その他

月曜日が憂鬱・・という気分は軽くできる!試したい5つの方法

憂鬱が晴れてスッキリしているイメージ

仕事をしていると、月曜日の朝は憂鬱になりませんか?

実際、休み明けに憂鬱になる人は多く、「サザエさん症候群」(日曜日の夜(サザエさんが放送されるタイミング)に、次の日の仕事が憂鬱になる)という言葉もあるくらいです。

これは仕方のないことかもしれませんが、できるならばそういう気持ちにはなりたくないですよね。

 

そこで今回は、月曜日の朝に憂鬱にならないためのコツや考え方をまとめました。

簡単にできるちょっとしたコツから、難しいかもしれないけど根本的に解決する方法まで、色々な方法をまとめました。

月曜日に憂鬱にならない方法があれば、休み明けの出勤も軽い気持ちできますよね。

毎週「サザエさん症候群」に悩む人には参考になるかもしれません。

なぜ月曜日が憂鬱になるのか


まず、なぜそもそも月曜日の朝が憂鬱になるのでしょうか。

単純に仕事が嫌なだけなら、毎朝憂鬱になるものです。

もちろん、仕事そのものがストレスだったり、プレッシャーがかかる状態であれば、月曜日だけではなく毎朝出勤前は憂鬱になります。

 

しかし、私自身の経験や、周りの人やネットを見ると、他の曜日に比べ、圧倒的に月曜日に憂鬱になることが多いようです。

それはなぜなのでしょうか。

 

これは、「休みの日に仕事から離れているため、月曜日にそのギャップをより強く感じるから」と言えます。

休みの日はリラックスしたり楽しいことをすると思いますが、そこから仕事の状態に切り替えるときに苦しい気持ちになるのでしょう。

私自身、仕事が大変なときは出勤が憂鬱になることはありましたが、仕事がラクでほとんどストレスがないときも、月曜日の朝だけは憂鬱な気持ちに襲われることが多々ありました。

 

そのため、仕事がストレスに感じるかどうかとは別に、休みの日とのギャップが憂鬱にさせるのだと考えるべきです。

月曜日の憂鬱を減らす5つの方法


それでは、月曜日に憂鬱な気分にならないためにはどうすればいいのでしょうか。

考え方や行動を工夫することで憂鬱を軽くすることができます。ここでは5つご紹介します。

 

①月曜の夜に楽しみな予定を入れる

「楽しい土日が遠い・・」と思うと憂鬱になるでしょうから、あえて楽しみな予定を月曜の夜に入れてみましょう。

好きなテレビ番組を見る予定を決めてもいいし、好きなスイーツを食べるということにしてもいいでしょう。

何かあえて「月曜の夜にしかやらない楽しみなこと」を決めることで、月曜日の朝のモチベーションをそこにもっていきましょう。

 

この応用編として、「次の休みの日にすることを具体的に決める」という方法もあります。

「今週を乗り切ったら、あれをしよう」と楽しみな予定をイメージすることで、憂鬱な気分を軽くすることもできます。

 

②月曜日の仕事のハードルを下げる

ただでさえ憂鬱な気分な月曜日に、難しい仕事や大変な仕事があるとなおさら凹みますよね。

あなたが自分の仕事をコントロールできるならば、月曜日は簡単な事務仕事をするとか、厄介な面談や商談を入れないとか、ストレスを感じにくい仕事のスケジュールにしましょう。

 

また、「鬱で会社に行きたくない・・」と感じてしまう場合は、ひとまず「会社に行くこと」を目標にして体を動かすという考え方も有効です。

会社に着き、いつもどおりに動いてみる・・という行動をとっていけば、体も仕事モードに切り替わっていきます。

そうするといつのまにか憂鬱な気持ちもなくなっていきます。

 

③休みに少し仕事をしてしまう

「月曜に憂鬱になってしまうのは、土日と月曜のギャップが大きいから」というのは先ほど説明したとおりです。

そこで、休みの日にも仕事を少しすることで、月曜とのギャップを少なくするという方法もあります。

 

といっても実際に仕事をするというよりも、「やることリスト」を作る程度がちょうどいいでしょう。

休みの間に少しだけ仕事の脳にしておくことで、月曜日にギャップを感じにくくすることができます。

 

④睡眠サイクルを乱さない

休みの日と月曜日のギャップは、精神面だけではなく生活リズムにも言えます。

夜更かしたり、休みの日の朝に寝すぎて夜眠れず、寝不足のまま出社したり・・というリズムのズレも憂鬱な気分にさせます。

 

休みの日であっても、普段の日と睡眠時間のズレは二時間以内に抑えたほうがよいと言われています。

夜更かしや寝すぎに注意して、月曜の朝の辛い気持ちを抑えましょう。

 

⑤活力が湧く過ごし方をする

休みに一晩中ゲームをして疲れた状態で出社する・・というのも休み明けの仕事を辛くする原因です。

それとは逆に、休みの日に上手にリフレッシュすることで、活力を生み出す過ごし方もあります。

代表的なのは軽い運動です。散歩やジョギングや、好きなスポーツを程よくやると気分も前向きになると言われています。

 

また、外に出て日光を浴びながら、普段出かけない場所に行くことで脳が刺激されて、前向きな気持ちになるでしょう。

 

休みの日にやる気を上げるような本を読むことも効果的です。

自己啓発の本や、熱い気持ちを持たせてくれる小説や、実務のスキルの本などを読むことで、仕事へのモチベーションが高まれば、憂鬱になりにくいでしょう。

読書が好きな人は特にオススメしたい方法です。

 

このように、月曜日や休日の過ごし方を工夫することで、月曜日に憂鬱になる気持ちを軽くすることができます。

あなたの趣味やこれまでの休みの日のすごし方と照らし合わせて、無理のない範囲で試してみるといいでしょう。

月曜日の憂鬱を完全に感じなくなる方法


このように、少し工夫することで感じる憂鬱を減らすことができます。

しかし、仕事=嫌なもの・面倒くさいもの、という意識がある限り、憂鬱さを完全になくすことはできません。

 

その一方で、誰にでも簡単にできるというわけではありませんが、月曜日に感じる憂鬱を完全になくす方法もあります。

少し長くなるので、3つのステップに分けて説明します。

 

①自分の理想の生活を詳しくイメージする

自分がこの先どのように生活していきたいか、ということをできる限り詳細に描きます。

 

どういう仕事をしたいか、今の会社で出世したいのか、別の会社に転職したいのか、そもそも仕事をしたくないか、その場合どのように生活するか。

今の住まいで暮らしたいか、もっと高級なところで暮らしたいか、田舎で生活したいか、都会のほうがいいか、地元に帰りたいか。

家族との時間を一番大切にしたいか、それとも仕事に没頭したいか、とにかく趣味に時間をかけたいか、お金を稼ぐことが最優先か。

 

などなど、将来自分がどういう生き方をしたいのかを詳しくイメージしてみましょう。

 

②それに至るための道を描く

①でイメージした生活を実現するためにはどうするのか、ということも具体的に考えてみましょう。

5年先や10年先までも具体的に描けるのが理想ですが、それが無理なら、1年間で目指すべき具体的な目標を掲げるだけでもいいです。

いずれにせよ、「理想の生活を送るために、いま自分が何をするべきか」をはっきりさせることが重要です。

 

③毎日の生活が「理想の生活に至る道」という意識を持つ

自分にとっての理想の生活と、それを実現するために自分が何をするべきかがはっきりしたら、「毎日を過ごすこと=理想の生活に近づくこと」になります。

毎日の生活が理想に至る道を歩くことになるので、毎日を過ごすことがワクワクするようになります。

 

この意識を持つことができると、月曜日に憂鬱になることはほとんどありません。

多少「面倒くさいな」と思うことはあっても、「昨日に戻ってほしい」という気持ちにはなりません。昨日を繰り返しても、理想の生活には届かないからです。

「月曜日が憂鬱だ」という気持ちよりも、「理想の生活に近づくために、早く毎日をすごしたい」という気持ちが上回るのです。

 

このようなステップを踏むことで、月曜日に憂鬱さを感じることはなくなります。

しかし、これはなかなか簡単なことではないかもしれません。

 

理想の生活と言われてもイメージを持つことができなかったり、今の自分と理想の生活が離れすぎていて、どのようにそれを実現させるかがわからないということもあるでしょう。

また、家族を養うことが最優先で、自分の理想の生活なんて二の次という人もいるかもしれません。

この方法は非常に効果的ですが、その分ハードルも高いので、無理そうな人は参考程度に考えてください。

ちょっとした工夫で月曜の憂鬱は軽くできる


休み明けの月曜日に憂鬱になる経験は、ほとんどの社会人にあります。

日曜日の夜からだんだんと憂鬱になり、月曜の出勤時にその気持ちがピークになるあの気持ちはなかなか辛いものがあります。

しかし、ここで紹介したような工夫をすれば、誰でも憂鬱な気持ちを軽くすることができます。

 

また、自分の理想の生活とそこに至る道を描くことができるならば、そもそも憂鬱を感じなくなることもできるでしょう。

しかし、理想の生活に至る道を描くのは少し難しいので、難しい人は休日や月曜日の過ごし方を工夫するところからはじめてみましょう。

 

どうしても憂鬱な場合は環境を変えるという選択肢もアリです。

オススメ転職サイト・エージェント一覧【転職考え始めの人にもぜひ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です