部下育成

部下のモチベーション低下を防ぐために上司は「翻訳能力」を磨け!

翻訳している画像イメージ

中間管理職として現場メンバーを取りまとめる上司は、会社上層部から今後の方針が下りてくることが多々あります。

経営層は会社の方針を決める役割を担うことが一般的です。そのため現場リーダーへは大雑把な方針を示し、あとはその実現に向けて動くように、という指示がでるケースが多いでしょう。

その方針が現場にとってモチベーションがあがるような歓迎されるものの場合は心配はありませんが、やはりそういうことばかりではないと思います。

業務量が増えてしまったり突然新しいことをはじめたりなど、現場の人たちから反発されてしまうような方針であったり、また上司自身が納得できないこともあるかもしれません。

 

しかし管理職として求められるのは、現場側に立ち経営層に反発することではなく逆に現場のメンバーを納得させ、その方針のとおりに動かしていくことです。

これができないと部下は会社の方針に納得できずモチベーションが下がってしまいます。

そのために、管理職には「上からの方針をうまく伝え、それに従えて動かしていく能力」というのが求められることになります。つまり、上層部からの方針を「翻訳する能力」が必要ということです。

なかな大変なことではあるのですが、そんなことにもやはりポイントがあります。今回はこのテーマについてまとめてみます。

その方針の背景を伝える


方針転換には必ず理由があります。それは組織(会社)関係者の誰かしらにとっての利益の向上のためです。

それがメンバー自身のためであることがベストなのですが、もちろんそういうケースばかりでは無いと思います。他の部署であったり、顧客であったり、経営層であることもあるでしょう。

 

たとえメリットが自分達に関係するものでなかったとしても、それをしっかりと現場のメンバーに伝えることで、その方針には会社にとっては意味ある決定だということを理解してもらい納得度を高めます。

人のモチベーションは、方針決定の背景を知らず「なぜそうするのかがわからない」という状態になった場合に下がりやすくなります。自分の仕事の意義を見出せるのとそうでないのとではやる気に違いが表れます。

 

部下にしてみれば直接上層部とコミュニケーションをとる機会が無いため、上司がどのように説明するかによって部下が方針をどのように解釈するか左右されます。上司が方針決定について詳しく説明することで、部下はその方針に意義を見出せる可能性が高まります。

「どういう方針なのか」ということだけでなく「どのように方針が伝わるのか」ということによっても部下のモチベーションが変わります。そして「どのように方針が伝わるか」を担うのは管理職である上司です。

主体性を持って伝える


また、上司自身が「自分はこの方針を受け入れてやっていくつもりだ」という姿勢を見せることも非常に重要です。

上司自身に人望があれば、「納得はしきっていないけど、上司がそのようにするならついていく」と部下が受け入れやすくなります。

 

逆に上司自身が受け入れていない方針を部下が受け入れるわけはないですよね。

上司自身がその方針を受け入れるためには、方針転換によって「誰にメリットがあるのか」を考え抜くことが大切です。

それがお客さんや現場社員なのであれば部下も納得しやすいので積極的に伝えるべきです。上層部からの説明中に「誰が得するためのか」という情報も盛り込まれている場合はそれも強調して伝え、さらに上司自身が考えるメリットも重ねて伝えると説得力が増すでしょう。

 

また、メリットが「会社が儲かるためだけ」という場合は現場社員は不満に思う可能性もあります。しかし会社が儲かることで会社の規模が大きくなり、ひいては現場社員の待遇にも反映されていく・・ということを伝えて理解を得るということもできるでしょう。

一番良くないのは、そうした取り組みを放棄し、「俺は納得していないけど、上からの方針だから従うしかないわ、よろしく」と丸投げしてしまうことです。こうなると部下のモチベーションは一気に下がります。

自分達にあまりに不利な方針転換の場合は、上司もそんな風に投げ出してしまいたい気持ちはわかるのですが、それだと上司がいる意味がなくなってしまいます。ぐっと堪えて主体的にならなければいけません。

具体性を持って伝える


また、ただお題目のように「これからはこういう方針でいこう」という話をするだけでは足りません。その方針のもと、具体的にどう行動を変えていくかということも示さなければ意味がありません。

・具体的にどの行動を増やすのか/どの行動をなくすのか

・いつから行動を変えるのか

・はじめから一気に変えるのか/だんだんと変えていくのか

・変えるための準備としてどのようなことをいつまでに行うのか

といった視点で意思決定を行い、部下と共有します。

ここまでの翻訳作業(背景を伝える・主体性を持って伝える)がスムーズに行けば、このような意思決定どおりに話が進むでしょう。

管理職に求められるのは「翻訳」の仕事


以上、3つのポイントをご紹介しました。管理職という立場では、経営層と現場をつなぐ役割を果たさなければなりません。

したがって、上からの方針を「背景を詳しく伝える」「主体性を持って伝える」「具体性を持って伝える」という「翻訳」の仕事が求められます。

上層部から伝えられる方針は上司自身も含め、現場部下に負担を強いるような内容であることも多いでしょう。理不尽に感じることも多いと思います。

 

しかし、上司にはマイナスの感情を飲み込み3つの翻訳作業を行い、部下のモチベーションを下げずにチームを動かしていくことが求められます。

やってはいけないことは上層部への愚痴を部下にこぼしてしまうことです。愚痴をこぼされた部下はモチベーションが下がり、最悪退職してしまいます。そうなると困るのは上司自身です。

本当に耐えれらないのならば、表面上は翻訳作業をしながら仕事を回して自分自身が退職するか、優秀な部下を育て上げ自分の代わりに上司になってもらうかのどちらかのほうが無難でしょう。

それまではチームのリーダーとして、部下のモチベーションを低下させないように努めましょう。

こちらの記事では、数値目標を「翻訳」して部下に伝えるコツを紹介しています。

できる上司は知っている!部下のやる気を上げ目標達成させるためのコツ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です