こんな時、仕事辞めたくなりますよね。

電話恐怖症で仕事を辞めたいあなた、諦めちゃう前にコレを試して!

仕事辞めたいほど電話恐怖症なイメージ画像

社会人になっとき、「電話恐怖症」にかかる人がいます。

会社にかかってきた電話に応対し、用件を聞いたり取り次ぐだけなのですが、これに苦手意識をもってしまうのが「電話恐怖症」です。

これが悪化すると、電話に出ることを考えるだけで、胃が痛くなったり、休みの日も憂鬱になり、さらには「仕事を辞めたい」とまで思うというケースもあります。

 

しかし、慣れてしまう人もいれば、「確かに緊張するけど、辞めるほどではない」と考える人もいます。

電話恐怖症は、誰しもかかるものではないようです。

 

そこで今回は、なぜ電話恐怖症になってしまうのか、どのような人がなってしまうのか、克服するためにはどうしたらいいか、についてまとめました。

仕事を辞めたいほど、電話恐怖症に悩む人は参考にしてください。

電話対応が苦手になる理由

まずは、なぜ電話の応対を苦手に感じるのかという要因をまとめてみます。

思い当たる節が多いほど、電話恐怖所になりやすいと言えるでしょう。

相手や要件が事前にわからない

会社の固定電話にかかってくる電話は、「相手がだれか」「どのような要件か」は事前にわからないことが多いです。

そのため、声だけで相手が何者かを聞き取り、要件を把握しなければいけません。

これがメールであれば、目で見て確認することができますが、電話の場合は、相手と会話しながら、声だけで把握しないといけない大変さがあります。

瞬発的に対応しなければならない

電話の場合は相手とリアルタイムでつながっているので、待たせることができません。

メールの場合は、自分のペースでじっくり見直すことができますが、電話の場合は、相手のペースに合わせることが必要です。

これプレッシャーになり、緊張してしまうことになります。

うまく取り次げるか不安

事前に内容がわからず、即座に対応しなければいけないため、うまく対応できるかの不安が生まれるのが電話の特徴です。

相手の活舌が悪いためうまく聞き取れなかったり、こちらに知識がないため、言っている内容が理解できないリスクもあります。

メールの場合は、最悪先輩社員に、メールの文面をそのまま見てもらうということもできますが、電話の場合はそうもいきません、

そのため、うまく聞き取れず電話の相手や、上司から怒られてしまう危険があります。

プライベートで電話で話す機会が減った

最近はメールや、LINEなどのSNSが増えているので、電話でコミュニケーションをとる機会が減りました。

また、電話も固定電話ではなく携帯電話が普及したため、昔のように、家の固定電話にかかってくることがかなり少なくなりました。

昔は、家の固定電話に応対して、家族に取り次ぐという経験を、誰しもしていたものですが、そういう機会も減ったため、社会人になって固定電話デビューという人も増えています。

クレームを受けないか不安

会社にかかってくる電話の中には、商品やサービスなどに不満を持ち、クレームをぶつけてくることもあります。

特にコールセンターに多い傾向にあります。

電話口でいきなり怒鳴られると大きなストレスになります。

日常的にクレームを受け続けると、ストレスから体調を崩し、うつ病になってしまう人もいます。

周りから聞かれるのではという不安

特に新人が抱えがちですが、「自分の応対が周りの社員に聞かれること」への不安もあります。

電話には独特のマナーや言葉遣いがあり、それが正しくできているか、変な応対をしていないか、などを周りの人に聞かれるプレッシャーも感じるものです。

電話を切ったあとに、先輩から指摘を受けることがあると、なおさらこのような緊張が走ります。

どうしても仕事を嫌になったら、転職という選択肢もあります。

まずは求人を探してみたい人は「リクナビNEXT」などの転職サイトがおすすめです。

 

本格的に転職をしたい人は、「dodaエージェントサービス」などの、転職活動を全面的にサポートしてくれる転職エージェント(無料)を利用しましょう。

 

電話が辛くて今すぐ退職したい!という人は、「退職代行ニコイチ」などの、退職代行サービスに相談してみるという手もあります。

 

電話恐怖症になりやすい人の特徴とは

電話対応には、このような要因があるため、恐怖症になってしまう人も多いです。

これを克服できないと、仕事を辞めたいとまで思うことになってしまいます。

それでは、どのような人が電話恐怖症になってしまいやすいでしょうか。以下の条件に当てはまる人は、注意が必要です。

緊張しやすい人

電話には、声だけで判断する・事前に要件がわからない・即座の対応が必要・周りから聞かれるなど、とにかく緊張しやすい要素ばかりです。

そのため、普段から緊張しやすい人は、電話を恐れてしまう傾向があります。

周りからの評価が気になる人

自分の電話の応対が周りに聞かれたり、周りの人に電話を取り次ぐことになるため、電話対応は、その上手さが他の人に伝わりやすいものです。

そのため、「うまく仕事しないと」「周りの人に良く思われたい(悪く思われたくない)」という思いが強いと、自分で自分自身にプレッシャーをかけてしまうことになります。

若者・新人

プライベートで固定電話に触れる機会が少なかった若い人は、やはり経験の浅さから、電話応対を苦手になりやすいです。

また、会社に入った新人は、取引先や業務内容、社内の従業員の情報が少ないため、電話の中で言われる内容に慣れていません。

また、「失敗したら怒られるかもしれない」という不安も持ちやすいため、恐怖症になりやすいと言えます。

特に若者の電話恐怖症が多い

このような条件に当てはまる、「緊張しやすく周りの目が気になる若者(新人)」は電話恐怖症になりやすいと言えます。

社会人になりたての若者が、最初にぶつかる壁が電話応対というケースも多いようです。

 

実際、電話応対の独特のプレッシャーから、電話になかなか出たがらず、それが先輩社員のストレスになるケースもあります。

「新人が電話に出ない・・」という愚痴はどこの会社でもありがちな悩みです。

 

さらに問題なのは、入社して早々の新卒社員が「電話応対が嫌なので辞めます」と言ってくるパターンです。

若い社員が会社をすぐ辞めるというケースはよくありますが、電話応対が理由になることもあるようです。

 

ブラック企業や相性が悪い会社なら辞めることは正解ですが、せっかく入社した会社なので、できるならばある程度は長く勤めたいところです。

電話恐怖症によって簡単に仕事辞めてしまうのは、できるだけ避けたいところですね。

電話恐怖症を克服するコツ

仕事や辞めたいほど電話恐怖症でもこのコツで克服できる

それでは、電話恐怖症を克服するためにはどうしたらいいでしょうか。

電話に出るのが怖いという人は、これから紹介するコツを試してみてください。

とにかく第一声に集中する

電話をとって最初に発する言葉として、「お電話ありがとうございます。〇〇(会社名)でございます。」「〇〇(会社名)、〇〇課の△△です。」など、会社から教えられる第一声があると思います。

まずは、その第一声をスムーズに、自信を持って言えるようになりましょう。

 

電話の第一声は、対面出会うときの第一印象と同じです。

その第一声を完璧に言えたなら、電話の相手への印象はかなり良くなるので、そのあと多少グダグダしても、相手への悪印象は少なくで済みます。

上手い人の言葉遣いを聞く

先輩社員などで、電話の応対や言葉遣いが上手な人のフレーズや声色、話す間の取り方などを集中して聞きましょう。

意識的に何回も聞くことで、脳に何となくインプットされていきます。

これを続けると、少しづつ無意識に覚えるようになり、いつの間にか自然と同じように話せるようになります。

電話対応で目標とする先輩社員などを決めて、その人の電話の話し方をひたすらインプットしましょう。

電話相手・取次相手・要件に集中する

電話で重要なのは、

誰からの電話か

どういう要件か

社内の誰に取り次げばいいか

の3点です。

 

多少言葉がうまくしゃべれなくても、この3点さえ把握できれば、電話応対に必要な点を押さえることになります。

自分がうまくしゃべれるかを気にする必要はありますが、電話応対に自信がないうちは、「とにかくこの3点さえしっかり把握できればいい」と開き直り、そこだけに集中しましょう。

あえて電話応対を志願する

だいたいの人は、数さえこなしてしまえば次第に電話応対に慣れていきます。

そのため、荒療治的にとにかく数をこなしてしまうという方法もあります。

それを狙い、あえて電話を積極的にとったり、取らせてくださいと志願する方法もあります。

 

また、新人のうちにこれをやると、「やる気がある」と好意的に受け止められるので、多少失敗しても多めに見てくれるというメリットもあります。

対応マニュアルを作る

先輩社員から電話応対の方法を教えてもらったり、簡単なマニュアルを渡されることもあるでしょう。

しかし、電話応対が不安なら、自分でマニュアルを作ってしまう方がいいです。

対応してみて実感したことや失敗したことなどを、改めて自分の手でまとめることで、頭の中が整理されます。

それによって、とっさのときに口から出てくるようになります。

こんなマニュアルを作ろう

このようなポイントを押さえれば、電話恐怖症もだいぶ弱まってくると思います。

そのなかでも、自分でマニュアルを作ることは特におすすめで、これによって頭の中が整理させるだけでなく、マニュアルを読むだけで対応ができるので、精神的な負担が少なくなります。

 

そこで、どのようなマニュアルを作るのがよいか、詳しく紹介します。

実際、私も過去に電話の応対に苦労した時、以下のようにマニュアルを作りました。

よく使う言葉を完璧にする

電話では、ほぼ必ず使うフレーズや状況があります。

・電話に出た時の第一声

「お電話ありがとうございます。〇〇(会社名)です。」など

 

・相手の名前を聞き返すとき

「恐れ入ります。お名前をもう一度お聞きしてよろしいでしょうか」など

 

・相手の声が聞き取れなかったとき

「申し訳ありません、お電話が遠かったようで、もう一度よろしいでしょうか」など

このような場合に、自分が使うフレーズを決めてしまいます。

自分が言いやすい(噛まずにスラスラ話せる)フレーズを決め、マニュアルに書き留めます。

 

そして、そのフレーズをことあるごとに暗唱し、見なくてもスラスラ言えるまで練習します。

このようなステップを踏めば、とっさの時もスムーズに話せるようになります。

よくある要件・相手・取次先を整理する

実は、電話応対にはそんなにバリエーションはありません。

代表的な要件や、電話がかかってくる相手、取り次ぐ相手など、ある程度のパターンに分類されます。

 

このような代表的な情報(要件・相手・取次先)はすべてリストアップしておきましょう。

よくあるパターンをマニュアル化しておけば、それに当てはまる電話だった場合、マニュアルがあるだけで精神的な余裕ができます。

 

新しいパターンにぶつかった場合は、それをまたまとめておけば、次は安心して対応ができます。

これを繰り返すことで、ほとんどのパターンに余裕をもって対応できるようになります。

電話対応がうまい人のフレーズやコツをまとめる

周りの電話応対の様子にも敏感になり、「使える」と思ったフレーズや、真似したいコツなどもまとめてしまいましょう。

こういうポイントを書き留めてどんどん増やし、定期的に見直してインプットしましょう。

この作業によって、そうしたフレーズが自然に口から出てくるようになり、滑らかな電話応対ができるようになります。

それでも無理なら転職もあり

このように、電話恐怖症を克服するためのコツを紹介してきました。

電話の応対を求められる仕事は多く、電話が苦手だから仕事を辞めたい、となる前に、このようなポイントを試すのをおすすめします。

 

とはいえ、人には得意・不得意があり、どんなに頑張ってもうまくいかないことはあります。

半年や1年続けても上達しない場合は、転職や別の部署への異動を希望するのもありです。

世の中には電話の応対が必要ない仕事もあるので、そういう職場を探してみるのもありです。

 

また、そもそも職場環境に問題があるケースもあります。

・普通に取り次いだはずなのに、先輩社員が理不尽なことを言ってくる

・会社の業務に問題があり、いつもクレームを受ける

・電話応対で困っても、誰も助けてくれない

こういう場合は、あなたの適性ではなく職場環境に問題があります。

 

このよう環境でストレスをため続けると、体を壊してしまう危険もあります。

 

仕事を辞めたいと涙が出てくるイメージ画像
「仕事を辞めたい」と涙が出るのは限界のサイン!その先にあるのは・・仕事が辛くて涙が出るのは、体が限界に近付いている証拠です。仕事を辞めたい・逃げたいと悩んでいませんか?その状態を放置する危険とその対処法をまとめています。...

 

こういう場合は、積極的に転職を考えることをおすすめします。

 

いずれにせよ、ここまで紹介した内容が、電話恐怖症からの克服につながれば幸いです。

最後に、記事内で紹介したサービスや関連リンクを載せておきます。

求人を探してみたい人→「リクナビNEXT」などの転職サイト

本格的に転職をしたい人→「dodaエージェントサービス」などの転職エージェント(無料)

電話が辛くて今すぐ退職したい人→「退職代行ニコイチ」などの退職代行サービス

 

転職サイトに悩む人のイメージ画像
転職サイトってどういうもの?何を選べばいい?の疑問に答えます転職サイトとは、「求人情報を掲載しているwebサイト」のことを言います。 一昔前までは、転職活動をするときには、ハローワークに行っ...

 

転職エージェントを有効に活用すれば、理想の転職ができる!職場の人間関係や会社への不満から、転職を考えることは誰しもあるでしょう。 現在の日本では、転職は珍しいことではありません。 ...

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です