厄介な上司や部下

上司が褒めないことなんか気にしないで、自己目標を立てやる気を上げよう。

黙っている人のイメージ画像

「私は褒められて伸びるタイプなんです」と公言することが最近若者中心に増えていると感じます。

様々なデータでも、人は褒めて伸ばしたほうが良いパフォーマンスを発揮するという結果を聞くことが多いです。

仕事場においても、何かと叱られる環境よりも、褒めてくれるような環境の方が雰囲気は明るくなるものでしょう。

 

このように、仕事で人を育てるうえでは叱るより褒める方が望ましいと言えます。

しかし実際には「褒めない上司」が多く、それによってやる気が出ない、付いていこうと思わない・・などの問題が起こりがちです。

褒めることにはコストもかからずに難しくないのに、なぜあなたの上司は褒めてくれないのでしょうか。また、そんな上司に当たったときはどのように対処するといいのでしょうか。

こうした点を理解すれば、褒めない上司にストレスを溜めることもなくなるでしょう。そこで今回は、これらの点についてまとめました。

昔は「褒めない上司」が一般的であった


褒めない上司は一定以上の年齢の人間に多い傾向があります。その理由は「過去の日本社会のノリ」にあります。

もともと日本人の職人は弟子を褒めることは少なかったといえます。

例えば、すし屋さんの弟子などは、師匠に厳しく叱られ、その技は目で盗み上達するものだというイメージがあるでしょう。

丁寧に教えられ、褒められて上達していくような環境とは真逆です。

これでは「私は褒められて伸びるんです」というタイプは全く付いていけないでしょう。

 

今はこのような環境は一般的ではないと思いますが、日本人は伝統的に仕事では下の者を褒めない価値観があるのかもしれません。

また、行動経済成長期の時代は、仕事を頑張れば頑張るほど出世や給料増が期待できる時代でした。

そのためにパワハラ上等の体育会系でバリバリ厳しくしごくような接し方をされ、なにクソと奮起し、気合と根性で乗り切った先には出世や給料アップがありました。

もともと褒められない環境でも、体育会系のノリでゴリゴリ乗り切るだけで成功していたのです。

環境の変化に適応できなと「褒めない上司」となる


しかし、現在はもちろん環境が違います。現在の低成長時代では、ただ頑張るだけでは成果は出ません。

工夫改善やアイディアなどで成功する企業とそうではない企業で分かれます。

とはいえ現在の上司や経営層に当たる年代は、自分がバブルの時期にイケイケで仕事をしてきた世代です。

低成長という環境は理解できても、部下を上手く褒めるというスキルがありません。これは自分自身が若手のころに褒められていないのでそれも仕方がないところがあるでしょう。

 

このようにして、時代の変化によってあるべき姿も変わるのが世の常ですが、それに適応できる上司とそうでない上司がいます。

適応できない上司は自分の成功体験にしがみつき、今の若手も当時の自分と同じように接すれば伸びると考えてしまいます。

 

それに対し、時代の変化に合わせて自己研鑽する上司は上手く褒めることができるようになりますが、そうでない上司は相変わらず褒めずに叱り続けるのです。

あなたの上司が環境に適応した人であれば褒めて認められ、モチベーション高く仕事が出来ます。

しかし残念ながらそうでない上司の場合は、古いノリで接されてしまい気持ちが萎えてしまうという事態になるのです。

自分で目標を掲げ、褒められずともやる気を出す


それでは、上司が古いノリであなたを褒めてくれない場合、どのようにしてモチベーションを高めるのがよいでしょうか。

一番は「上司が褒めなくてもやる気を高める方法を持つこと」です。

古いノリの上司は、もう何十年もかけて今の価値観を作り上げているので、今さら部下のあなたが何か働きかけてもそうそう変わることはないと考えたほうが現実的です。

自分のやる気の出る出ないを上司に頼るのではなく、自分自身の心がけでやる気をコントロールすると考えるのです。

 

具体的には、「自分自身の成長目標」を掲げます。

1年後になりたい自分、できるようになりたいことを考え、それを実現するために半年後にどうなっているか、それを実現するために3ヶ月後にどうなっているか、それを実現するために今月は何を目標にするか・・ということを考えるのです。

そして考えたらそのままにせず、紙や手帳に書き出して常日頃自分に意識させることが重要です。

その目標を設定し、一ヶ月が過ぎたあとに目標の達成未達成を振り返ってみましょう。

 

もし達成できてない場合はその原因は何か、次は同じことにならないのか、その反省を踏まえて今月はどういう目標にするか、達成できた場合は、次回も同じように達成できそうか、自信があるなら目標を予定より高くできないかどうか、などを考えてみましょう。

こうすることによって自分の成長を自分で測れるため、周りに褒めてもらわずとも自らやる気を出しやすくなります。

このような方法を用いれば、上司が褒めてくれようがそうでなかろうが自分でモチベーションをコントロールできるのです。

大きな成果を上げるには、自分で自分のやる気を上げよう


このように、「人に褒められるかどうか」をやる気の源泉にするのではなく、自分の行動や習慣によってやる気を高めるようにすることは非常に重要なことです。

なぜなら、大きな成果を上げたいと望んだ場合、自分で人を巻き込み、人を動かさなければならないからです。

 

つまり、成功したいと思ったら、あなた自身が褒められる立場ではなく、褒める立場になる必要があるのです。

会社で立場が上がってくると、部下の数が増えて上司の数が減りますそれはつまり、褒めてくれる人が減り、褒めなければ鳴らない人が増えるということを意味します。

 

そのときにいつまでも人に褒められることをやる気の源泉にしてしまうと、その機会も減り、やる気が伸びにくくなってきます。

社会に貢献したい、より裕福になりたい、といった人に褒められる以外のモチベーションをもつことが出来る人が最終的に大きな成功を収めます。

そのような意味でも、自分で自分の目標を掲げ、自分でやる気を引き出していくということは大切です。

やる気についてはこのような考え方もできます

仕事にやる気なんか必要ない!必要なのはやる気よりプロ意識

 

ストレスな職場で耐え続けますか?無理せず転職を考えてみては?

オススメ転職サイト・エージェント一覧【転職考え始めの人にもぜひ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です