私は本当に仕事を辞めるべきでしょうか

40代で仕事を辞めたいあなた!転職の注意や成功パターンまとめたよ!

40代は仕事を辞めたいなどの悩みが多い

40代で「仕事を辞めたい」と思っても、40代の転職は難しいと言われるし、子供の養育費などで出費があるから冒険できない・・と悩んでしまうものです。

実際、年齢が上がることで、若いころよりも環境を変えるリスクが多くなります。

それなのに、仕事のストレスやプレッシャーは強くなる一方で、人生に悩んでしまうことはありませんか?

 

今回は、そんな、40代で仕事を辞めたいと悩んでいる人に向けて、40代の転職のリスクや、成功パターンなどをまとめました。

40代という時期、これからの人生に悩んでいる人は参考にしてみてください。

40代が仕事を辞めたいと思う3つの理由

まずは、40代が仕事を辞めたいと思う理由について紹介します。

仕事を辞めたくなる理由には色々なものがありますが、40代に特にみられる3つの理由を紹介します。

あなたも同じような理由で悩んでいるなら、仲間がたくさんいますよ。

仕事内容や待遇に不満

40代になってくると、会社内での自分の将来が見えてくるものです。

今後出世ができそうか、どんな仕事が待っているか、待遇はどうなりそうか・・などがわかってきます。

将来の自分を想像した時に、このまま今の仕事や待遇でいいのか・・と不安や不満を感じ、環境を変えたくなることもあるでしょう。

人間関係でのストレス

職場のストレスによって「仕事を辞めたい」と考えるのは、全年代共通です。

特に40代は、現場リーダーなどの中間管理職になることも多く、対人関係のストレスが生まれやすい年代でもあります。

上から理不尽なあいまいで理不尽な指示が降り、それを下の人たちに実行させるという調整役が求められ、それがストレスになって退職を考え始めるものです。

社長や役員が気に入らない

これは、20代や30代には少なく、40代以上にみられがちなパターンです。

40代ともなると、上司が社長や役員になるという人も増えてきます。

しかし、ワンマン社長に代表されるように、社長や役員というのは理不尽で自己中な人間がとっても多いです。

そんな彼らに嫌気がさし、決別したい!という思いから、辞めてしまうこともあります。

 

このように、40代で仕事を辞めたいと思う理由の代表例をまとめました。

ちなみに、仕事を辞める理由や、本当に辞めるべきかについて悩んでいる人は、以下の記事も参考になると思います。

 

仕事辞めたい理由ややるべきことをチェックしよう
仕事辞めたいならこれでチェック!理由別辞め時・やるべきことまとめ「仕事を辞めたい指数診断」や「仕事辞めたい度チェック」など、webを検索すると、退職を悩んでいる人向けのサイトが、たくさん見られます。 ...

 

40代と20・30代の転職は違う

このような理由で、40代でも仕事を辞めたいと思う人は多くいます。

しかし、色々なところでよく言われるように、40代での転職には慎重になった方がいいです。

それには以下の理由があります。

40代を歓迎する求人が少ない

本当によく言われることですが、やっぱり20代や30代の頃に比べてスムーズな転職は難しいところです。

40代の転職者は、

キャリア・経験がある即戦力が求められるため、未経験の転職が難しい(未経験者を採用するなら、長く働ける若い人を採用する)

一般的に、年齢が高くなると人の言うことを聞けないことが多いので、「40代は扱いづらい」と思われがち

という二重苦で、求人の枠が20代や30代に比べて少ないです。

家庭など抱えるものがある

40代にもなると、結婚して子どももいることが多いでしょう。

家のローンなどもあり、ある程度の経済力が求められる年代です。

転職で年収が下がるケースは多く、また新天地でうまくいかなかった場合の不安も高まります。

そのため、環境を変えることをためらってしまいがちです。

やっぱり次を決めてから辞めるべき

このように、40代で仕事を辞めたいと思っても、40代の転職には慎重になるべき特有の理由があります。

若いころのように転職のハードルは低くないので、「嫌になったからとりあえず辞める」では、後から後悔することが多いでしょう。

そのため、次の転職先を決めてから退職した方がいいです。

一時の勢いで退職せず、在職中に仕事を探してから仕事を辞めれば、40代の転職のリスクをかなり減らすことができるでしょう。

ただし、ストレスや激務のあまり、体調を崩してしまっていたり、正常な思考ができてない場合はその限りではありません。

あなたの身を守ることを優先して、すぐに辞めた方がいいです。

ブラックな会社で、辞めさせてくれない場合は、コストはかかりますが、退職代行サービスを使って辞めるという手もあります。

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...

 

 

とはいえ、仕事をしながらの転職には、「十分な時間が取れない」というデメリットがあります。

それを解消してくれるのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントでは、無料で利用できるサービスで、あなたにあった求人を紹介し、企業との連絡を代行してくれるものです。

有名どころでは、「リクルートエージェント」や「dodaエージェントサービス」があります。

 

また、エージェントを利用すれば、自分で求人情報を探す手間が省けるだけでなく、書類選考や面接対策のアドバイスもくれます。

特に40代は、これまでのキャリアやスキルを活かした転職が多くなります。

エージェントは、あなたの経歴を見て、「この経歴なら、この求人の適性もあります」という提案もしてくれます。

また、「この企業なら、あなたの経歴のこの部分をアピールしたほうが好印象です」というアドバイスもくれます。

 

このように、転職のプロから、アドバイスをもらった方が、転職を有利に進めることができます。

 

ちなみに、転職エージェントの中には、40代で、十分なキャリアがある人を対象にしたサービスもあります。

例えば、「転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】」というエージェントサービスは、管理職や専門職の求人に特化したサービスです。

あなたの経歴を登録すると、その経歴に興味を持ったヘッドハンターがあなたをスカウトし、好条件の求人を紹介してくれます。

管理職の経験や実績が豊富だったり、専門的なスキルがある人は、今より好条件の職場に転職できる可能性が十分にあります。

40代の転職が成功する3つのパターン

仕事を辞めたい40代が転職に成功しているイメージ画像

40代の転職には、このような特徴があります。

仕事を辞めたいと思っても、20代30代のように甘くないのが事実のようです。

しかし、40代の転職は絶対に無理なのかというと、そうではありません。

40代でも転職に成功している例は多く、いくつかのパターンがあります。

キャリアを生かしてハイクラス転職

課長~役員などのキャリアがある人や、他の会社でも評価される実績がある人、専門性が高い資格を持っている人などが、そのキャリアを活かして転職するパターンです。

このパターンは、この年代の転職の王道であり、一般的に「40代の転職」というと、このケースを指していることもあります。

 

このパターンで転職するためには、自分自身のコネで転職するか、ハイクラス求人に特化した転職エージェントを利用しましょう。

ハイクラス求人を狙うなら、以下の2つのエージェントサービスがおすすめです。

 

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

無料登録のあと、あなたの経験やなどを入力することで、あなたに合ったヘッドハンターが転職をサポートしてくれます。

管理職や専門性が高い仕事の求人が多くあり、年収600万以上が狙えます。

 

CAREERCARVER

キャリアカーバーでは、さらにハイクラスな転職(年収800万~2000万)を狙うことができます。

就職・転職で有名なリクルート社による、ヘッドハンティングによる転職サービスで、無料登録することでスカウトを待つことができます。

 

人手不足の求人・高年齢も優遇する求人に応募する

ハイクラス求人は、理想的な転職ではありますが、これまでにそれなりのキャリアを築いていないと実現は難しいものです。

それに対して、人手不足の職種や業界では、40代で未経験でも転職が可能なことが多いです。

 

例えば、

  • 介護職
  • 運送業
  • 建設業界
  • コールセンター

これらの業界・職種の場合は、人手不足が慢性的なので、40代でも転職しやすい傾向があります。

もし勢いで仕事を辞めてしまっても、これらの求人を狙えば就職はしやすいでしょう。

 

このような求人は、転職エージェントではなく、ハロワークや昔ながらの求人情報誌に載っていることが多いです。

ネットで求人情報が見れる、転職サイト(リクナビNEXT)などを利用するのもよいです。

 

しかし、人手不足である仕事は、他の仕事に比べて仕事内容や待遇が悪いことが多いです。

肉体的・精神的な疲労がたまりやすかったり、休日が少ない可能性もあります。

前職でそこそこの給料をもらっていた場合、収入が減る可能性もかなり高いでしょう。

未経験でこのような業界への転職を考えている場合は、勢いで決断する前に、冷静に求人情報をよく見てみることをおすすめします。

ちょうどいい求人枠と巡り合う

40代の転職というと、それまでのキャリアを生かしたハイクラス枠の転職や、人手不足の業界に流れ込むというパターンが多いですが、もちろん例外もあります。

求人の中には、ちょうどあなた自身と似たキャリアの人が抜けたため、同じような経歴の人を探していることもあります。

 

タイミングよくそこに応募して、フィーリングが合えば内定をもらえるでしょう。

しかし、このような求人は、ハイクラス求人や人手不足の求人に比べ圧倒的に少ないのがデメリットです。

 

たくさんの転職サイトやエージェントを利用して、とにかくたくさんの求人情報を見ながら、気長に探すつもりで臨まないと成功しません。

このタイプの求人は人気も高いため、ある程度落ち続けることも覚悟しましょう。

 

このパターンで成功するためにおすすめのエージェントは、以下の2種類です。

 

リクルートエージェント

このタイプでの転職は、多くの求人に触れる必要があるので、保有求人が多い大手エージェントサービスを利用しましょう。

同じような大手では、「dodaエージェントサービス」もあります。

このタイプは多くの求人を探す必要があるので、両方の登録がオススメです。

登録は無料なので、コストはかかりません。

 

アデコspring

応募者が納得できる転職ができるまで、フォローを続けてくれるサービスで、長期戦の転職におすすめです。

私もこのエージェントで転職をした経験があり、他のエージェントよりも具体的なアドバイスをもらえました。

 

40代のこれから、どう生きていけばいい?

このように、40代で仕事を辞めたいと思った人に向けて、転職の難しさや成功パターンについて紹介してきました。

ここまで考えてくると、「辞めたいけど、転職しない方がいいのか」、「うまくいくケースもあるけれど、なんか大変そうだな」と悩んでしまうかもしれません。

 

そもそも、40代というのは、長い会社員人生の折り返しが始まる時期です。

単純に転職をするかどうかではなく、そもそも「今後どう生きていくべきか」という悩みも始まる時期だと思います。

私自身もこれから40代にさしかかるので、今後の人生をどう生きていくか悩むことがあります。

 

そこで、40代以降の仕事人生の過ごし方について、「こんなパターンがあるのではないか?」というものを洗い出してみました。

ハイキャリアで歯を食いしばる

それなりに出世している人は、管理職としての経験が豊富なため、転職しても、同じようなポジションにつくことが可能でしょう。

収入も高く、社会的なステータスも身に付きます。

仕事人生としては理想的な生き方に思うかもしれません。

 

しかし、この生き方は、とにかくストレスが強いです。

社長や役員クラスであれば経営の責任を取ることになり、部長や課長クラスならば、上と下との調整に神経を使います。

一見うらやましいポジションかもしれませんが、誰もができるわけではありません。

 

また、このポジションになったり、それを維持するためには、仕事にかなりの時間とエネルギーを使います。

人によっては家庭を顧みることができないこともあり、人生全体を広い目で見た場合、必ずしも理想的とは言い切れないこともあります。

多少のリスクはありながらも、出世できる実力があり、仕事のやりがいや収入、ステータスを重視する人はこの生き方になるでしょう。

 

そこそこの立場で地道に過ごす

会社内では主任や一般社員の立場で、ベテラン社員として経験豊富、だけど、年齢の割に出世はしていない・・というポジションの仕事人生もあります。

ストレスはそれなりにありつつも、耐えられないほどではありません。

収入は高くもないけど生活は十分できるレベル・・という感じです。

 

このようなスタイルは、大きなリスクもない代わりに、得るものもそこまで大きくはありません。

仕事がマンネリ化して、やりがいを感じることも多くないかもしれません。

また、「今のままでいいのか・・」と漠然とした不満を感じることもあるでしょう。

 

しかし、このタイプの人は、40代という年齢のわりに、40代の転職に成功するキャリアがないので、転職のリスクが高いです。

もし転職を願うなら、焦らずに長い時間をかけて取り組むようにしましょう。

 

また、仕事以外の趣味に人生の楽しみを見出したり、副業を始めてみることで、刺激を求めるのもよいかもしれません。

 

会社に縛られず自由気ままに生きる

田舎に引っ越して、自給自足に近い生活や、正社員ではなく派遣やパートなどで働き、趣味などに多くの時間を割くなど、仕事人生を優先しない生き方もあります。

これストレスが少なく、人生も謳歌する生き方ともいえるでしょう。

 

しかし、もちろん収入は少なく、社会的なステータスもありません。

パートやアルバイトであれば、仕事は見つかりますが、一度このような生き方になると、40代以降に正社員として勤めるのはかなり難しくなります。

 

ただし、仕事のストレスが少ないという生き方は一つの理想でもあります。

これに憧れる場合は、例えば、

①副業である程度の収入を生めるスキルを身に着ける

②副業では足りない収入を、パートやアルバイトで補う

というやり方もよいかもしれません。

 

40代の選択は慎重に

以上のように、40代で仕事を辞めたいと思う人に向けて、40代の転職の特徴などについてまとめてきました。

私自身も、今後40代になるにあたり、今の会社で仕事を続けていくべきかどうか、そもそも仕事人生をどう送るべきかについて悩むことも多いです。

転職するにも勢いで会社を辞めず、まずは転職サイトやエージェントに登録して、様子を見るのが良いでしょう。

 

転職エージェントを有効に活用すれば、理想の転職ができる!職場の人間関係や会社への不満から、転職を考えることは誰しもあるでしょう。 現在の日本では、転職は珍しいことではありません。 ...

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です