その他

職場の人間関係がストレスになりやすいのはどんな人?【対処法も紹介】

職場の人間関係がストレスになっている様子のイメージ画像

職場の人間関係がストレスで、「会社に行きたくない」と感じたことのある人は多いと思います。

実際、人間関係は、転職を決意する理由としてよく挙がります。

職場という状況にかかわらず、人間社会では、人間関係がストレスになるケースは非常に多いですよね。

周りの人と価値観が違ったり、パワハラやセクハラなどでストレスがたまると、最悪体調を崩してしまったり、うつ状態になることもあります。

 

職場で人間関係がストレスになる場合はどうすればいいでしょうか。

今回は、職場の人間関係がストレスになる原因や対処法についてまとめました、

職場の人間関係に悩んでいる人は、ストレスを軽くさせるための参考になれば幸いです。

職場の人間関係に疲れる人の特徴

ストレスというのは、感じ方に個人差があるものです。

同じような職場の人間関係でも、それをストレスに感じる人とそうでない人がいます。

そこでまずは、人間関係がストレスになりやすい人の特徴を知り、自分が当てはまるかどうか確認してみましょう。

相手に期待してしまう

仕事においては、色々な人の力が合わさらないとうまくいきません。

そのため、「この人にはこの仕事をしてもらいたい」という役割分担と期待が生まれます。

このような他人への期待値を、人より高く持つ人がいます。

「この部下はこれくらいの仕事ができるだろう」「上司なんだからこのくらいはやってくれるはずだ」という期待が強い場合、相手がそのレベルまでの仕事をしなかったときに相手へのイライラが大きくなります。

 

だいたいどこの職場でも、使えない上司や、残念や同僚・部下はいるものです。

そうした人たちに対して「なんでこんなこともできないのか」という思いを持ちやすい人は、職場で人間関係のストレスを感じやすくなります。

人の嫌なところが目につく

人と接していると、相手の欠点が目につくこともあるでしょう。

完璧な人間なんていないのが普通で、どんな人にも何かしらの欠点があります。

それと同じように、どんな人にも長所もあるはずですが、相手の欠点ばかり見て、そこが気になってしまう人は、他人にイライラしてしまいます。

その結果、人間関係をギクシャクさせてしまうことになり、ストレスのもとになります。

失敗を恐れる・引きずる

仕事には失敗はつきもので、慣れていない状況では特に多少のミスはあるものです。

その時には、上司から叱られたり、周りに迷惑をかけることもあるでしょう。

このように怒られるのを引きずりすぎてしまったり、まわりに迷惑をかけるのを恐れすぎてしまう人は、人間関係でのストレスを感じやすいです。

失敗を反省することは大切ですが、引きずりすぎず、気持ちを切り替えることも大切です。

周りの期待に応えようとしてしまう

自分に与えられた役割や、期待に応えようとする意識は必要ですが、仕事の場では、簡単にこなせる役割が与えられるわけではなく、理不尽に高い期待を求められることもあります。

特にブラック気質な会社だと、過度な負担をかけて一気に成長させようとします。

そんなときは、期待を真正面から受けず、ある程度のところで諦めるという意識が必要です。

 

しかし、「期待に応えたい」という思いが強い人は、このような環境だと、なかなか期待に応えきれない自分を責めてしまい、また周りの評価を気にしてしまいます。

仕事がうまくいっていないと、自分が周りからどう思われているか気にしてしまい、人間関係が息苦しくなってしまいます。

すぐ感情的になる

短気・かっとなりやすい人は、何か言われるとすぐに言い返してしまったり、ついつい大きい声を出してしまいます。

そうなると、周りと反発してしまい、人間関係が悪化してしまいます。

特に、「他人に期待してしまう」「人の欠点が目につく」という傾向の人が、感情的になりやすかったりすると、ますます人間関係をこじれさせ、ストレスのもとになってしまいます。

職場の人間関係が最悪になる原因

マウントをとってくる人間が人間関係のストレスを生みます

以上のような特徴がある人は、職場の人間関係がストレスになりやすいと言えます。

もちろん、そのような人でも、人間関係がストレスになる「原因」がなければストレスにはなりません。

それでは、職場の人間関係がストレスになる要因として、どのようなものがあるのでしょうか。

上司からのパワハラ・セクハラ

上司が自己中心的だったり、人間的に未熟である場合、部下へのパワハラやセクハラが横行します。

このような環境であれば当然ストレスが多い職場になります。

また、明らかなパワハラやセクハラではなくても、嫌味が多い・仕事を丸投げする・指示があいまい・理不尽なことを言ってくるなどの、典型的な問題上司の場合は、職場の環境が悪くなり、人間関係にも悪影響が及びます。

 

ポンコツ上司の5つのパターンと少しでも前向きになるための3つの考え方本サイトでも色々な記事で扱っていますが、上司の振る舞いにイライラしたり不信感を抱いたり、とにかく色々とストレスが溜まることは多いです。 ...

 

職場内のいじめ・陰口

職場は大人の集まりなので、ケースとしてはそこまで多くないですが、学校と同じように、レベルの低いいじめや陰口が横行することもあります。

話しかけても無視されたり、自分にだけ連絡が回ってこないなどのレベルの低い行為が、典型的な職場でのいじめです。

何らかの理由で、他人をいじめるような人間の標的になってしまった場合、精神的に気づけられたり、仕事に支障をきたしてしまいます。

激しく叱られる・責められる

上司や先輩として自信がなかったり、精神的に不安定で弱い人間は、必要以上に厳しく怒ったり叱ったりしてしまいます。

そういう人間の怒りを真に受けてしまったり、失敗を引きずってしまうタイプだと、その相手がトラウマになってしまいます。

その相手のことを考えるだけで憂鬱になったり、体調が悪くなってしまうなど、人間関係が大きなストレスになってしまいます。

マウントをとりたがる人間の存在

ここまで紹介してきた3つのポイントは、職場の人間関係がストレスになる典型的な原因ですが、職場とは大人の集まりなので、ここまで典型的なケースは少ないかもしれません。

 

しかし、職場の人間関係を悪くする原因はこれだけではなく、「マウントをとりたがる人間の存在」というのもあります。

「マウントをとる」というのは、「相手より自分が格上であることをはっきりさせる」という行為のことです。

不良のボスが生意気な新入りを〆ようとする行為や、女性間での「自分の方がキラキラしている」というのをアピールしあう行為などがこれにあたります。

たいていは自分に自信がなく、周りから認められたい・賞賛されたいという気持ちが強い人間がやってしまう行為で、職場では意外とこれが多くみられます。

 

こういう人間は、必要以上に後輩を叱ったり、あえて失敗させようとしたりします。

また、先輩という立場を利用して、仕事を過度に押し付けるなどの理不尽な行為をしていきます。

他にも、非協力的だったり、何かと反抗したり、色々と小さく面倒くさいことをしてきます。

こういう人間がいると、その人間の機嫌を見たり、気にしたりしなくてはならず、人間関係でのストレスが大きくなってしまいます。

仕事での人間関係は割り切って考えよう

このような問題児が職場にいると、人間関係のストレスが大きくなってしまいます。

それでは、そのような人間関係のストレスから逃れるにはどうすればいいでしょうか。

 

一番の方法は、「割り切って考えること」です。

職場で仕事をしているのは、お金をもらい、生活をするためです。

自分がお金をもらうために仕事をしているので、そこに変な人、理不尽な環境があるのは当たり前、他の人が期待外れであれば、その環境で自分はどうするか・・と考えましょう。

つまり、周りの環境に目を向けてイライラするのではなく、自分がどうすべきかについて集中して考えるということです。

 

また、それに合わせて以下の点も意識するとよいでしょう。

変な人間の言動を気にしない・流す

職場という環境は、学校とは違い、理不尽の塊です。

実力がないのに上司になったり、人格に問題があっても変わりがいないために重要な仕事に就いていることもあります。

変な人間の変な言動を真に受けず、それなりに流しましょう。

仕事をある程度こなし、お金をもらうためにあなたは働いているのであって、彼らと良い関係を築くために働いているのではありません。

完璧な仕事などできなくてもクビにはならない

ブラックな職場であれば、明らかに難しいレベルの期待を持たれたり、無理難題を言われることも多々あります。

そのような指示・期待に100%沿えなくても、あなたの職が奪われるようなことは普通ありません。

「求められた仕事は完璧にやらなければ」と思いつめてしまうと、周りの目が気になってしまい、ストレスになってしまいます。

求められていることが本当に妥当なレベルなのかを冷静に考えてみて、明らかにレベルが高すぎるようなことはスルーしましょう。

圧倒的な成果を出して、マウントしてくる人間を黙らせる

仕事内容そのものが好きで、頑張ってみたいという気持ちがあり、マウントをとってくる人間がうっとおしいならば、徹底的に努力してみて大きな成果を挙げてみるという方法もアリです。

誰もがわかるほど圧倒的な成果を出すことができれば、マウントしてくる人間もあなたには滅多なことは言えなくなります。

簡単なことではありませんが、その分実現できたときの爽快さは大きいものです。

 

会社で出世するための本紹介アイキャッチ画像
会社で出世するのに役立つこと間違いなしのおすすめ本5冊を紹介!最近では「出世したくない」という人も多いですが、給料を上げようと思うと、やはり出世することが必要になってきます。 また、ムカつく上...

 

人間関係のストレスを解消するその他の方法

このように、職場の人間関係のストレスには、割り切って考えることが一番です。

しかし、人間の感情はそんなに簡単なものではありませんので、簡単に切り替えられない人もいるかもしれません。

そんな時は、これから紹介する、その他のストレス解消方法も試してみるとよいでしょう。

人に相談する

親しい人や家族など、身近に人に相談してみるのは良い方法です。

有益なアドバイスをもらえることもありますし、そうでなくても、人に話を聞いてもらうとストレスが減るものです。

 

また、信頼できる相手ならば、同僚に相談するのもありです。うまく協力できる可能性もあります。

さらに、会社の人事や上司が動いてくれるようならば、そこに相談するという方法もあります。

うまくいけば、問題児に直接対処して解決する場合もあります。

ただし、人事や上司に相談しても何も変わらないケースも多かったり、悪いときにはあなたが責められるケースもあるので、信頼できそうかどうかの見極めは慎重にしましょう。

第三の場を作る

家と職場以外に、第三の所属の場を作るという方法もあります。

狭くて、限定的なコミュニティしかない場合、人間関係でどうしても思いつめてしまう傾向があります。

そこで、趣味の集まりや、かつての友人を頻繁に集まるような、会社とは全く関係のないコミュニティに参加できれば、リフレッシュできるだけでなく、職場の人間関係を冷静に見られるようになります。

人間関係力を磨く

人とのかかわり方には一定のコツがあります。

代表的なものとしては、「相手の話を聞き、共感してあげる」というものです。

このスキルを自然に使えれば、器の小さい問題児から信頼を得ることができます。

 

実は、よほど悪質な人間でない限り、こちらの態度次第では、信頼関係を築き、良好な関係を作ることもできます。

そういうスキルが高い人にアドバイスをもらったり、本から学ぶなどで、人間関係力を磨いてみるのもよい方法です。

問題児が問題行動を起こす理由を考えてみる

人間関係をこじらせる原因である問題児が、なぜ問題行動を起こす考えてみましょう。

自分の仕事に自信がないからマウントをとったり、上司からプレッシャーをかけられているためにキツくあたる、などの背景があることが多いです。

意外と、そういう背景がわかると納得してストレスが減ることがあります。

 

また、相手の背景がわかったら、相手の仕事ぶりをほめてあげたり、上司からの圧力がきつそうですね、と労わってあげましょう。

これがうまくハマると、相手から信頼され、人間関係が良好になる期待もできます。

ストレス解消方法を作る

これは人間関係のストレスに限った話ではありませんが、プライベートの時間でストレスを解消させる方法を作りましょう。

趣味に没頭するのが典型的な例ですが、自分が夢中になれるような時間の過ごし方を見つけましょう。

それでストレスを発散させられれば、人間関係のストレスをため込まずに済みます。

女性の方が人間関係のストレスに悩みやすい

女性が人間関係のストレスに悩んでいる様子

このように、職場の人間関係のストレスの原因や対処法についてまとめてきましたが、一般的には女性の方が、人間関係のストレスを感じやすい傾向にあります。

あくまで一般的な話ですが、女性の方が以下の傾向があるからです。

周りの期待に応えようと頑張る人が多い

その分周りの人にも大きく期待する人が多い

感情的になりやすい人が多い

先ほど紹介した、「人間関係をストレスに感じやすい人」の特徴に見事に当てはまっています。

男性の方がいい意味で大雑把な性格のことが多く、女性の方が思いつめてしまうことが多いです。

もちろん、こういう特徴があるために、女性の方が優秀な成果を収めることが多々あるので、一長一短と言えるでしょう。

 

また、女性の方が、集団になじむことを重視する傾向があるので、やはりストレスを感じやすいというのもあります。

そのため、「人間関係を割り切って考える」というのは特に女性が意識すべきでしょう。

ストレスが溜まっていないかのチェックポイント

人間関係のストレスは、最初は大したことがなくでも、それが積もり積もることで、体を壊したり、うつ病になってしまうこともあります。

そして、体が壊れてしまう前には、だいたい以下のような予兆があります。

ストレスに悩む人は、以下のような傾向がないか注意してみてください。

眠れない(2,3時間しか眠れない日が続く、または寝すぎてしまう)

胃痛や頭痛が続く

休みの日に活動せず、じっとしていることが増えた

色々なことに興味がなくなった

 

もちろん個人差はありますが、職場でストレスを強く感じ、このような傾向が続くと、朝起きれなくなったり、発熱や嘔吐のような症状がおさまらなくなります。

そうなったしまった場合は、もう逃げてしまった方がいいです。

これ以上我慢するのは止めましょう。退職・転職を強くオススメします。

 

転職サイトに悩む人のイメージ画像
転職サイトってどういうもの?何を選べばいい?の疑問に答えます転職サイトとは、「求人情報を掲載しているwebサイト」のことを言います。 一昔前までは、転職活動をするときには、ハローワークに行っ...

 

ストレスを我慢せずに辞めるのもアリ

職場の人間関係のストレスは、軽いイライラ程度で、うまくリフレッシュできるならば、我慢して仕事を続けることもよいでしょう。

下手に転職してしまうと、待遇が悪くなるリスクもありますし、環境を変えることに対して不安を感じる人もいるでしょう。

 

しかし、体を壊してしまうくらいなら、我慢せずに諦めた方がいいです。

体調に異常をきたすサインが現れたら、転職を検討してみましょう。

すぐに転職を決意しなくても、転職サイトやエージェントに登録するだけでもオススメです。

 

転職エージェントを有効に活用すれば、理想の転職ができる!職場の人間関係や会社への不満から、転職を考えることは誰しもあるでしょう。 現在の日本では、転職は珍しいことではありません。 ...

 

というのも、職場のストレスで体を壊してしまいやすいのが、「ストレスが多くて逃げ出したい、でも逃げ出すのは情けないし、職を変えるのは不安だ」という思いです。

つまり、「しんどい、でも逃げられない!」という思いが最も人を苦しめるのです。

職場がストレスなら、思い切って環境を変えてしまえばいいのに、それへの不安のために動けなくなってしまう・・という状況が苦しいのです。

 

そんな状況から無理なく抜け出す一つの方法として、転職に関する情報をたくさん仕入れるという方法があります。

一人で「逃げられない」と抱え込まずに、転職に関する情報にたくさん触れることで、自分が転職するイメージがだんだんと湧いてきます。

 

そうなると、「転職という選択肢もアリだ」という希望がだんだん湧いてきます。

実際に転職にまで踏み切らなくても、何となく自分が転職するイメージを持てれば、「限界が来たら転職すればいい」という思いを持てるので、今の職場で頑張れる勇気も湧いてきます。

実際に転職するかしないかは置いておき、まずは登録して情報を仕入れることをオススメします。

 

転職サイトに悩む人のイメージ画像
転職サイトってどういうもの?何を選べばいい?の疑問に答えます転職サイトとは、「求人情報を掲載しているwebサイト」のことを言います。 一昔前までは、転職活動をするときには、ハローワークに行っ...

 

転職理由で一番多いのは「人間関係のストレス」

以上のように、職場の人間関係のストレスについてまとめてきました。

まずは、人間関係のストレスの原因や、自分がストレスを感じやすい体質かどうか、そして、その対処法を確認しましょう。

仕事内容や待遇に満足している場合は、人間関係のストレスとうまく付き合いたいものです。

 

しかし、そのストレスが、長期間体に異常をきたしてしまうほどになるのであれば、我慢し続けるのはオススメしません。

実際、転職の理由として一番多く挙げられるのは「人間関係のストレス」です。

ひとまず転職サイトやエージェントに触れてみて、「転職するとしたらどういう方法があるか」を何となくでも考えてみましょう。

それによってストレスが軽くなったり、最悪の事態を防ぐことができます。

 

転職エージェントを有効に活用すれば、理想の転職ができる!職場の人間関係や会社への不満から、転職を考えることは誰しもあるでしょう。 現在の日本では、転職は珍しいことではありません。 ...

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です