こんな時、仕事辞めたくなりますよね。

仕事の丸投げが辛くて辞めたい人へ、対処法や復讐のやり方教えます。

丸投げが辛くて仕事を辞めたいと思うイメージ画像

仕事を丸投げはどこの職場でもあることで、それが原因で「辞めたい」と思う人は多いようです。

けっこう前ですが、仕事を丸投げしてくる上司をテーマに、記事を書きました。

 

丸投げ(ボール)のイメージ画像
仕事を丸投げする上司に利用されないために知っておきたい5つの対策「上司が仕事を丸投げしてくる」という悩みはよく起こるものです。 普通、部下に仕事を振るときは、そのプロセスを伝え、何かあれば相談を...

 

仕事の丸投げと言えば、無能で自己中な上司の専売特許みたいなイメージがあったのですが、どうやら他のシチュエーションもあるようです。

前任者が突然いなくなるなどが理由で、引継ぎ無しで仕事を任されるという、理不尽な仕打ちをうけることもあるようです。

 

そこで今回は、仕事の丸投げが辛くて仕事を辞めたい人に向けて、その対策などをまとめました。

無能な上司や、理不尽な環境に苦しんでいる人は参考にしてみてください。

仕事を投げられる2つのパターン

冒頭でも触れましたが、まずはあなたが仕事を丸投げされてしまう、2つのパターンを整理しておきます。

無能な上司による丸投げ

部下のことを考えない上司は、「これやっといて」「〇〇までに頼むわ」と軽いノリで、対して説明もせず、仕事を押し付けてきます。

「丸投げをされてる」というイラ立ちや、仕事を抱えすぎてストレスを抱えてしまう、やり方がわからず失敗する・・など、様々な問題があります。

引継ぎなしで仕事を投げられる

社員が辞めるときに、ろくな引継ぎがないまま仕事を任されるというパターンもあります。

この場合、勝手がわからないまま仕事をやらされるほか、一気に仕事量が増えるという問題もあります。

また、ひどい場合には、「その仕事について知る人が、社内に誰もいない」という状況になることもあります。

 

どちらの場合も、上司の人間性や、会社の体制に問題があり、あなたに大きなストレスを与えてしまいます。

引継ぎ無しで丸投げされた場合の対処方法

このように、仕事を丸投げされた場合には、どうすればいいでしょうか。

まずは、引継ぎ無しで仕事を丸投げされた場合の対処について、まとめてみます。

開き直り、関係者に聞いて回る

自分の業務の関係者、他部署や得意先、取引業者など、とにかくこれまでの業務について聞いて回ります。

何もわかっていない状態で、わかったふりをすることほど恐ろしいことはありません。

・これまではどのような方法で取り組んでいたか

・それを踏まえて今後はどのように進めていけばいいか

・持っている資料で必要なものがあればもらえないか

などの点を相談してしまいましょう。

 

この方法をとると、相手に「ちゃんと引継ぎをしていないのか」と、不信がられるリスクもあります。

しかし、これは事実なので仕方がありません。開き直るしかありません。

 

この場合、あなた自身は被害者なので、相手が普通の人ならば、あなたの境遇に同情して好意的になってくれるものです。

相手にもよるかもしれませんが、変に取り繕ってボロを出してしまうよりも、引継ぎができてないことを正直に話した方が、長い目で見た時にうまくいきやすいです。

 

ちなみに、引継ぎ無しの丸投げが発生する場合、会社の体制や前任者の人間性に問題があり、まともな仕事ができていないことがあります。

その場合は、あなたが誠実に仕事をしようとしている姿勢に好感を持ち、仕事がうまくいくチャンスもあります。

 

そして、この時に大切なことは、「自分なりに調べたうえで質問する」ことです。

「わからないからイチから教えてください!」という姿勢では、相手の反感を買います。

「これまでの履歴をから考えると、こういう流れで進めていたと思われるけど、それであっているか」

「他の部分の資料は見つかったけれど、この資料が見当たらない。お持ちではないですか?」

のような頼り方をすることが、非常に大切です。

このように質問することで、相手も答えやすいですし、あなたが真剣に仕事をしようとしている姿勢が伝わります。

立場ある人に相談する

引継ぎ無しの丸投げというのは、一般の常識で考えて異常です。

あなたがそのような理不尽な状況に遭っていることを、それなりに立場のある人に理解してもらうという手もあります。

この時大切なのは、感情的にならないことです。

 

引継ぎ無しで丸投げされていることによって、何が問題なのかを理路整然と伝えましょう。

「丸投げされていてストレスだ!」「私は辛い!」ということを訴えても、「頑張ってくれ」と言われて終わります。

「業務量が多いために仕事が期限に間に合わない」「やり方が調べられないので仕事が進まない」などの問題を冷静に伝えましょう。

 

また、直属の上司に訴えても相手にされない場合は、さらに上の上司や、頼れそうな他の上司に相談してしまうという方法もあります。

直属の上司を飛び越えてしまうのは本来よくないことですが、この場合は仕方がないでしょう。

自分も辞めてしまう

このような方法で、だんだんと仕事を回せるようになれば良いですが、いくら工夫してみても、どうしてもうまく仕事が進まないこともあるでしょう。

また、そもそも引継ぎ無しで仕事を振り、なんの支援もないような組織は、明らかに異常なので、長居しない方がいいかもしれません。

 

なお、事務やシステムなどのバックオフィスの部署だと、わからないままテキトーにやってしまった結果、会社に大きな損害を与えてしまい、問題になる危険性もあります。

丸投げされてもまずは頑張ってみることは大切ですが、今の環境に居つづけることに身の危険を感じる場合は、さっさと辞めてしまうほうがいいこともあります。

 

ストレスなくさっさと仕事を辞めるためには、退職代行サービスを利用するという方法もあります。

「退職代行ってなに?怪しいんだけど」という人は、以下の記事を参考にしてください。

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...

 

無能な上司から丸投げされるときの対処法

仕事を丸投げしてくる無能な上司のイメージ画像

このように、引継ぎ無しで仕事を丸投げされる場合と同じくくらい多いのが、無能な上司による仕事の丸投げです。

自分が楽するためだったり、かつて自分が丸投げされてきたからだったり、色々な理由がありますが、あなたを都合のいいように使うかのようにこき使ってきます。

 

冒頭でも紹介していますが、上司はなぜ仕事を丸投げしてくるのか、どのような対抗策があるかについては、こちらの記事に詳しくまとめています。

 

丸投げ(ボール)のイメージ画像
仕事を丸投げする上司に利用されないために知っておきたい5つの対策「上司が仕事を丸投げしてくる」という悩みはよく起こるものです。 普通、部下に仕事を振るときは、そのプロセスを伝え、何かあれば相談を...

 

仕事を辞めたいほど丸投げに苦しんでいる人には、少しでも参考になると思います。

 

ちなみに、リンク先の記事は長い文章なので、簡単に対処法だけまとめておくと、

・仕事の内容や進め方について質問攻めにする

・冷静に反論する

・すぐに取り掛からず、遅らせる

・仕事の質を上げない

・上司を追い越すチャンスにする

というものです。

 

質問攻めにしたり、反論するというのは、素直に仕事を受けず、上手に抵抗するという方法です。

感情的に「丸投げしないでください!」とキレると、あなたの方がわがままを言っていると思われてしまう危険があります。

 

また、丸投げされても早く・質の高い仕事をしてしまうと、「こいつは便利なやつだ」と思われて、ますます丸投げされる可能性が高まります。

それを防ぐために、責められない範囲で、あえて遅くて質の低い仕事をする、という方法もあります。

 

そして、完全に考え方を変えて、丸投げされる仕事を徹底的にこなすことで、自分の成長に変えて、上司を追い抜いてしまうというアプローチもあります。

丸投げする上司や会社に復讐する方法もある

仕事を丸投げしてくる上司には、このような方法で対抗することができますが、いずれにせよ、丸投げを喰らってしまうのはストレスがたまります。

自分にばかり大変な仕事を投げられることに怒りを感じることもあるでしょう。

 

そんな上司や会社に復讐する方法があります。

復讐というと大げさに聞こえますが、丸投げされることで生まれる負の感情を、あなたのプラスに変える方法だと考えてください。

その方法というのが、

・とことん仕事をやり切り

・自分がいなければ仕事が回らないという状況を作り上げ

・そのうえで会社を辞めてやる

というものです。

これは、丸投げしてくる上司や、引継ぎ無しで押し付けてくる会社、どちらに対しても使えます。

 

この方法を実行する場合は、まずは丸投げされてくる仕事をこなし、あなたに仕事を集中する状況を乗り切ります。

丸投げされる環境では、どんなに投げられても黙々と仕事をこなす人に仕事が集中します。

優先度の低い仕事は時には無視し、重要な仕事は最低限回すようにして、うまく手を抜きながら乗り切りましょう。

 

この状態をある程度続けると、「この仕事はあなた以外できない」というような状況が出来上がります。

そうなったときに、「仕事を辞めます」と上司や会社に伝えてやりましょう。

 

この方法には、あなたにとって3つのメリットがあります。

他の会社でも渡りあえる実力がつく

丸投げされる仕事を大量にこなせるのは、社会人にとって重要なスキルです。

転職に臨む際には、あなたがどのくらいの種類の業務を、どのくらいの量をこなしていたかを書類や面接の場でアピールしましょう。

それが過酷なものであればあるほど、応募先の企業には「この人は凄い人材だ」と思わせることができます。

場合によっては、今よりも年収などの条件が良い転職ができる可能性もあります。

丸投げされても乗り切れる自信がつく

正直、仕事の丸投げは、どこの職場でも起こりうる現象です。

実際、twitterやgoogleで「仕事 丸投げ」と検索すると、色々な被害者の声を見ることができます。

しかし、一度丸投げ状況に打ち克った経験があると、次の職場で丸投げに遭ってしまっても、「同じように乗り切ればいい」という自信がつくことになります。

上司や会社を困らせられる

これは、一時的な憂さ晴らしにしかならないメリットですが、大きな力をもったあなたが辞めることで、あなたを苦しめた上司や会社に、ダメージを与えることができます。

揉めないように円満退職するのもいいでしょうし、がっつり復讐してやりたい場合は、有給をフル活用して極力早く辞めてやるという方法もあります。

ただし、すぐ辞めてやる場合でも、引継ぎの資料は用意しておきましょう。

もし会社側が「引継ぎをさせろ」という主張をしてきた場合、「資料は用意してあります」と対抗する必要があります。

 

退職代行サービスを使うと、自力で辞めるよりも早く・スムーズに辞めるこtが多いです。

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...

 

このように、丸投げされる仕事ととことん向き合って、のちに復讐するという方法もあります。

 

動機が復讐というと、ネガティブなことのように思いますが、実力や自信がつくという意味で、実はあなたの今後の人生において前向きなメリットがある方法でもあります。

本当に復讐をするかどうかは、辞めるだけの状況が整ったときにまた考えればいいです。

ひとまず、丸投げを受けて辛い・辞めたいという状況を乗り切るための一つの方法として、復讐をモチベーションにするという方法もあることを、ぜひ知っておいてください。

仕事の丸投げが本当に辛かったら退職しよう

以上のように、「仕事の丸投げが辛くて辞めたい」という人に向けて、色々とまとめてきました。

丸投げには、引継ぎ無しの押し付けパターンと、無能上司によるものの2種類があり、それぞれに対策方法はあります。

 

どの方法をとるにしても、多少なりともストレスは抱えるので、無理をしすぎて体を壊してしまうことのないように注意してください。

本当に辛い場合は、遠慮くなく逃げましょう。

 

仕事を辞めたいと涙が出てくるイメージ画像
「仕事を辞めたい」と涙が出るのは限界のサイン!その先にあるのは・・仕事が辛くて涙が出るのは、体が限界に近付いている証拠です。仕事を辞めたい・逃げたいと悩んでいませんか?その状態を放置する危険とその対処法をまとめています。...

 

「大変だから辞めるなんて甘えだ」という人間もいますが、そもそも丸投げをする会社・上司の方が異常です。

異常な環境から逃げることは、決して甘えではありません。

というか、そもそも丸投げする時点で、会社や上司はあなたに甘えているのです。

甘えている人間の「甘えるな」という言葉ほど、説得力のないものはありません!

あなたの仕事人生が、少しでも良いものになれば幸いです。

 

明日から仕事を辞めれば明るい未来が待っている
明日から仕事を辞めたい人、方法教えます。世間の常識?そんなの知るか!あまりにも仕事がハードだと、明日からすぐ仕事を辞めたいを思ってしまうものです。きちんとした手順を踏めば、明日から会社に行かずに仕事を辞めることも可能です。その方法や注意点をまとめました。...

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です