厄介な上司や部下

「上司のえこひいきは不公平感を生むのでやめるべき」は正しいのか?

えこひいきのイメージ画像

上司が特定の部下にえこひいきしてイライラする・・というのは職場でよくある話です。

他の部下には厳しいのに、ある部下には優しかったり色目を使ったりという行為がえこひいきにあたります。

また、上司からえこひいきされた人が早く昇進したり、多く給料をもらうということもあります。

 

このような上司のえこひいきは、周りの人に不公平感を与え、やる気を奪ってしまいます。

こうしたえこひいきは職場に悪い影響を与えるため、避けるべき行為なのですが、実は上司の側にそれなりの理由があり、あえてえこひいきをしている場合もあります。

 

また、えこひいきされる人の特徴を知り、あなた自身がえこひいきされることで得することを狙ってみるという考え方もあります。

そこで今回は、えこひいきする上司への対策だけでなく、えこひいきされるコツについてまとめました。

えこひいきという行為は良くないことではありますが、えこひいきする上司の人間性を変えるのは難しいことです。

えこひいきに関する色々な面を学ぶことで、イライラが少なくなったり、上手く利用できるようになれば幸いです。

えこひいきする上司の心理


そもそもなぜあなたの上司はえこひいきをするのでしょうか。

まず、特定の部下をえこひいきする理由としてあげられるのが、「その部下から特別扱いをされたい」という理由です。

このパターンは、

・特定の異性にこびを売る

・同性には厳しく、異性には優しい

・上司にゴマをする

というえこひいきが良く見られます。

 

これは「好意を持っている相手に好かれたい」だったり、「上司に気に入られ自分の地位を上げたい」という考えから来ており、人間としてレベルが低いと考えられます。

また、「厄介ごとを避けたい」という理由の場合もあります。

このパターンの代表例は、

・大人しい部下には強く出て、口うるさい部下にはあまり言わない

というものです。

 

「自分が言いやすい人にはズケズケ言うけれど、言いにくい人にはあまり言えない」という、面倒くさいことを避けたいがために起こるパターンです。

いずれにせよ、このような理由でえこひいきをする上司は不公平感を生み、周りのやる気を下げるほか、適切な人事評価をしてもらえないことになります。

えこひいきする上司への対策


では、えこひいきをする上司にはどのような対策をとればよいでしょうか。

まず前提として、上司の人間性や価値観を変えることはかなり難しいです。

それよりもあなた自身の対応や、考え方を変えたほうがよほど効果的です。これには3つポイントがあります。

 

①上司がえこひいきしている背景を探ってみる

その上司が「なぜえこひいきをしているか」を分析してみることが意外と有効です。

単純に異性の部下に慕われたいからという幼い理由の場合もあれば、部下を育てるために厳しくあたっている、逆に潰さないように優しく接している、気難しい部下を操縦するために穏やかに接している、などの理由が考えられます。

えこひいきしている内容を記録に取っておき、冷静に見返してみると、そのときは気づけなかったことが分かることもあります。

 

そしてえこひいきの背景が分かったら、それを上司に伝えてみるのも効果的です。

「○○さんって気難しいから接し方に気をつけないといけないですよね」

「○○さんは将来期待できる人なので、今が大切な時期ですよね」

のような形で、えこひいきの事実を伏せ、背景のほうを伝えます。

これがハマるとあなたはその上司のよき理解者となります。

そうなると、あなたも同じようにえこひいきされる側になるかもしれません。

 

②上司がえこひいきしているポイントを探る

その上司が、部下をえこひいきしているポイントを探りましょう。

これは、「外見がよい」「若い」「自分にこびてくる」というポイント以外にも「挨拶がしっかりしている」「仕事に前向き」「実は難しい仕事をこなしていた」という理由が考えられます。

外見や若さだとかの理由の場合は、「こいつはどうしようもない人間だ」と内心その上司を見下しましょう。

しかし、挨拶や仕事への姿勢がえこひいきしているポイントだった場合、えこひいきされる人に見習うという選択肢もありえます。

また、このパターンの場合、上司がきちんとした基準を持ってその人を評価しているということが分かり、納得感が生まれることもあります。

 

③異動や転職で職場を離れる

えこひいきの背景やポイントを探ったところで、その上司への失望が大きくなるだけということもあります。

そして上司のえこひいきが目に余る場合は、今の職場を離れるという選択も一つの方法です。

えこひいきは不公平感によってやる気を奪い、正当な評価もされません。

えこひいきされない環境であればやる気を下げられず前向きに頑張りやすいでしょう。

また、環境が変わることであなたを正当に評価してくれる可能性も上がります。

えこひいきされる人の特徴


えこひいきは不公平感を感じさせるため、良くない行為ではありますが、えこひいきされることで職場で得をすると考えることもできます。

気が進まないかもしれませんが、思い切ってえこひいきされる側に入ることを狙うのも悪い選択肢ではありません。

そのためにも、えこひいきされやすい人の特徴を押さえておきましょう。ポイントは3点あります。

 

①素直である

仕事を振られたときに気持ちよく引き受けたり、指示や指摘に対して反論せずに受け止める部下は上司にとって接しやすく、大切にしたいと思わせます。

このように思われることで、上司からえこひいきされやすくなるでしょう。

逆に、何かと反発したり反抗的な態度を取る部下は、上司のプライドを傷つけ、ストレスを与えてしまいます。

上司も人間ですから、「こいつはかわいくない」と思われてしまうと態度が冷たくなってしまうものです。

 

②仕事ができる

仕事ぶりが優秀な部下は上司にとって頼りになります。

チームの売上の大半上げるようなエースがいる場合、上司もその社員を大切にしなければいけないと感じさせます。

このような部下はえこひいきされやすいでしょう。

また、優秀な成果を上げるわけではないが、上司の苦手な仕事が得意な部下も重宝されます。

優秀な成果を上げるのは簡単なことではありませんが、あなたのタイプによっては、上司が苦手なジャンルの仕事を得意になるのは難しくないかもしれません。

 

③外見がよい

イケメンだとか美人だとか、若いだとかオシャレだとかそういう特徴です。

一応、えこひいきされやすい条件ではあるので取り上げましたが、これを理由にえこひいきする人間は、下心あることが大半です。

これでえこひいきされる立場になっても、(飲みに誘われるだとか)面倒くさいことになり、周りの人からも嫌われます。

この条件でえこひいきしてくる人間には、気に入られないほうが無難でしょう。極力関わらないほうが良いです。

あえてえこひいきをしている場合もある


えこひいきをする上司について、色々とご説明してきましたが、実は部下を育てるためにあえてえこひいきしていることもあります。

例えば、素質はあるが自信がないために上手く仕事ができない場合、上司としては自信をつけさせるように優しく励ますという接し方がよいでしょう。

全員同じように接するのではなく、部下一人ひとりに合わせた接し方を取るほうが、育成という面では効果的なこともあります。

このとき、他の部下からしたら「えこひいきだ」と感じても、部下を育てるためにベストな接し方をしていることもあります。

 

また、逆に、期待している部下にあえて厳しく接するパターンもあります。

いわば「逆えこひいき」です。

色々な部下の中で、「この部下は将来有望で活躍しそう」と部下もいれば、その逆の部下もいます。

このように、部下それぞれに対しての期待値が違うのはよくあります。

このとき、上司としては期待値が高い部下にはより大きな成果を求めるし、ミスに対しても「なぜお前がこんなミスをするんだ」と怒りがちになります。

それに対して期待値が低い部下に対しては、対して成果を求めないし、ミスをしてもそれほど怒りが湧かないものです。

そもそも期待をしていないから怒りも湧かないのです。

 

このような理由で、同じミスに対しても上司の怒り具合が違ったり、同じ成果に対しても上司の褒め具合が違うことになるのです。

それを部下の側からすると「同じミスなのに自分だけ他の人より怒られる」「同じ成果を出しているのに自分はあまり褒められない」と感じてしまい、不公平感が生まれてしまうのです。

 

本来はこのような不公平感を部下が感じないよう、上司から「お前には期待しているから厳しくする」という声かけを行なうべきなのですが、上司が不器用な場合はそうした声かけが無いこともあります。

あなたが「他の人に比べて厳しくされている」と感じる場合は、このパターンになっていないか考えてみるとよいでしょう。

 

このように、期待値の高さから厳しくにもかかわらず、あなたが勘違いしてしまい、やる気が下がってしまうのは非常にもったいないでしょう。

もし、あなたが「逆えこひいき」を感じる場合は、なぜ上司が自分だけに厳しいかについて考えてみましょう。

えこひいきの見分け方


このように、上司によっては部下を育てるために適切に態度を変えている場合もあります。

では、その違いをどのようにして見分けるかですが、以下の点に注意して考えてみるとよいでしょう。ポイントは3つあります。

 

①自分の利益だけを考えたえこひいきか

「上司にゴマをする」「同性に厳しく異性に甘い」などの自己保身や自分に気を引きたいというえこひいきは、人間性の低さによるものと考えてよいでしょう。

 

②同じ人でも状況によって厳しくなるか

新人で期待値が低いうちは優しく接することが多いですが、経験を積んでいくことで期待値は上がります。

期待値が上がると、求められるレベルも上がり、だんだんと厳しくなるものです。

このように、部下の成熟度に合わせて要求を厳しくするような逆えこひいきの場合は、上司としては適切に態度を変えていると判断していいでしょう。

 

③部下に将来のキャリアについて定期的に話し、キャリアアップを意識させているかどうか

部下のことを考えて態度を変える上司は、期待している部下に「将来こうなって欲しい」というイメージを持っているものです。

そして、その期待を直接伝え、部下のやる気を上げようともします。

これをやっている場合も適切に部下に接していると考えてよいでしょう。

えこひいきの背景をつかもう


このように、上司のえこひいきには色々なパターンがあり、奥が深いものです。

ここまでご紹介した基準で上司を観察し、えこひいきの背景をつかみましょう。

えこひいきをしている上司は人間性に問題があることが多いですが、中にはそうでない人もいます。

そうでないにもかかわらず「この上司は人間性が低い、やってられない」と腐ってしまうのは本当にもったいないことです。

もったいないことにならないためにも、「厳しい態度をとるのは期待しているから」という可能性があることを部下としてはぜひ知っておきましょう。

棚上げずる上司もイライラしますよね

自分を棚に上げる人は害悪だが、それが上司にとって必要な時もある。

 

ストレスな職場で耐え続けますか?無理せず転職を考えてみては?

オススメ転職サイト・エージェント一覧【転職考え始めの人にもぜひ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です