朝礼スピーチネタページについて


仕事の場でスピーチを話さなければいけないこともあるでしょう。

そんな人のためにのスピーチのコツについてはこのページにまとめています。

これさえ押さえれば憂鬱にならない!知っておくべき朝礼スピーチのコツ

 

本サイトの「朝礼スピーチネタ」カテゴリでは、ネタを探すのが面倒くさい、何を話していいかわからないという人向けに、朝礼スピーチについてのトーク例をまとめています。

本サイトのスピーチネタは、

言いたいこと(結論)とは一見関係ない話を展開する→そのあと言いたいことにつなげる

というちょっと回りくどい方式です。

 

初心者に毛が生えたくらいの人~中級者にちょうどいいかなと思います。

本当に初心者の人は他のサイトのネタのほうが参考になるかもしれません。

 

そして、このカテゴリの記事だけ、他の記事とは違う構成になっています。

「朝礼スピーチネタ」ページの構成


①テーマ(概要)

このページで扱うスピーチのテーマや大まかな内容をまとめています。

②オススメ対象

そのスピーチの内容が響きやすい(良いリアクションをもらえる)対象です。

性別・年代・既婚/未婚・子どもの有無・・・といった属性ごとに響きやすいテーマや内容は違います(例えばアイドルグループ「嵐」をテーマにしても、おじさん達には響きません)。

③本文

スピーチ内容を載せます。読みやすいように途中途中に小見出しを入れています。

④エッセンスと構成

本スピーチで一番言いたい内容をまとめ、それを伝えるためにどのような構成になっているかを載せています

⑤代替案

④の構成のうち、どの部分がどのようにアレンジ可能かという一例を紹介します。スピーチは、題材が古くなったり、響かせたい対象を変えたいという時に題材を変えることも出来ます。

 

スピーチが上達したい人は、スピーチ原稿の構成も意識すると良いです。そういう人は④や⑤も参考にしてください。

スピーチの内容を考えるときには、本来はその構成も意識するといいでしょう。構成を意識して内容を覚えようとすることで、一部分を忘れても軌道修正しやすくなります。

逆に構成を考えずに最初から最後まで丸暗記しようとするとすると、途中をど忘れすると次の部分も思い出せなくなります。

私自身の個人的な経験を元にしているため、そのまま使用するのに違和感がある人は代替案をもとにして自分自身の体験や例をすりかえたり付け加えるとよいでしょう。

 

とはいえ、まだそういう考えは無く、ただ単にスピーチのネタだけ欲しいという人は①~③までを見てください。

 

↓記事の一覧はこちらから↓

朝礼スピーチネタ記事一覧

 

スポンサーリンク