部下育成

部下のやる気アップがすべて!実務をしない管理職がすべき5つのポイント

相談をしているイメージ画像

仕事上でリーダーになるときというのは、まず現場で実務を行い、その技能や成果が認められ長となるパターンが多いと思います。

しかし会社内の仕組みや、管理職としての経験が長い場合などは実務に全く経験の無い部署の管理職になることもあるでしょう。

 

実務に長けている場合はその実力がメンバーに対しての説得力になり、また実務について的確なアドバイスが出来るため信頼も得やすいと思います。

しかしそうではない場合は実務スキルという後ろ盾が無い分、純粋に管理職としてのスキル・ノウハウが求められることになります。

これは慣れていない人には非常に心細い状況ですよね。そこで今回はそのポイントをまとめます。

実務をしない管理職は部下に働いてもらわないと立ち行かない


まず考えるべきは部下のモチベーションの向上です。実務をしない管理職は自分では成果を上げられないので、いかに部下に動いてもらうかということがすべてです。

そのため、部下が動きやすくなるための環境を整えるだとか、部下に前向きに仕事をしてもらうために色々と手をつくすことが求められます。

 

実務と管理を兼任するプレイングマネージャーに比べ、実務をしない分体力的にも時間的にも余裕があるはずです。

そのエネルギーを部下のモチベーションのアップや仕事をしやすい環境づくりにエネルギーを割かなければいけません。

そのためには以下の5つのポイントを押さえましょう。

部署の存在意義・業務の目的を明確に示す


自分たちの部署がどういう役割を担っているのか、会社全体にどのような貢献をするのかということを明確にして伝えるようにします。

多くの場合、一つの部署のメンバーは、会社全体の仕組みや他の部署がどのような仕事をしているかを詳しくは知らないものです。

他の部署がどのような目的で努力をしており、それが自分の部署とどういう関りがあり、そのうえで自分達はどのようなことをしなければいけないのかということを伝えます。

 

こういう説明によって、会社組織に対しての連帯感や自部署の役割に意義を見出します。

人は自分のやっていることに価値を感じることが出来ればモチベーションがあがります。

与えられる目標や求められることを明確に示す


営業のように数字目標があればそれを、そうでなければどのようなレベルの仕事を求められているのかを明確にして具体的に伝えます。

具体的にというのは入社して1日目の新卒でもはっきり分かるように噛み砕いて伝えることです(これが案外難しいです)。

これを示されることで、部下達が何を目指せばいいかが明確に分かるようになります。

意外とここが明確にならないまま仕事をしているケースが多いので、注意が必要です。

上記2つの内容を繰り返し伝える


これが非常に重要です。1回だけ言われても人は忘れます。そして風化します。そのためなにかと①、②については繰り返し発信し浸透させる必要があります。

繰り返し伝える際にはただオウム返しのように同じ言葉を話すのではなく、例え話や成功事例、誰かの引用など、手をかえ品をかえ色々な表現をして話すことが非常に大切です。

部下の仕事ぶりを評価する


良いことをしたり、成果を出したら褒め、悪いことをしたら指摘したり叱ったり改善を促したりします。

人は評価をされず、がんばっても怠けても同じだと思った場合は自然と楽なほうへ流れます。

そうならないようにメンバーそれぞれの働きや行動を評価することが大切です。

具体的な方法としては多くの人の前で頑張りや成果を讃えたり、個別に面談して一人ひとりの成長や最近の努力を認める機会をとるなどがあるでしょう。

不安で動きが鈍いときには発破をかける


また、責任が大きいと思われる案件は、部下が安心して仕事に打ち込めるように「責任は自分がとるから思い切ってやってこい」というような発破をかけることも重要です。

実務をする人が抱えがちな不安は、「上手くいかなかったらどうしよう」と気持ちです。

その不安に負けずに仕事に尽力してほしいのですが、不安に支配されすぎて動きが鈍くなっているときは、このように声をかけることで気持ちが楽になるものです。

 

また、こういう声かけをすることで、「この人は頼りになる人だ」という印象を持ってもらうことが出来ます。それが上司への信頼感にもつながります。

本来、管理職は「実務」より「管理業務」を優先すべき


以上のようなことは、どのみち実務を知っていようがそうでなかろうがどの職種・業態であろうがリーダーに求められます。

管理者は部下に力を発揮させ、一人の力では成し遂げられない業績を生むことが求められています。

 

そのためには管理職が実務に精を出すよりも、部下に熱心に仕事をさせる必要があるのです。

実務を知らない場合は不安に思うかもしれませんが、本来の管理職としての業務に集中しやすい環境であるとも考えられます。

このような5つのポイントに集中し、チーム全体での成果を最大化するよう業務にあたることが大切だと思います。参考にしてみてください。

 

部下から信頼されるためにはこちらも参考に

部下から信頼されるためには、まず「人間性」か「能力」で惹きつけろ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です