朝礼スピーチネタ

ビジネスは正解を覚えるのではなく、正解を見つけ出すものである!仮説思考のススメ|朝礼スピーチネタ

考える人のイメージ画像

テーマ・オススメ対象


テーマ(概要)

ビジネスでよく使われる、「仮説思考」という考え方の紹介

 

オススメ対象

自分が上司として部下に伝えるというシチュエーションが基本。自分の上司にあたる人に対して言うと生意気扱いされる。

自分の上司も居る場で話す場合は、「自分自身がこのように仮説思考を使って仕事をしている」という説明も必要

 

※このカテゴリー記事の見方はこちら

朝礼スピーチネタ記事について

本文:ビジネスは正解を覚えるのではなく、正解を見つけ出すものである!仮説思考のススメ


仕事術の本や、大きな功績を成し遂げたリーダーの本、有名な経営者の本を読んでいると、頻繁に「仮説を立てて考える」という話が出てきます。

これは、「何かうまくいっていないときにその原因と考えられるものを自分で考えてみて、それを試してみる」という考え方です。

この仮説を立てて考えるということが社会で仕事をするうえで非常に大切になります。

 

これはなぜかというと、社会人に成り立ての頃や、入社したての頃は先輩や本からやり方を学んで身に着けることになりますが、その方法のままでは成長に限界があります。

慣れてきて一人前に仕事をすることができるようになったうえで、さらに成果をあげるためには、更なる工夫をしたりスキルを身につける必要があります。

しかし何をするのが正解なのかというのは誰かが教えてくれるわけではなく、自分で見つけなければいけません。

このようなときに、自分で新しい創意工夫をするときに仮説を立てて考えるということが必要になるのです。

 

スポンサーリンク




 

例として営業社員の成果で考えてみます。

最近営業成績が思わしくない場合は、「有力な他社が出てきたことが原因ではないか?」と仮説を立て、検証するためにお客さんにヒアリングしてみることや、「扱う商品がニーズに合わなくなっているのが原因ではないか?」と仮説を立て、業界のトレンドを探してみたり、商品開発部に問い合わせてみるなどと考え、行動することが仮説思考です。

 

ビジネスの世界では、何が正解かを誰かが教えてくれるわけではありません。

また、以前は不正解だったものが、技術の進歩や流行の変化によって突然正解に変わったりすることがあります。

誰かに教えてもらうのを待つのではなく、自分で正解を掴み取っていかなくてはなりません。

そのために仮説思考を使いこなすことが非常に重要です。

 

仮説思考についえはネットや本で気軽に学ぶことができます。

色々と調べて学び、実践してみることで身につけられると思います。

 

自分自身もこの考えを活用して仕事にあたりたいと思います。また皆さんも同じように考えことで仕事で成果が得られやすいものだと思います。

エッセンス・構成・代替案


エッセンス

ビジネスでは正解を教えてくれるわけではない。そのため自分で正解を見つける必要があるのだが、仮説思考はそのために必要な考え方

 

構成

①仮説思考の紹介

②仕事では、自分でより良い方法を探さなければいけないが、そのために仮説思考が役に立つ

③営業の仕事を例にとり、仮説思考の方法を紹介

④仮説思考は有名なので学びやすい。自分自身の仕事にも取り入れていきたい

 

代替案

③→自分の担当の業務について仮説思考をしてみた例を盛り込むことで説得力が格段にあがる。

 

 

↓他のスピーチネタはコチラ↓

朝礼スピーチネタ記事一覧

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です