ストレスがたまる上司とその対処法

ワンマンな上司にストレスを溜めず、うまく付き合うための5つのコツ。

ワンマン上司をにらむイメージ画像

ワンマンな上司は部下に大きなストレスを与えます。

直属の上司がワンマンだったり、中小企業でオーナー社長がワンマンの場合、その独善的な仕事の仕方にストレスが溜まるものです。

こういう人間は、自分自身や自分の意見に絶対的な自信があり、上から目線で部下に指示をしたり、振り回します。

 

また、ワンマンな上司はパワハラ的な行為をすることが多く、部下が転職を考える理由になるほどストレスを与えます。

このようなワンマンな上司に当たってしまった場合、どうすればよいでしょうか。

今回はワンマン上司の特徴や、どう対処するべきかという点についてまとめました。

ワンマン上司に苦しんでいる人はぜひ参考にしてください。

ワンマン上司の特徴

まずは、ワンマン上司の特徴について知っておきましょう。大きく分けて3つあります。

 

①気性が荒い

基本的にすぐ怒鳴ります。気分屋で落ち着きがありません。

部下を褒めることも少なく、逆に揚げ足をとり責めることが多いです。

おそらく、人を責めることで自分が優位に立ちたいと考えているのでしょう。また、恐怖によって部下を支配する傾向があります。

また、人の好き嫌いが激しく、人に対してえこひいきすることも少なくありません。

 

②理不尽

指示を出すときに詳しい説明をせず、丸投げ気味です。

相手のことを思いやらずに仕事を振るので、ムチャ振りも非常に多く、面倒な仕事を押し付けてくることも多いでしょう。

自分が正しく、部下を下に扱っているため、理不尽な振る舞いをしても許されると思っています。

 

③会社の中では評価されている

自分自身がプレーヤーとして優秀である場合が多く、会社の上層部からは信頼されていることがあります。

また、創業社長の場合は、会社を興して自らの手で人を雇える規模まで拡大させているので、仕事の能力は高いことが多いでしょう。

 

このため、ワンマン上司によるパワハラを会社の相談窓口(上層部や総務部など)に訴えても、もみ消されることがあります。

また、自分自身が新人時代にムチャをしながら仕事で成功したため、それと同じことを部下にも強要し、それがストレスやパワハラになっているケースがあります。

独裁的な上司への対処法

このような特徴があるワンマン上司ですが、その共通点は自分が絶対だと思っている「独裁者」だということです。

会社からも評価されており、自分に自信があるため、部下を思いやることなく振舞います。

では、このような独裁的な上司のもとで仕事をしなければいけない時には、どう振舞うのが良いでしょうか。

これには5つのポイントがあります。

 

①まともに取り合わない

これは、相手の言っていることを話半分にきき、まともに取り合わないということです。

ワンマン上司の要求に完璧に応えようとしても無理があります。

普通、多くの人がそれに付き合いきれずドロップアウトします。頑張ったとしてもあなたも同じことになるだけです。

 

あなたの人生は、ワンマンな人間にこき使われるためにあるのでしょうか。

そうではないはずです。理不尽な要求にまともに取り合わず、なんとかスルーし、怒鳴ってきたとしても、なんとなく聞いている振りをして流せばよいのです。

 

②ターゲットにならない

ワンマン上司の中には、ストレスを発散させる相手として、適当な人に集中して理不尽な指示や怒りをぶつける人間がいます。

こういう相手の場合は、そのターゲットにならないようにしましょう。

標的にやりやすいタイプはおとなしく真面目で、自分を責めるタイプです。

明らかにワンマンな人間から理不尽なことを言われた場合は、従わないようにしましょう。

キレながら反論したり、労働問題として取り上げたりしましょう。

たとえそれが中途半端な結果になったとしても、「こいつは面倒くさいやつだ」と思わせればそれで十分です。

 

③適度に報連相をする

ワンマン上司が嫌がるのが「自分の知らないところで勝手に仕事が進むこと」です。

そのため、細かいことでも報連相をしておくことが重要です。

しかし、あまり関り過ぎても面倒ですので、ほどよい距離を見つけましょう。

重要なことは、「あいつは俺の許可無く勝手に仕事を進めるやつだ」と思われないことです。

上司のプライドを傷つけて面倒くさいことにならない程度に、報告は行いましょう。

 

④習性を利用する

この手のタイプに、あなたの意見を聞き入れさせようとするのは困難です。ワンマン上司は自分自身の考えで意思決定をします。

ワンマン上司には何をするにも自分の行動パターンや法則というものがあり、それを周りの部下から崩すことはできないと考えましょう。

そして、その上司の行動パターンを知り、そのパターンに合わせてこちらが動くということが大切になります。

 

例えば、ある特定の人物の言うことを聞くのであれば、その人物とのつながりを持つことでその人を通じて意見を通すだとか、とことん分析された数値資料を重視するのなら、自分達で詳細な資料を作る・・という方法が考えられます。

 

⑤環境を変える

ここまでは、ワンマン上司のもとでうまくやる方法をご紹介しましたが、そもそもこういう環境で仕事をし続けなくてもよいと考えましょう。

職場の人間関係に悩み、うつになってしまう話はよくあります。

そうなってしまった場合、結局損をするのはあなたです。

「こんな人間に負けちゃだめだ」という対抗意識から、逃げずにワンマン上司と向き合い続けるケースがありますが、そんなことをする必要はありません。

体調を崩しながらその職場に居つづけるくらいなら、差し違える(会社を辞める)覚悟で会社の上層部か、社内の窓口か、労働監督署に訴えたほうがいいかもしれません。

ワンマン=悪とは限らない

ワンマン上司は100%悪だとは限らない

このように、ワンマンな上司の対処法についてご紹介しましたが、実は、ワンマンが100%悪だと言い切れないところもあります。

例えば、組織の体制ができておらず不安定な時は、リーダーのワンマンで動いたほうが成果はでます。

 

立ち上がったばかりの会社や、部下が全員新人という場合は、一番力量のあるリーダーがワンマンで指揮をとらないと上手くいきません。

ワンマンのいいところは力量がある人間が一人いればうまくいくことと、意思決定のスピードが早いことです。

そのためワンマン=悪ということではなく、組織が成果を上げるための一つの方法に過ぎないと考えましょう。

 

しかしワンマンの弱点は独りだと限界があること、また、意見が聞き入れられにくいため部下のモチベーションが下がりやすいということです。

そして、ワンマン上司が部下に理不尽な振る舞いをし始めたとき、組織の成長は止まってしまいます。

 

会社の創業期はワンマン社長で成功しても、会社の拡大と環境の変化に社長が適応できず、社員からの意見も聞き入れられず失敗してしまうというパターンはよく聞く話です。

このように、ワンマン=悪とは100%は言い切れません。

ワンマン上司の習性を知りコントロールしよう

以上のように、ワンマン上司についてまとめてきました。

この手のタイプの上司についていくのは、肉体的にも精神的に大変なことが多いです。

しかし、ワンマンはワンマンなりの対処法があります。それを実行したり、ワンマン上司の習性を知ることで、それを利用することも可能です。

 

また、同じ悩みに苦しむ他の人やチームのメンバーとも共有することも大切です。

この上司の判断にはどう傾向があるか、考え方を急変する時はどんなときか、仕事に対してどのようなダメだしをされたか・・・といった情報を集め、仲間と共有しましょう。

 

そうすると上手く立ち振る舞うことができます。

ワンマンな上司は厄介な生き物ですが、自分たち部下の理屈が通用しない「猛獣」ようなつもりで接することでうまく付き合いましょう。

こちらも参考になります。

嫌味を言う上司がいかに低レベルかを知れば、あなたはイライラしなくなる。

 

ストレスな職場で耐え続けますか?無理せず転職を考えてみては?

オススメ転職サイト・エージェント一覧【転職考え始めの人にもぜひ】

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です