厄介な上司や部下

上司や会社から潰されないためには、いったいどうしたらいいの?

潰されてしまいそうな様子のイメージ画像

会社で仕事をしているとどうしてもストレスは溜まります。そういうストレスで心や体を壊してしまうという話は、残念ながらよく聞くことです。

会社から課されるノルマや、上司からのプレッシャーで仕事が憂鬱になることも多いものです。

仕事で成功することは大切ですが、それ以上に、あなたが上司や会社から潰されないように気を付けるべきだと思います。

 

そこで今回は、上司や会社によって、あなたが潰されないために意識すべきこと、潰されるようなストレスがかかったときにやるべきことをまとめました。

上司や会社にストレスを感じている人は参考にしてください。

部下を潰すクラッシャー上司の特徴

仕事において、まずあなたを潰す一番の原因になるのは上司の存在です。

優秀な上司であれば、あなたが成功するサポートをし、能力をのばしてくれますが、残念ながら、優秀ではない上司が世の中にあふれています。

 

そんな中でも最も厄介なのが、「クラッシャー上司」という存在です。

数年前から広まった言葉ですが、これは「部下を精神的に追いつめ、成果を出して出世する上司」のことです。

典型的な例としては、売上をあげるために無茶なノルマを与え、達成できないと罵倒してくるような上司が当てはまるでしょう。

 

このタイプは自分が優秀なタイプが多く、他人への共感能力が低いため、自分の教育についてこれない部下がいても、「あいつが弱いからだ」と考えます。

また、このタイプは会社や部下の成長のためにやっているという意識が高く、部下を潰そうという悪意がないことが厄介です。

そして、会社にとっては成果を出す優秀な人間でもあるので、処分されにくいということも問題です。

 

このような上司のもとでは、部下が体を壊したりうつ病になり、休職や退職がたくさん出ます。

あなたが潰れてしまう要因として最も危険なのが、このようなクラッシャー上司です。

こちらの記事でもまとめています。

クラッシャー上司という生き物の存在を知らないとあなたが餌食になってしまう

わざと潰しにかかるような人間も職場にいる

あなたが気にすべき相手は、クラッシャー上司以外にも職場にいます。よくある例を3つ挙げておきます。

 

①未熟な上司

仕事を丸投げして部下を困らせる上司、嫌味を言ったりえこひいきをする上司、・・など、上司として未熟な場合、部下に余計なストレスがかかります。

もちろん、上司の仕事には部下を叱ることも含まれるため、上司によってストレス受けることはあります。

しかし、上司として未熟な人間は、八つ当たりや話をコロコロ変えるなどで、部下に本来与えるべきでないストレスも与えてしまいます。

 

②自分を守るために攻撃する人間

優秀だから気にくわない、態度が鼻につく・・などの理由で、あなたに攻撃を仕掛けてくる同僚や先輩社員もいます。

あなたが周りよりも仕事ができると、「自分の立場がなくなってしまう」という不安に駆られたり、プライドが傷ついてしまう悲しい人間がいるのです。

 

こういう人間は、自分を守るために、あなたに攻撃を仕掛けてくる危険があります。

わかりやすく無視などの嫌がらせをする場合もあれば、あえて間違った仕事の仕方を教えるという巧妙な場合もあります。

 

③犠牲を強いる会社体制

大量の仕事を課してサービス残業をさせたり、売り上げノルマを達成させるために自腹を切らせるなど、あなたに犠牲を強いる体制の会社も危険です。

少しの程度であれば潰れるレベルにまではいかないかもしれませんが、労働時間が多すぎると疲れがたまり、自腹を切らされることであなたの生活資金は減ります。

また、職場のイベントや接待などで、休日も拘束されてしまうパターンもこれに当てはまります。

委縮する人が潰されてしまう

委縮する猫のイメージ画像

このように、クラッシャー上司をはじめ、あなたが潰されてしまう危険は会社にはたくさんあります。

ただし、全員がその餌食になってしまうわけではありません。そのような環境に負けず、逞しく生き残ったり、さっさと逃げ出して安全な職場に移る人もいます。

 

では、上司や会社に潰されてしまいやすい人はどのような特徴があるのでしょうか。

潰されてしまうやすい人は、「自分を責めやすく、委縮する」傾向が強いです。

 

あなたを攻撃してくる人の言動を受け入れてしまうと、「うまくいかないのは自分がダメなせいだ、努力が足りないせいだ」と考えてしまいます。

もちろん、適切な指摘に対して反省することは、あなたの成長につながりますが、強すぎるプレッシャーや嫌がらせをそのまま受け入れてしまうのはよくありません。

また、強く言われたり面倒くさいことを押し付けられても抵抗できないでいると、ますますターゲットになってしまいます。

 

このような人は、人当たりがよく、周りの人から好かれることが多いのですが、問題のある環境のなかでは、犠牲になりやすい危険があるので、注意が必要です。

上司や会社に潰されないための3つの対策

このように、委縮してしまう傾向がある人は、上司や会社に潰されないためにどうすればいいでしょうか。

ここでは3つの対策をご紹介します。

 

①仲間を作る

上司や会社に問題がある場合、被害を受けるのはあなただけではありません。同じように苦労している同僚や先輩がいることが多いものです。

そこで、同じような被害を受けている人たちと悩みを共有しましょう。

上司や会社への対策方法を共有できたり、つらい気持ちを共有できるだけでも心が軽くなります。

また、実際に対抗手段にでるとき、連携できるならば、大人数で動いた方が力になります。

 

②証拠を残しておく

サービス残業が強要されるなら実際に勤務した時間や、パワハラを受けた場合はその内容を、記録しておきましょう。

手書き形式でも、wordにまとめておくでもよいです。

証拠を残すときは時系列形式で残しておき、第三者が見てわかりやすいようにしておくことが重要です。

また、最近では、録音や録画もしやすくなっています。何かしらの方法で証拠を残しておくと、あとあと役に立ちます。

 

③第三者に相談する

会社や上司から受けていることを、第三者に相談しましょう。

上司に問題があるなら、会社の人事や総務に相談すれば、良心的な会社であれば対応してくれます。

ただし、会社全体に問題がある場合は、人事に相談しても無駄です。

 

また、家族や友人に相談することで、客観的な意見を言ってくれます。

あなたの思い込みを解消し、会社を離れるよう後押しをしてくれたり、よい解決策を教えてくれうこともあるでしょう。

 

相手が法令違反をしている場合には、労働基準監督署に相談するのも手です。いろいろな手間はかかりますが、うまくいけば一番相手に大きなインパクトを与えられます。

いつでも転職できる状態を作るのが理想

退職届を出す人のイメージ画像

以上のように、上司や会社から潰されないための方法をご紹介しましたが、実は一番有効な方法は、「いつでも転職できる状態になること」です。

 

上司や会社に「潰される」と危険を感じても、今の職場にとどまって環境を変えるのは、実際かなり難しいものです。

そうであれば転職してしまうのが一番効果的です。転職以上に環境をガラっと変える方法はありません。

 

しかし、現実に転職にはリスクが伴います。今と同じような待遇で転職できる保証は誰にでもあるわけではありません。

次の職場でもうまくやれるかどうかという心配もあるでしょう。

 

しかし、上司や会社に潰されてしまうパターンとして多いのが、「本当は今の職場から逃げ出したいけど、今の生活を続けるためには転職できない、頑張るしかない」と思いつめてしまう流れです。

転職のリスクは簡単に消せませんが、それでも以下の2点は意識するべきです。

 

①自分の転職市場での価値を高める

資格が転職に有利な職種なら、資格を保有しているだけで拾ってくれる会社もあります。また、資格を持っていることで待遇がよくなるケースもあるでしょう。

また、普段から転職サイトを眺め、「自分が転職するならどのような会社に応募するか」「そこで評価されるためには、今の仕事でどういう実績を上げるべきか」を意識しておくのも大切です。

 

②転職へのマインドを高めておく

昭和の高度経済成長期とは違い、大企業でも経営不振に陥るケースはあります。あなたが仕事を辞めなくても、倒産やリストラに遭う可能性もあります。

いつ仕事がなくなっても、ある程度は生活できるように、半年分くらいの生活費の貯金はしておきたいところです。

 

また、転職活動をする上で、自分の経歴をどのようにアピールすればよいかを、転職エージェントに相談しておくのもアリです。

あなたの魅力を、応募先の企業に適切に伝えるためにはある程度のテクニックは必要です。

そのためにのテクニックを事前に知っておくことも大切です。

 

実際に転職するかどうかは別として、普段からこのような行動をとっておけば、実際に転職するというときに動き出しがスムーズになります。

また、「今の環境が辛いなら転職すればいいんだ」という考えを持つだけで、一種の逃げ道ができるので、気持ちが楽になるという効果もあります。

エネルギー切れと依存化現象にも注意

このように、常に転職を意識しておくことが、上司や会社に潰されないために有効ですが、それ以外にも注意しておくことが2点あります。

 

①エネルギー切れ

心身共に疲れ果ててしまうと、今の環境を変えるためのエネルギーすら湧かなくなってしまいます。

「辛いけれど自分ではどうすることもできない」という状況になると、もう体が動かなくなるまで、潰れてしまうまで働き続けるしかなくなってしまいます。

エネルギー切れになる前、まだ余裕があるうちに、何かしらの行動をとることが必要です。

 

②依存化現象

「本当は逃げたいけど、お客さんや仲間の期待を裏切れない」「こんな大変な環境で頑張る自分は根性がある」という思いが強くなり、潰れるまで働き続けてしまうケースもあります。

自分の存在価値が「辛い環境で頑張っていること」にななってしまい、自分のアイデンティティを仕事に依存してしまっているのです。

こうなると、自分で環境を変えられないどころか、周りからのアドバイスも聞き入れられなくなります。潰れてしまうまで抜け出せなくなります。

 

このように、エネルギー切れも依存化現象も、その状態になってしまうと、自力では抜け出すの難しくなります。

こういう状態があることを知っておき、自分がそうなりつつある感じがしたら、なりふり構わずに逃げるべきです。

 

潰される危険から自分で身を守ろう

以上のように、あなたが上司や会社に潰されないために必要なことをまとめてきました。

クラッシャー上司や嫌がらせをする先輩や同僚、犠牲を強いる会社など、色々な危険が会社には潜んでいます。

 

しかし、その対策を知り、いつでも環境を変えるという意識をもてば、そのような危険から身を守ることができます。

もちろん、世の中には危険な職場ばかりではなく、あなたが安心して働ける環境もあるはずです。

「今の環境から逃げ出せない」と思いつめず、希望をもってたくましく働きましょう。

 

転職に関してはこちらを参考に。

オススメ転職サイト・エージェント一覧【転職考え始めの人にもぜひ】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です