部下育成

部下が指示を聞かないのはそれなりの理由がある。上司のあなたに問題はないですか?

無視されているイメージ画像

部下に指示したはずの仕事が出来ていない!と後から気づいたり、指示した仕事がいっこうにできずイライラしたり・・ということはないでしょうか。

指示した仕事を部下がやらないという悩みを抱えたことのある上司は多いでしょう。

部下が自分の思うとおりに仕事をしない理由は色々とありますが、多くの場合はその部下なりの理由があって指示どおりに仕事が出来ないという状態なのであり、悪意あって指示に従わないということは多くありません。

部下にイライラしてしまう気持ちもわかりますが、やきもきするだけでなく、それがどのような背景なのかを確認することが重要です。

そこで今回は、部下が言うことを聞かない理由のパターンと、それぞれへの対処法についてまとめます。

①忙しいから出来ない


実際は、このパターンが一番多いように思います。他の業務を進めるのに時間がとられ、与えられた仕事に着手できないということは良くあります。

基本的に上司としてはある程度部下の業務量や進捗を把握しているでしょう。

その上で「そろそろこれが出来ているはずなのにやっていない」ということであれば、部下が優先順位を間違えているか、上司の想定スピードで仕事が出来ていない可能性があります。

一度抱えている業務の進捗状況を確認し、進みが遅い仕事には対処を考え、優先順位を間違えている場合は改めて順位を振りなおしましょう。

 

なお、上司でありながら、部下の業務量や進捗を把握していないのは望ましくないでしょう。

部下が部長や課長の管理職なのであれば確かに進捗は部下任せ、結果だけを見て評価するのでしょうが、あなた自身が管理職で部下が一般職であるならば、進捗管理もしていないのに「部下が言うことを聞かない」と嘆くのはお門違いです。

そんな仕事のスタンスで、本当に部下から信頼されているかを疑ったほうがいいのではないでしょうか。

忙しいふりをしてごまかしている部下に要注意


なお、このパターンで注意したいのが「忙しいフリをしている」場合です。

本当は別の理由でやりたくないにもかかわらず、「他の業務が押していてできません」と言ってくる場合があります。

本来は優先順位を付け直すことで「忙しいからできない」という理由で着手できないというパターンはなくなります。

にも関わらず、色々理由をつけて「忙しいからできてない」と言ってくる場合は、「忙しいってこと以外にこの業務がやりにくい理由はある?」というように話を振り、本当の理由をヒアリングしたほうがいいでしょう。

②能力的にできない


慣れてきた部下には未経験の業務を任せたり、レベルの高い業務を任せることもあるでしょう。

そのときに上司としては「このレベルならできるだろう」と感じていても、部下側が「こんなことできない」と感じる場合があります。

上司側が明らかなムチャ振りをしているのか、それとも部下のマインドが弱い(未知のことを極端に恐れる)のか・・どちらのパターンもあります。

この場合は、部下の自信の無い気持ちに寄り添い、具体的にどのような点に自信がないのかを聞き、やり方を具体的に伝えるという対応が王道です。

ただし、会社の風土としてムチャ振りを当たり前である場合は、その風土に適応するよう教育することも必要です。

 

なお、明らかに本人に出来る能力があるにも関わらず、本人が失敗を恐れている場合もあります。

この場合は発破をかけて励ますということが必要でしょう。と同時に未知のものを恐れすぎるなという教育も大切です。

 

このように、上司の方針として「ムチャ振りでも根性で乗り切れ!」というスタンスならば、部下のマインドのほうを教育することが必要です。

ただし人によってはその方針についていけずドロップアウトするリスクもあります。

一方、極力ムチャ振りはしないというスタンスであれば、部下がこのような理由で動かなかった場合、「能力的に出来ない」と感じさせた指示の出し方に問題があったと考え、やり方を具体的にレクチャーしましょう。

③指示に納得できないからやらない


会社の方針転換によって以前とは違う指示がでたり、なんらかの要因で社員にとって理不尽と感じるような指示をしなければいけないこともあります。

聞き分けのよい素直な部下であれば受け入れたり、あなた個人に対して信頼を置いている部下であれば「あなたが言うのならば」と従ってくれるものです。

しかしそのどちらでもない場合は、明らかに重要であるのに後回しにしたり、納得できませんと強く主張したりという場合もあります。

 

この場合は、まず少しでも納得感を持たせるための説明を重ねましょう。

部下の不満に対応する方法とは?納得感ある説明で心のモヤモヤは解消できる

また、「上司である自分自身はこの指示に意義があると感じている、だからやる必要があると考えている」ということを伝えましょう。「会社の方針なんだからウダウダ言わずにやれ」といいたいところですが、上司として説明責任を果たすつもりで色々な話をするべきです。

これをサボってしまうのは上司の怠慢と考えるべきです。

 

そして、上司自身が色々なことを詳しく話したうえで、「納得できないからやらないというのは困る」ということを部下に伝えます。

後述しますが、正当な業務内容であれば、納得できないからやらないというのは社会人としては通用しません。

給与を払ってその対価として仕事をしてもらうのだから、指示には従ってもらわないと困る、ということを理解させましょう。

④言われた通りにやっても無駄でしょと思うからやらない


以前の記事でご紹介しましたが、発言や指示がコロコロ変わる「ブレブレ上司」というものが存在します。

ブレブレ上司のうち、思慮が浅くその場の思いつきで指示を出している場合、頭のいい部下であれば「この上司の言うことを聞く価値がない」と思われてしまいます。

この手の上司は、要は結果を見てケチをつけるものです。

部下もそのことをよくわかっており、「要は成果を出せばいいんだろ」「この上司の言うことに従っても、上手くいかなければまた責められる」と考え、成果を出すためにベストだと思う自分の方法で取り組みます。

 

このパターンの場合に「言うことを聞かない」と嘆くのは半分以上あなたに非があります。まず部下に「この上司の言うことを聞けば成果がでる」と感じさせないといけません。

そのためには自分の指示に責任を持ち、ある程度考えた上で指示をだしましょう。

もしそれが面倒くさいのなら、いっそのこと中途半端な指示を出さずに結果だけ見て、そのよしあしを判断するべきでしょう。

「言うことを聞く気がないのなら口出ししないから自分でやってみろ、ただ失敗したときの責任は君に全部かかることになるぞ」と伝えるほうがむしろ部下のモチベーションがあがるかもしれません。

⑤上司が信頼できないからやらない


これらのほかにも指示に従わない理由として考えられるのが、部下があなたに対して信頼をしていない場合です。

信頼していないから言うことを聞きたくないという背景で、あなたの指示とは違うことをやるというパターンです。

 

これが疑われる場合は、本当に信頼関係がないのかを確認する必要があります。出来るならば本人に直接聞いてしまいましょう。

「この件の指示ができていないけど、私のことを信頼していないから動かないの?」と聞いてしまいます。

普通社会人としては、上司を信頼していようがいまいが指示には従うものです。

このことを理解している部下であれば、たとえ本心がそうであっても「いいえ」と答え、もっともらしい他の理由を述べます。これまでのどれかのパターンに当てはまるはずなので、その理由にあわせて対応すればよいことになります。

ただし、中には「はい」と返事してしまうような強者もいるかもしれません。こんな部下は社会人としてかなり問題な言動ですが、そんなことを嘆いていても仕方ありませんので対応するしかありません。

 

まずは信頼していない理由を聞き、話をすることが一番です。

こういう返事をしてしまうような部下は感情的にしか考えられないことが多いので、案外話しをすることでスッキリするかもしれません。

そしてその上で、「たとえ信頼していなくとも、仕事なんだから与えられた指示には従わなくてはいけない」ということを理解させましょう。

これで理解できないような部下はさすがに一緒に仕事をするのにふさわしくないと私は思います。

自分に非がないか振り返ることも必要


以上のように部下が言うことを聞かない場合の対処についてまとめました。

色々な理由や対処法がありますが、どんな理由でもまずはコミュニケーションをとることが一番です。

自分の部下なのだからじっくり話し、必要に応じて説得や教育が必要でしょう。

 

また、部下本人に問題があることが多いですが、上司側にも問題があるケースも多々あります。

そういう意味でもしっかりヒアリングし、改めるべきところは改めるという姿勢が重要です。

この記事の内容も参考になります

これで動かない部下はいない!部下を動かすために踏みたい3つのステップ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です