仕事を辞めるべきか悩む状況

30代で仕事を辞めたいならどうする!?若い時のようにはいきませんよ。

30代の社員には責任が問われるようになり、仕事を辞めたいと思うこともあります

30代になってくると、仕事でのプレッシャーが強くなったり、20代のように無理がきかなくなってきます。

そのため、仕事を辞めたいと考え始める人もいます。

 

しかし、30代の転職は「35歳以降は一気に難しくなる」と言われ、20代のように簡単にはいかないというイメージを持っているかもしれません。

かといって、今の職場のままで働き続けるのも・・と悩む人もいるでしょう。

 

そこで今回は、30代で仕事を辞めたいと思っている人に、30代の転職のコツなどをまとめました。

30代で、仕事を辞めるべきかどうか迷っている人は参考にしてください。

30代社員が辞めたくなる理由

まずは、職場での20代と30代の違いと、それによってなぜ「仕事を辞めたい」と思ってしまうのかについてまとめてみます。

まず、30代になってくると、20代に比べて以下の点が変わってきます。

・仕事に慣れて経験が増え、仕事の幅が広がる

・部下や後輩を育成する機会が増え、早い人は管理職になる

・体力面で、回復が遅くなり、以前ほど無理がきかなくなる

自分ひとりで仕事をするだけではなく、先輩社員という立場や、ある程度の責任を負うようになることが多いです。

このような変化に伴って、以下のような退職リスクが出てきます。

 

ストレスによる体調不良

仕事の内容もある程度難しくなり、責任が重くなることで、会社から求められるレベルもあがり、プレッシャーが大きくなります。

また、管理職や後輩の教育係になった場合、部下や後輩の仕事にも責任を負うことになります。

部下の失敗のしりぬぐいをしたり、自分の上司と部下の板挟みになることもあります。

このようなストレスによって、体を壊してしまう危険性が出てきます。

 

また、20代の頃ほど無理が効かなくなり、長時間労働や休日出勤によるダメージが蓄積されやすくなります。

精神面、肉体面ともに、体調が悪くなるリスクが高まります。

 

給与が低い・昇給が見込めない

ある程度の年数を勤めていると、自分の給与が今後どうなっていくのかのイメージがついていきます。

毎年昇給がされていくのか、昇進した場合にどれくらい給与が上がるのか、自分は今後出世できそうかなどの情報から、自分の今後の給与が想像できるようになってきます。

その給与や待遇に不満がある場合、別の会社に転職したいという選択肢が出てきます。

 

また、仕事の責任は重くなったのに、給与がほとんど変わらず、責任の重さに給与が見合っていないという事態にもなりがちです。

その結果、今の職場で働きつづけるモチベーションが下がってしまいます。

 

希望しない将来が見えてくる

先輩社員や上司が働いている様子を見ていると、自分自身の将来の姿が見えてきます。

その姿があなたの望むものならば仕事のやる気は上がりますが、ストレスで疲れ切っているとか、あなたの望まない仕事をしているなど、希望が持てない姿の場合は、今のまま働き続けていいのかという迷いが出てきます。

また、入社時には気づかなかった会社の問題点や、友人たちの会社勤めとの比較をしてしまうなど、視野が広がる分、今の会社に居続けていいのか、という迷いも生じやすくなります。

 

人事異動によって人間関係がストレスになる

20代の頃は上司や仕事内容に不満はなく、前向きに仕事をしていたものの、人事異動によって、環境がガラッと変わることもあります。

その上司がパワハラ気質であったり、相性が悪いなど、人間関係面でうまくいかずストレスが溜まってしまうことがあります。

また、自分が人事異動によって別の部署に配属になり、その結果新しい上司や同僚との折り合いがつかないというケースもあります。

30代だけど逃げたいほど仕事が辛い場合は・・

このような退職リスクのうち、体調不良や人間関係のストレスは危険で、放置しておくと、うつ病などの精神疾患につながる可能性があります。

もしあなたがそのような状況で、自力で辞めることも辛い場合は、退職代行サービスに頼るという方法もあります。

 

退職代行サービスに依頼することで、あなた自身が会社と交渉しなくても退職の話を進めてくれます。

数万円の費用がかかりますが、我慢し続けて病気になり、働けなくなって収入が途切れるリスクを考えると高くはないと思います。

どこにすればいいか不安な人は、創立14年の実績で、退職実績7000件以上をうたっている「退職代行ニコイチ」がおすすめです。

退職代行ニコイチ

 

「退職代行SARABA」は、税込み27,000円で追加料金一切なしで、返金保証もついているため、他のサービスより金額的に安心でしょう。

退職代行SARABA

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...

 

30代の転職で求められることとは?

30代の転職に求められる即戦力のイメージ画像

30代には、このような退職リスクがあり、実際に仕事辞めたいと思う人も多く出てきます。

それでは、30代で転職を成功させるためにはどうすればいいでしょうか。

まずは、30代向けの求人情報の特徴を把握しましょう。

即戦力が求められる

20代とは違い、ある程度の社会人経験やスキル・ノウハウがついているのが30代です。

そのため、入社後には手厚い研修を必要とせず、早いうちから戦力となって活躍してくれることが期待されます。

前職で何をしてきたか、どういう成果を上げてきたのかを伝える必要がでてきます。

 

30代後半から未経験が厳しくなってくる

よく、20代までは未経験の職種・業界でもOKとは言われますが、やはりその傾向はあるようです。

30代前半までは、まだ「若手社員」という印象を持たれやすく、明るくはつらつと振る舞えば、若い印象を持たれます。

その結果、未経験でも採用はされやすくなってきます。

ところが30代後半になってくると、だんだんと40代の採用のイメージに近くなってくるため、未経験者よりは、経験者の即戦力採用が求められやすくなります。

 

マネジメント経験は重宝される

管理職を経験すると、部下を管理するマネジメント能力が鍛えられます。

30代の求人では、将来の管理職候補を求めることが多く、すでにマネジメント経験がある場合、優遇されやすいです。

このタイプの求人で内定をもらえた場合は、高待遇になるチャンスがあり、給与(もしくは将来の給与)もアップする可能性も十分あります。

30代の転職のコツ

それでは、30代で仕事を辞め、転職を成功させるためにはどうしたらいいでしょうか。

それには、これから紹介する3つのコツが大切です。

まずは将来なりたい自分を描く

よほど追い込まれていない限り、一時の勢いで辞めることは避けましょう。

まずは、そもそも自分が将来どうなりたいのか、ということを具体的にイメージすることが大切です。

・どういう職種で、どういう役職につきたいのか

・希望する年収や毎年の貯蓄、生活レベル

・働く日数や時間の長さ、プライベートとのバランス

・働く場所

このような、人生そのもののプランを描き、それを実現するためにはどういう企業に転職すればいいのかということを固めましょう。

この作業によって、あなたが応募する求人の条件が決まります。

この条件をしっかり定めておけば、転職活動が長引いても、妥協して後悔する可能性が減ります。

 

事前準備を綿密にする

30代の転職活動では、それまでの経験で判断されるので、自分の経歴や成果、できることをうまくアピールできるかどうかで成功率が大きく変わってきます。

そのため、焦らずじっくりと準備をしましょう。

・自分の仕事内容(相手先・規模なども)

・どれくらいの人数か

・チームの中でどのような役割を担っていたか

・苦労したこと、工夫したこと

こうした内容を書き出すなどでまとめ、職務経歴書に組み込んだり、面接の場でスムーズに話せるようにしましょう。

 

このような、自分の経歴を振り返り、整理することは「自己分析」と呼ばれます。

自己分析の詳しい方法についてはコチラの記事にまとめています。

 

転職記事用アイキャッチ画像
成功する転職者は、自己分析を土台にした自己PRを作る。転職活動に成功するためには、応募先の企業にどれだけ自分が有用であるかを伝える必要があります。 そのためには、効果的な自己PRが必要...

 

転職エージェントを使う

30代の転職は、20代に比べて求人が少ないです。

また、より良い条件の求人を探すことを考えると、より多くの求人情報に触れる機会を採るべきです。

転職サイトやハローワークの求人は、数に限りあり、希望する求人がかなり少ない可能性があります。

転職エージェントでは非公開求人(広く公開していない求人)を大量に保有しており、求人の数がかなり豊富です。

 

転職で妥協しないためには、在職中に就職活動することが重要です。

辞めてしまうと、職が決まらないという焦りから、条件の悪い企業でも妥協してしまう危険があります。

30代の転職に失敗すると、次の転職が40代に近づくので、ますます転職が苦しくなります。

そうならないためにも、妥協せずに転職活動をする必要があり、そのためには在職中の転職活動が大切になってきます。

 

転職エージェントを利用すると、自分でやらないといけないことが減るので、楽に転職活動ができるというメリットもあります。

 

転職エージェントを有効に活用すれば、理想の転職ができる!職場の人間関係や会社への不満から、転職を考えることは誰しもあるでしょう。 現在の日本では、転職は珍しいことではありません。 ...

 

実際に30代で転職した時の実体験

30代で仕事を辞める場合は、以上のようなポイントを押さえるのがいいでしょう。

実際私も、30代で転職をしています。

前の職場では、業績が悪化して将来が危なかったのと、管理職でストレスが多く、今のまま働き続けても先が見えないと思い、仕事を辞める決心をしました。

最初は転職サイトで求人を探しましたが、自分の望む条件を満たす求人が少なかったので、転職エージェントに登録しました。

 

登録したのは

リクルートエージェント(とりあえず大手だから)

パソナキャリア(こちらも大手なので)

spring転職エージェント(条件にあった求人を扱っていたので)

の3社です。

同じ転職エージェントでも、実際に利用してみるとやはり違いがありました。

 

リクルートエージェントは、電話での面接対策を実施してくれました。電話面接専任の人がいるようで、有益なアドバイスが多かったす。

紹介された求人数が一番多かったのがパソナで、パソナの紹介求人から複数社内定をもらえました。

spring転職エージェントは、担当になったエージェントがベテランの方で、職務経歴書の書き方や、応募先企業についての個別のアドバイスももらえました。

 

それぞれに良いところがあり、複数利用することで、より多くのメリットを受けることができると思います。

結局、自分のやりたい仕事ができるという理由から、spring転職エージェントからの求人に決めることにしました。

 

実体験から学んだこととして、30代の転職活動を成功させるうえで大切だと思ったポイントは以下の通りです。

・事前に自分の希望する求人内容を固め、最初は理想の条件の求人を探す

・そうなるとハロワや転職サイトの求人では少ないので、転職エージェントを利用する

・書類や面接に必要な情報(自分の経歴など)を事前に詰めつつ、同時に2,3社受けて、場数をこなし、アピール方法を上達させる

先に紹介した内容と重複になりますが、勢いではなく、準備をしたうえで進めることが大事だと実感しました。

リクルートエージェント(大手・面接対策などが充実)

パソナキャリア(大手・自分にあった求人の紹介が多かった)

spring転職エージェント(エージェントがベテランで、有益なアドバイスが多かった)

※あくまで私個人の感触です。

勢いで仕事を辞めてスッキリ!という人もいる

このように、30代の転職についてまとめてきました。

30代での転職は慎重になるべきで、仕事を辞めたいと思っても勢いで動かない方がいいというのが個人的な意見です。

 

しかし、他のサイトを見ると、比較的楽観的に仕事を辞めている人もいるみたいです。

30歳、仕事辞めました。自分の好きな事で生きていこうと思います。

30代で仕事を辞めたい人へ。転職に年齢は関係ない!

 

この方たちの感想を見ると、じっくり準備せずに辞めたとしても、気楽に生活ができているような印象を受けます。

確かに、平和で社会保障もある程度しっかりしている日本なら、いざ辞めてしまってもなんとかなるというのも確かなようです。

1度きりの人生だから、自分の思いのままに生きるべき!と考え、それを実践する姿には説得力があります。

 

事前に準備して、理想的な条件の転職をすることで、希望する人生を送ることができるようになると思います。

この方法で転職できれば、収入もある程度以上見込め、都会で家族・子供を支えながら仕事をしていくことができると思います。

 

ただ、このような生き方だけがすべてではなく、この人たちのように、収入よりも自分のやりたいことを優先させたり、家族を巻き込みながら、地方でのんびり過ごすのも良いのかもしれません。

30代「仕事辞めたい」→今後の人生を考える機会かも

以上のように、30代で仕事を辞めたいと思ったときに、知ってもらいたいことについてまとめました。

20代の頃とは環境とは変わり、退職したいという思いが出てきやすいタイミングでもあります。

王道としてはじっくり準備をして、理想の人生を歩むために転職を成功させるべきではあります。

 

しかし、「一度きりの人生、自分のやりたいようにやる」とばかりに、自由に生きるのも一つの選択肢になりえるかもしれません。

いずれにせよ、仕事を辞めたいと悩むならば、今のままウダウダせず、一度本格的に自分の人生について考えてみることをおすすめします。

最後に、記事内で紹介してきたサービスや関連リンクを載せておきます。

リクルートエージェント(大手・面接対策などが充実)

パソナキャリア(大手・自分にあった求人の紹介が多かった)

spring転職エージェント(エージェントがベテランで、有益なアドバイスが多かった)

※あくまで私個人の感触です。

 

転職エージェントを有効に活用すれば、理想の転職ができる!職場の人間関係や会社への不満から、転職を考えることは誰しもあるでしょう。 現在の日本では、転職は珍しいことではありません。 ...

 

どこにすればいいか不安な人は、創立14年の実績で、退職実績7000件以上をうたっている「退職代行ニコイチ」がおすすめです。

退職代行ニコイチ

 

「退職代行SARABA」は、税込み27,000円で追加料金一切なしで、返金保証もついているため、他のサービスより金額的に安心でしょう。

退職代行SARABA

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です