部下育成

「部下の退職は自分の評価に響くか」という考えに捉われてはいけない

通知表のイメージ画像

部下が退職してしまうと、自分の評価がどうなるか気になりませんか?

部下が退職してしまうのは必ず何か原因があり、その多くは職場への不満などのネガティブなものです。

そのため、上司にとって部下の退職は、原因が自分の職場にあると感じてしまいます。

そして、会社の上層部も同じように感じることがあります。

このようなことから、上司は「部下の退職が自分の評価にマイナスにならないか」がついつい気になってしまうのです。

そこで今回は、「実際に部下の退職が上司にとってマイナス評価になるのか」という点についてまとめました。

部下の退職がどういう場合にマイナスになるのか、マイナスにならないための方法は何か、気をつけないといけないことは何か・・など、色々と不安になってしまう方は参考にしてください。

部下の退職がマイナス評価になる理由


実際に部下の退職が上司の評価に影響するかは、会社によって違いがあります。

しかし、やはりマイナスの印象を与えてしまうことが多い傾向にあります。

その理由は、以下の3つです。

 

①採用コストがかかる

部下が退職してしまった場合は、その穴埋めのために人を採用することもあります。

このとき、採用のため求人募集を出し、応募者を選考し、入社後に研修をするものです。

そのすべての工程に、お金もしくは手間のコストがかかり、これらは部下が辞めなければ発生しないものです。

つまり、部下を辞めさせてしまうことで人事部・会社にこのようなコストをかけさせてしまいます。

そのため、部下の退職が上司にとって、マイナスに捉えられることが多いでしょう。

 

②部下教育も上司の評価の一つ

一般的な企業では、上司に求められる要素として、部署全体で成果を出すことが挙げられます。

そのために、部下を成長させることが非常に大切で、実際に会社から評価される上司は、部下を育てて成果を挙げさせるものです。

これに対し、「部下を辞めさせてしまう」という行為はその逆をいくことになります。

部下が辞めてしまうと、人が育たないため、部署としての成果があがりにくくなることが想像されます。

そういう意味で、部下の退職は会社からプラスの印象をもたれることは少ないでしょう。

 

③退職原因が上司のケースもある

退職の原因で一番多いのは人間関係です。その中には「上司が嫌だから辞めたい」というものも多くあります。

こうなると退職によって上司の評価が下がることは避けられないでしょう。

とはいえ、実際に退職する部下が、その理由として人間関係や直属の上司のことを言うことは少ないものです。波風を立てたくないと考えるのが人情です。

しかしだからこそ、「社員が退職するのは、上司や職場に原因があるのではないか」という疑いが付きまといます。

特に部下の退職が他の部署より多い場合、「上司や職場環境に問題があるのではないか」と会社から考えられてしまいがちです。

 

このような理由で、部下の退職は会社にとってマイナスになることが普通なので、やはり上司の評価に影響を与えることが多いと言えます。

 

部下の退職がマイナス評価になりやすいケース


このようにマイナスの評価になりやすい部下の退職ですが、部下の退職の理由が上司自身に無いことも多くあります。

また、企業によって退職者への考え方が異なるので、100%評価に影響を与えるとも言い切れません。

つまり、会社の風土や状況によってもマイナスになりやすいかどうかが変わります。

ここでは部下の退職がマイナス評価になりやすいケースをご紹介します。

 

①新卒入社社員の退職

一般的に新卒入社の社員は、イチから育てていき、だんだんと戦力にしていくことが多いです。

それが育たないうちに辞めてしまったり、育ってこれからだというときに退職してしまうと、会社としてはコストだけかかったことになります。

この場合、その部下を預かった上司の評価はマイナスになってしまうでしょう。

逆に、即戦力を見込む中途入社の場合は、入社後に短期間で辞めてしまっても、すぐにコスト分の対価を得ることができます。

この場合は、部下が退職したとしても上司の評価は下がりにくい傾向にあります。

 

②採用人数が少ないケース

毎年、新卒や中途社員を大量に採用している場合は、ある程度社員が退職することを見込んでいます。

ブラックな環境の場合は、次々採用して辞めて・・の繰り返しで業務をまわしています。

こういう環境では、部下が退職しようとも、それがもともと織り込み済みなので、上司の評価には影響がないことが多いものです。

 

これに対し、最低限の人材のみ採用する計画を取っている会社では、社員の対象は人事の計画が狂ってしまう大きなアクシデントになります。

このような環境では、部下を辞めさせてしまった上司の印象は悪く、評価が下がりやすい傾向にあります。

 

③退職理由が上司やその管理能力にあるケース

これは言わずもがなですが、何か職場内で問題が起き、それが原因で部下が辞めてしまう場合や、上司の指示や考え方に嫌気が差して退職してしまう場合には、間違いなく評価は下げられます。

ただ、実際に部下が退職してしまう場合は、わざわざ直属の上司のことを悪く言うケースは少ないものです。

どうせ辞めて関わらなくなるのだから、余計なことは言わずにさっさと去ろうと考えるものです。

突然の退職が一番のマイナス評価


このように、条件によってマイナス評価になりやすい部下の退職ですが、少しでもそれを防ぐためにはどうすればいいでしょうか?

それは「退職時期を少しでも引き延ばすこと」です。

社員の退職で一番混乱するのは「すぐ辞めること」です。引継ぎを誰にするか、どのようにするか・・ということを短い期間の中で決めなければいけないため、混乱します。

そうならないためには以下の2つが有効です。

 

①会社都合を理解させる

仕事の引き継ぎ先を決め、引継ぐ期間や内容を固め、それを実施するのにある程度時間は必要でしょう。

退職そのものを止めることはできませんが、引継ぎをスムーズにするために、会社としてはある程度の期間は居てもらうように主張できます。

法律上では2週間前に退職の意向を示せばやめることができるとされています。

そのため、逆に会社として「2週間はいてもらわないと困る」と主張できるわけです。

また、退職する場合いつまでに申告しなけれいけないかというのは、だいたい就業規則に載っているので、会社としては「ここまでは居てもらわないと困る」と話すこともできでしょう。

 

このように規定を利用して引き伸ばしの話をするほか、部下の罪悪感をあおって引き伸ばしをはかる方法もあります。

「あなたが居なくなると残される人はこんな大変なことがある」「だからせめて引継ぎだけでもしっかりとやりたい」と訴える方法です。

この場合は、在職中にあなたと部下の人間関係ができているほどうまくいきます。

逆に信頼関係が無い場合は、これまでの復讐とばかりにまったく取り合ってくれない可能性もあります。

 

ただし、この方法で引き伸ばしにかかると、退職自体はまず止まりません。

部下が退職の意向を示したとき、上司であるあなたが、自分や会社の都合だけでものを考えて発言すると、部下の気持ちは一気に冷めます。

まずは退職が止まらないかどうかを部下と話をし、どうしても止まらない、となったときに会社都合での話しをする・・という順番を間違えないようにしましょう。

 

②日ごろから退職リスクを察知しておく

部下が退職を考えるときには、だいたいその兆候が見られます。

部下が見せる退職の兆候を見逃すな!早く気づけば引き止められる

このときに、上司が見逃さずに話しかけることで、部下が退職に踏み切る前に悩みを解決することができます。

そして、結局その部下が退職するということになっても、事前にリスクを察知できてるため、準備もスムーズにいくのではないでしょうか?

事前に退職の可能性を把握しておけば、誰に仕事を振るというイメージが湧きやすくなるものです。

 

また、あなたの上司にそういう情報を共有できる環境があれば、耳に入れておくことで会社としての方針も定めやすくなります。

普段から部下と積極的にコミュニケーションをとり、退職につながるような情報を把握することができれば、「部下が突然辞めると言い出した!」とあたふたするような状況はなくなります。

自分の評価を意識がいくと部下の退職は止まらない


このように、部下の退職は上司にとって困るものです。会社の人事案を狂わせたり、穴埋めをどうしようか悩ませます。また、会社からの評価も下がらないか心配になります。

そのため、部下から退職の話があったときに、ついついあなた自身の都合で引きとめようとしてしまいがちです。

しかし、先ほど書いたとおり、上司の自己都合な引き止めは部下に見透かされ、かえって部下に退職の意思を強くしてしまいます。

部下の退職を引き止めたいと思ったならば、まず「あなた自身の都合で考えず、部下自身のことを思い話を聞く」ことが必要です。

そうすることで退職を止める可能性が高まります。

こちらの記事が参考になります。

退職を考える部下を説得したいときは、逆に説得してはいけない。

つまり、「部下の退職が自分の評価に影響してしまう」という考えにとらわれずに、部下と接することが重要です。

自分の評価にとらわれないという考えが重要


このように、部下の退職が上司の評価にマイナスになるのかというテーマについてまとめてきました。

会社の文化や環境によりますが、やはり悪影響を与えることが多いと言えるでしょう。

しかし、日ごろから部下とのコミュニケーションを多くとることで、部下の急な退職を防ぐことができ、それが評価ダウンの防止につながります。

部下からの退職の申し出は、上司にとって色々な不安をもたらします。また、「せっかく目をかけてきたのに裏切るのか」という気持ちになることもあります。

そうなるとついつい部下にイライラしたり、強く当たることもあるかもしれません。

しかし、皮肉なことに、そのようなネガティブな気持ちを抑え、上司自身の評価を気にせずに部下に接することが、退職の防止につながり、結果評価を下げることなく対応することができます。

部下の退職が自分の評価に関わることが気になることが多い人は、この内容が役立てば幸いです。

こちらの内容も参考になります

部下の退職を阻止したい上司にオススメしたい、定期面談の方法とは?

 

環境の悪い会社に居続けますか?あなたも転職を考えてみては?

オススメ転職サイト・エージェント一覧【転職考え始めの人にもぜひ】

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です