処法を試したうえで、どうしてもストレスが減らない場合は、体を壊してしまう前に転職してしまうのもよいでしょう。

しかし、一時の勢いだけで辞めるのではなく、しっかりと万全の準備をしたうえで行動に移すことを強くオススメします。

 

職場の人間関係がストレスになっている様子のイメージ画像
職場の人間関係がストレスになりやすいのはどんな人?【対処法も紹介】職場の人間関係がストレスになることは多いものです。ストレスに感じやすい人には特徴があり、その原因や対処法ががかればストレスも感じにくくなります。...

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です