厄介な上司や部下

上司に「ついていけない」と感じた時の5つの対処法とは?

上司についていけない様子のイメージ画像

社内で上司に「ついていけない」と感じることはありませんか?

性格の相性が悪かったり、頼りなかったり・・そんな上司と毎日顔を合わせるとなると、憂鬱な気持ちにもなります。

そうなるとストレスがたまり、仕事のやる気もなくなってしまいます。

こんな時はどうすればいいでしょうか?

 

そこで今回は、ついていけない上司のタイプや、その対応方法をまとめました。

上司についていけないと悩む人は、参考にしてみてください。

「ついていけない」と感じさせるダメ上司の3タイプ

部下が「ついていけない」と感じる場合、その多くは上司に問題があります。

これから紹介する特徴がある上司は、部下に「ついていけない」と感じさせるダメ上司でしょう。

 

①性格に問題がある

ミスをしたら嫌味を言ってきたり、ネチネチ指摘するような性格だと、ゲンナリした気持ちになりやる気がなくなります。

また、勢いのあることを言うものの、細かいことは全部部下に任せて自分は何もしない、という「口だけタイプ」の上司もやる気を奪います。

このように、性格に問題があり、やる気を奪うような上司は、部下に「ついていけない」と感じさせます。

 

②能力に問題がある

「仕事ができずに尻ぬぐいばかりさせられる」「ウジウジ悩んで意思決定ができない」という上司は頼りないものです。

このタイプは上司としての能力がないため、「この人についていって大丈夫なのか」という不安を感じさせます。

 

また、これとは逆に自信がありすぎるために、自分の仕事の仕方を部下に押し付けてくる上司もいます。

「とにかく気合と根性で頑張ればいいんだ!」という精神論を押し付けてくる上司が、特にこれに当てはまります。

 

上司としての能力が高い人は、部下の性格や得意分野に合わせて育てることができます。

しかし、そうでない上司は、自分のやり方を押し付けるだけしかできません。

このような上司も、部下に「ついていけない」と感じさせます。

 

③モラルがない

部下を性別や立場(正社員か派遣か、など)で差別するような人間や、自分の保身を第一に考える人間もいます。

「これだから派遣はダメなんだ」という言葉を吐いたり、失敗の責任を取らず、部下に押し付けるような上司がこれにあたります。

 

このタイプは、もっとも部下のやる気奪い、「ついていけない」と思わせます。

「上司についていけない」と感じた時の対応方法

このように、上司の能力や人間性に問題があり、「ついていけない」と感じてしまう場合はどうすればいいのでしょうか。

まずは、これから紹介する5つの方法のうち、あなたにあったものを試してみてください。

 

①気が合う人、尊敬できる人を探す

仕事での人間関係は、上司がすべてではありません。

同僚や部下、ほかの部署の上司など、色々なつながりがあるのが普通です。

上司以外の人とのつながりをもち、協力することで、上司に頼らずともスムーズに仕事が進んだり、仕事にやる気を持てたりします。

また、そのようなつながりから別部署への異動が実現し、ダメ上司との関わりを切ることもできるかもしれません。

 

②上司のさらに上司に相談する

これは、モラルの低いタイプの人間の場合に特に有効で、上司のさらに上司に訴えてみるという方法です。

モラルの低い上司の場合は、会社上層部にばれたら困るような言動をしていることが多いため、その証拠を残し、上に出してみるのです。

今であれはスマホで録音することもできますし、その上司の言動を記録に残しておき、提出するだけでも有効です。

 

会社の上層部が良心的である場合は、このような方法で上司を追い詰めることができます。

ただし、嫌味が多い程度や、仕事の能力が低いというレベルの場合や、会社全体のモラスが低い場合はこの方法はあまり使えません。

 

③建設的に批判する

ダメなところを上司に指摘するという方法もあります。

この方法は、性格的は良いが能力が低い上司にうまくいくこともあります。

「指示がわかりにくい」「教えてもらう方法だとうまくいかない」という批判をそのまま伝えては、上司としても面白くありません。

部下に生意気言われて怒ってしまう可能性が高いでしょう。

 

そこで、「指示をいただくときに、内容を詳しくお聞きする時間をいただけないでしょうか」「色々なケースが考えられるので、仕事の方法もいくつかのパターンを教えてもらえないでしょうか」というような言い方をしましょう。

相手のプライドを傷つけず、かつ実践できそうな内容の提案を行えば、上司を変えられる可能性があります。

 

④上司のツボを見つける

精神論を押し付けてきたり、なかなか決断できない上司などに対して、その上司が重視していることを見つけましょう。

細かい報告を好む上司ならば、とにかく報告を細かく行うことで安心します。

自分の責任を取りたがらない上司の場合、進捗状況をさらに上の上司にも行うことで安心させることができます。

このように、上司の特性を利用することで、ストレスを少なくすることができます。

 

⑤仕事を完璧にこなす

嫌味が多い上司や、差別的な発言をしてくる上司には、文句のつけようがないくらいに仕事を完璧にこなすという方法があります。

たいして仕事もできないくせに、イライラすることばかり言ってくる時に有効です。

苦労してしまうでしょうが、仕事ぶりで上司を黙らせるのは何とも言えない爽快感があります。

 

また、逆にどんな仕事をしても認めてこないタイプの上司には、逆に最低限の仕事しかしないという方法もあります。

どうせケチをつけてくるならば、なるべく仕事へのエネルギーを使わないようにして、転職などの準備にエネルギーを使うこともアリです。

自分の考え方も振り返ってみる

部下に「ついていけない」と感じさせるダメな上司には、このような対応をとることで、あなたのストレスを減らすことができます。

また、「上司についていけない」と感じたとき、もう一つ考えるべきことがあります。

 

それは、「仕事とプライベートの人間関係は違う」ということです。

友人関係であれば、自分と気が合わない人とは付き合う必要はありません。

しかし、仕事という場では、「ついていけない」と感じる相手でもうまく付き合う必要も必要かもしれません。

「上司がダメだ」と愚痴っていても、仕事がうまくいくわけではありません。

仕事をうまくこなし、お金を稼ぐためには、ダメ上司相手でもうまくいくように工夫や改善が必要です。

性格が悪い、能力が低いという程度であれば、「自分が上司に合わせてやる」という考えを持つことも重要です。

「いつでも辞められる」という状態を作ろう

会社から逃げ出すイメージ画像

「ついていけない」と感じさせるような上司は世の中にはびこっており、たとえ転職したとしても、また別のダメな上司があなたを待ち構えている可能性もあります。

 

つまり、「上司についていけいないから」という理由で安易に仕事を辞めてしまうと、後悔してしまう可能性もあるのです。

多少ダメな上司であったとしても、そういう人間と付き合う方法を身につけることができれば、ストレスを少なくすることができます。

 

また、いつでも転職できるように有利な資格の勉強をするとか、ほかの会社でも評価される実績をあげることにエネルギーを割くのもよいことです。

資格や実績を身につけ、いつでも希望通りの条件で転職できる状態を作れば、我慢できなくなったときに簡単に辞めることができます。

「ついていけない上司と仕事をしなければならない」という状況はどうしてもストレスになりますが、「その気になればいつでも辞めることができる」という状態になれば、それも軽くなります。

部下をダメにする上司に負けてはいけない

仕事の場では、「ついていけない」と感じる上司でも、言うことを聞かなければいけないのは辛いところです。

上司がダメなせいで余計な苦労をしたり、ストレスが溜まってしまいます。

ついつい、「性格がよくならないかな・・」と期待してしまう気持ちもわかります。

 

しかし、「ついていけない」と感じさせるような人間はそもそも未熟であり、そのような人間が成長し、変わるのを期待するのはオススメできません。

ダメな人間の成長を期待するのではなく、あなた自身が変わるほうが、うまくいく可能性は高いでしょう。

ここでご紹介した5つの方法を試したり、いつでも転職できるように自分自身を高めることに力を注ぐべきです。

上司にイライラするよりも、自分の行動を変えることに意識を向けてみましょう。

 

使えない上司への対策方法はこちらを参考にしてください

使えない上司は無視するか潰してしまえ!使えない上司の5つの対処法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です