私は本当に仕事を辞めるべきでしょうか

誰もが「仕事を辞めたい」と思う管理職のストレスや辞め方まとめました。

管理職が仕事を辞めたいと叫んでいるイメージ画像

管理職というものはストレスが多く、経験した人なら、誰もが「仕事辞めたい」と思ったことはあるでしょう。

上司からはプレッシャーがかかり、部下は言うことを聞かない・・などなど、頭を悩ませることが多いです。

 

そんなストレスの多い管理職を辞めたくなってしまったとき、どうしたらいいでしょうか。

今回は、管理職が抱えるストレスと、仕事を辞めるときの注意点などについてまとめました。

管理職の特有のストレスに苦しんでいる人は参考にしてください。

中間管理職が抱えるストレスはこんなにも多い

まずは、係長や課長などの中間管理職が抱えるストレスを紹介します。

いちプレーヤーとして、自分のことだけを頑張れば良かった頃とは違い、管理職になると求められる成果や能力がガラっと変わります。

それに伴い、抱えるストレスの種類も変わり、その量もかなり増えてしまいます。

チームの成果が求められる

管理職は、自分の部署やチームの成果を上げることが求められます。

そのため、自分ひとりが頑張ってもダメで、部下たちに成果を上げてもらう必要があります。

そのためには、部下を指導・育成し、やる気をあげさせる能力が必要になります

時には、部下に言いにくいことを言うべき時もあり、なにかとストレスがたまります。

数字に関する上からの圧力がある

管理職は部署の責任者として、会社から与えられる目標を達成させる役割が与えられます。

目標を達成していないときには当然叱責や圧力がかかります。

管理職になると、具体的な改善方法を指示されることはなく、ただ「成果を挙げろ」とだけ叱られます。

特に、上の人間が昭和的な考えの場合は、「お前の頑張りが足りない」という精神論や、現場にそぐわない古い考え方の押し付けなどもあります。

これらをうまくいなしながら、目標を達成させるプレッシャーがかかるのが管理職です。

部下の責任を取らなければいけない

部下の失敗の責任をとるのは、上司の役割です。

あなた本人に非があろうがなかろうが、部下が失敗したとなれば矢面に立ち、代わりに謝るべき時もたくさんあります。

必然的に、管理職になる前よりもクレーム対応や謝る機会が増え、理不尽ないわれを受けることも多くなるでしょう。

上司と部下の板挟みになる

管理職というのは、経営層と現場社員の調整役であり、上から言われたあいまいな目標を達成するための具体的な方策を考え、部下を動かすのが仕事です。

上から無茶な目標を与えられることも日常茶飯事で、部下から反発されることも平常運転です。

時代錯誤の精神論で突っ走る上の世代と、「好きなことで、生きていく。」と言わんばかりに仕事に本気を出さない部下の間で、板挟みになり、なかなかにストレスがたまります。

相談相手が少なく、孤立がちになる

リーダーが弱音を吐いたり愚痴を言ってしまうと、部下のモチベーションが下がってしまいます。

そのため、管理職は常に前向きで、部下をリードすることが求められ、キツいときも明るく振る舞わないといけません。

また、いちプレーヤー時代とは違い、自分と同じような立場の人も少なくなり、気軽に悩みを相談できる相手もいなくなります。

そのため、ストレスを抱えても、うまく発散できないことが多いです。

セクハラ・パワハラと言われるリスク

ひと昔前の社会とは変わり、セクハラやパワハラが声高に叫ばれる時代になりました。

立場が弱い人の声が拾われるようになるのは良い傾向ですが、管理職の立場からすると、えん罪を被ってしまう危険も出てきました。

自意識過剰&被害者意識が強い部下から、ちょっとしたことでハラスメントだと騒がれるリスクがあります。

なかには、自分たちが部下のころに当たり前だったことも、今ではパワハラやセクハラとされることもあり、時代の変化に敏感にならなければいけません。

残業代が出ない

このようにストレスフルな管理職ですが、残業代が出なくなる憂き目にあうことも多いです。

管理職になることで、業務量が増えることが多く、結果残業の量も増えますが、残業しても残業代が出ないという二重苦に陥りやすいです。

もちろん管理職になることで役職手当などがつき、給与自体は増えるのが普通なので、結果的に手取りが増えることもあるでしょう。

とはいえ、仕事にかける時間が増えた結果、時給換算したら大幅に下がったり、今まで出ていた残業代がなくなって手取りが減る・・という最悪の結果になることすらあります。

「無責任」と言われないための管理職の退職方法

管理職が会社を辞めるイメージ画像

このように、管理職は、一般職に比べてストレスの種類が豊富で、その量も膨大になりがちです。

そのため、仕事を辞めたいと考えてしまうのも無理のないことです。

「これは試練だ」と思い、耐え続けることも立派な選択ですが、他の会社に転職するということも一つの選択肢になります。

「管理職が辞めるなんて無責任」と言われないか心配もあるかもしれませんが、実際は管理職の転職は多く、ハイクラスなビジネスマン専用の転職サービスもあるくらいです。

 

これから紹介する、管理職が退職するときのポイントに気をつければ、仕事を辞めてしまってもなんら問題はないと思います。

辞めるタイミングには気を遣う

一般社員に比べて、管理職が辞めることはインパクトがあるので、突然辞めてしまうのは避けましょう。

少なくとも就業規則で決められている期間の余裕はもち、1か月や2か月前には上に告知するべきです。

 

また辞めるタイミングも、繁忙期やプロジェクト中を避け、閑散期やプロジェクト終了後に設定するのがマナーです。

そして引継ぎをできるだけ丁寧に実施して、後に残る人がなるべく困らないようにしましょう。

ちなみに、うつ病などで体を壊してしまぅた場合は、話は別です。

「会社がどうだ」「無責任だ」などよりも、あなた自身を守るために、休職するなり、すぐに退職するなりの処置をとりましょう。

会社への責任感から無理を続け、体を壊して仕事ができない体になっても、会社は責任をとってくれません。

円満退職にしておくべき

周りに話す退職理由は、「管理職が疲れた」などの理由ではなく、円満退職となるようなものにしておきましょう。

無難なものとしては、「他の環境でチャレンジしたい」「親の介護」「自分の体調不良」あたりです。

不満を会社にぶつけて辞めていくのは、残される部下にとって会社の印象が悪くなり、会社とあなたの関係が悪化するリスクがあります。

方便を使ってでも、会社の印象が悪くなる理由を避けた方が、あなたのためにもなります。

また、部下に退職理由をこと細かに伝える必要もありません。方便の理由で漠然と伝えるにとどめたほうがいいでしょう。

「一緒に仕事をしてきた部下には、詳しく話すべきでは」という思いもあるかもしれませんが、管理職の退職は、部下にとって負の影響が大きいです。

こと細かに伝えるより漠然と話すにとどめておき、引継ぎを詳しくするという点で、誠意を見せるほうが望ましいと思います。

管理職を辞めることの不安は?

このような注意点を踏まえれば、管理職でも仕事を辞めることに罪悪感を感じる必要はありません。

とはいえ、管理職になる人は責任感が強いため、どうしても罪悪感や不安などを感じやすい傾向があります。

そこで、管理職が仕事を辞めるときに抱えがちな不安について考えてみましょう。

あなたが辞めても会社は回る

「自分が辞めたら、会社が回らなくなる」という心配をしがちですが、一般社員と同様、管理職が退職しても会社は回るものです。

人によっては、上司や部下から「あなたがいるからこの会社は回っている」と頼られることもあるかもしれません。

その思いや言葉に偽りはないと思いますが、会社は役割分担で仕事を回しているので、あなたが辞めても、あなたの代わりに結局誰かが仕事を回します。

 

愛社心から頑張り続けるのは良いかもしれませんが、義務感や責任感で耐え続けると、いつか体を壊してしまう危険があります。

同じ管理職でも会社によってストレスは違う

転職しても同じ管理職の仕事だと、ストレスがたまるのではないか?という不安もあるかもしれません。

管理職ではなく、プレーヤーとして転職する方法もありますが、その場合でも、後に管理職に任命される可能性もあります。

 

しかし、同じ管理職であっても、会社によって大変さの度合いや大変さの種類は変わります。

ブラック企業であれば、理不尽な上司と、モラルの低い部下の板挟みで苦労しますが、ホワイト企業ならばそうではないこともあります。

また、数値目標に対するプレッシャーの大きさや、部下となる社員の能力も会社によって全く違います。

そのため、今の環境で学んだ管理職のノウハウなどを新天地でうまく活用し、ストレスなく活躍できるケースも多々あります。

転職できるかどうか不安

転職経験が少ない場合は、どのように転職活動すればよいか、ちゃんと良い会社に転職できるかどうか不安な人もいるでしょう。

しかし、転職市場において、管理職の経験は非常に重宝され、転職しやすい傾向があります。

管理職の求人情報は、ハーローワークや転職サイトなどではなく、「非公開求人」として転職エージェントが保有していることが多いです。

そのため、管理職として転職を考える場合は、絶対に転職エージェントを利用した方がいいです。

 

また、管理職として転職をするときには、キャリアの棚卸しをした方がいいです。

・どのような立場で、何人のチームで、どのような仕事の管理職をしたか

・管理職として挙げた成果

・苦労したことやそれを克服するための工夫

これらを紙に書き出すなどで整理して言語化し、職務経歴書に盛り込んだり、面接の場で話せるようにしておきましょう。

在職しながら転職すれば、収入減の不安はない

転職によって収入が減り、今まで通り家族を養うことができなくなるかもという不安もあるかもしれません。

その場合は、在職しながらゆっくり転職活動をすることで解決します。

辞めてしまってから転職活動を始めてしまうと、なかなか決まらなくて焦ってしまい、収入が下がっても妥協してしまう危険があります。

在職しながら転職活動すれば、理想の条件の会社から内定をもらうまでじっくり転職活動ができるため、収入を下げずに(むしろ収入をあげるための)転職を実現できます。

 

転職で収入アップを狙う場合は、ハイクラスの転職エージェントの利用がオススメです。

 

年収600万以上の転職なら、「ビズリーチ」がオススメです。

無料登録のあと、あなたの経験やなどを入力することで、あなたに合ったヘッドハンターが転職をサポートしてくれます。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

 

また、さらにハイクラスな転職(年収800万~2000万)を狙う場合は、「キャリアカーバー」がおすすめです。

言わずと知れたリクルート社による、ヘッドハンティングによる転職をサポートするサービスで、無料登録することでスカウトを待つことができます。

CAREERCARVER

管理職を降りるという選択もある

このように、管理職の人が仕事を辞めたい場合のポイントをまとめてきましたが、今の会社のままで管理職を降りる、という選択肢もあります。

いちプレーヤーとしての立場に戻り、そのスキルを磨くことで、自分の価値をあげることにも意味があります。

そのため、会社に申し出て、管理職の仕事を降ろしてもらう人もいるようです。

これによって、管理職特有のストレスから解放され、自分の時間が増えるというメリットがあるようです。

 

しかし、以下のデメリットにも注意しておきましょう。

・周りから「あの人はドロップアウトした人だ」という印象が残ってしまう

・給与が下がり、今後上がる見込みはほぼなくなる

いずれにせよ、一時の感情で判断せず、メリットとデメリットを考えたうえで決めましょう。

管理職が限界・・という人はすぐにでも辞めるべき

このように、管理職が仕事を辞めたいときは、事前準備のうえ、計画的に辞めたほうが色んな点で望ましいです。

しかし、ストレスによって体を壊してしまった場合は、計画もクソもなく、すぐに休むなり辞めるべきです。

最近では、「退職代行サービス」というものもあります。

体を壊して仕事ができない体になるなら、こういうサービスを使ってでも早期に辞めてしまった方がよいでしょう。

 

退職代行で仕事を辞めてスッキリしているイメージ画像
仕事辞めたいけど、退職代行ってぶっちゃけどうなの?その疑問答えます。仕事を辞めたい人は、退職代行サービスという名前を聞いたことがあるかもしれません。最近聞かれるようになったもので、不安があるかもしれません。そんな退職代行サービスについてまとめました。...

 

ちなみに、管理職になるような人は、一定以上の能力やモラルがあるので、比較的簡単に転職はできると思います。

体を壊すところまで来ている場合は、まずはあなた自身を守ることを優先させた方がよいと私は思います。

管理職の退職は多い

仕事を辞めたい管理職の人へ向けて、色々とまとめてきました。

やったことがある人ならわかりますが、管理職はとにかくストレスが多いので、「仕事を辞めたい」と思ってしまうことも少なくありません。

一般職も管理職も同じ人間ですから、辛いときには辞めていいと思います。

 

ただし、事前にしっかり考えて、計画的に動きましょう。

管理職経験者は、その経験が優遇されるので、そうでない人に比べて年収アップの転職のチャンスが多いです。

転職する際には、エージェントサービスを利用して素敵な転職を目指しましょう。

↓転職サービスのオススメを最後にまとめておきます。

年収600万以上の転職なら、「ビズリーチ」がオススメです。

無料登録のあと、あなたの経験やなどを入力することで、あなたに合ったヘッドハンターが転職をサポートしてくれます。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

 

また、さらにハイクラスな転職(年収800万~2000万)を狙う場合は、「キャリアカーバー」がおすすめです。

言わずと知れたリクルート社による、ヘッドハンティングによる転職をサポートするサービスで、無料登録することでスカウトを待つことができます。

CAREERCARVER

 

特にハイクラスな転職を目指さない場合は、親身になって転職の相談に乗ってくれるとの評判が高い、「doda転職サービス」を利用するのもオススメです。

無料の会員登録のあと、面談(対面か、webもしくは電話面談)によってあなたの経験などをヒアリングし、適切な求人を紹介してくれます。

dodaエージェントサービス

 

転職エージェントを有効に活用すれば、理想の転職ができる!職場の人間関係や会社への不満から、転職を考えることは誰しもあるでしょう。 現在の日本では、転職は珍しいことではありません。 ...

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です