その他

常に自分に言い聞かせている「ソシャゲに重課金しないための考え方」

ゲームで課金しているイメージ画像

以前ソシャゲは悪いものなのかと考えた記事を書きました。その中では「リスクを把握して、それと向き合い適切に遊ぶべき」という結論を出しました。

ソシャゲにハマるのはやっぱりダメ人間なの?ソシャゲってやっちゃダメなの?

ソシャゲの一番のリスクはやはり無計画に課金をしてしまいやすいことだと思っています。

そこで今回は自分なりに重視している「重課金しないための考え方」を備忘録もかねてまとめてみたいと思います。

重課金とは


課金制のサービス、特にオンラインゲームやSNSなどにおいて、課金サービスを盛んに利用すること、意味して用いられている語。特に多額の金をつぎ込むことを「廃課金」ということもある。」

出典:Weblio「重課金」

以下、重課金しないための考え方を順番にまとめていきます。

予算を決める


課金が一概に悪いわけではありません。ユーザーからの課金がないと基本ソシャゲの運営が立ち行かなくなります。

あまりに課金が少ないとサービスを廃止したり、お金を集めるために運営の方針が変わるなどで楽しめなくなります。

応援しているゲームにはむしろある程度課金すべきだとも思います。

しかし問題なのはアイテム欲しさに衝動的に課金し、本来貯金や食費など他の用途に使うつもりだったお金がなくなってしまうことです。

そうならないように、毎月使う予算を決め、それを超えることのないように抑える必要があります。

スポンサーリンク

ガチャを引くときは期待値を考える


課金するタイミングの大半はガチャを引く時だと思われます

ガチャとは

「景品が入ったカプセルを購入する形式。ガチャガチャなどともいう。カプセルの中身を選択することはできず、何が入っているかは取り出すまで分からない、という点が主な特徴となっている。ソーシャルゲームなどではガチャを模したアイテム課金の方式も多い。

出典:Weblio「ガチャ」

本記事では当然ソーシャルゲームでのガチャを指します。つまり、課金することでアイテムを入手するのですが、何のアイテムが手に入るかはランダムで決められるということです。

ランダムであるために、ほしいアイテムを引くまで我を忘れて引きまくるなんていう事態が起きるわけです。

そうならないために大切なことは、自分のほしいアイテムの入手率を大雑把に考えることです。

入手率を考えるポイント


具体的に考えるポイントは2つです。

・自分の欲しいアイテムの入手率は何%なのか

・ラインナップのうち、自分が欲しいアイテムは何種類あるのか

当然のことながら、自分の欲しいアイテムの入手率が高ければ高いほど、また欲しいアイテムの種類が多ければ多いほどそのガチャはまわす価値があると考えられます。

このとき、欲しいアイテムが一種類しかない場合は注意が必要です。これは俗に言う「一点狙い」というパターンです。

この場合、例えば、そのアイテムの排出率が10%とされていた場合、10回そのガチャをまわせば入手できると考えると思いますが、ソシャゲのガチャの場合はそうではありません。

こちらの記事が詳しいです。

出現確率1%のガチャを100回引いても,4割近くの人は全部はずれる。“本当の確率”を読み解いてみよう

実際のカプセルトイのガチャと比べ、ソシャゲのガチャのほうが入手確率は低いと言えます。

そしてさらに、実際ソシャゲでは出現率は10%などではなく3%や1%、さらには0.1%というパターンもあります。10万円近くつぎ込んでも欲しいアイテムが結局出なかったなんてことがソシャゲの世界で起こる要因がここにあります。

1%の出現率のアイテム一つだけを狙うという行為がいかに無謀かということがわかるでしょう。基本的に1点狙いは避けるのが無難です。

一方、ラインナップのうち欲しいアイテムが複数ある場合は、欲しいアイテムを引き当てる期待値が高く、まわす価値があると言えます。

例えばラインナップのうち半分が欲しいアイテムである場合は、乱暴に言うと2回まわすことで欲しいアイテムが当たりやすい(もちろん実際はもっと低くなります。前述のサイト参照)と目星をつけることもできます。

このことからソシャゲのガチャは1点狙いは避け、複数狙いを考えるべきです。「どうしても欲しいアイテムが1つあるガチャ」よりも、「そこそこ欲しいアイテムがたくさんあるガチャ」のほうが課金額を抑えるという意味では価値があります。

欲しいアイテムが入手できないときの運用を考える


これは期待値を考え、アイテムが欲しいという気持ちを落ち着けるためにも必要な考え方です。アイテムの入手が確率論である以上、ガチャをまわしても手に入らないことを考えなければなりません。

手にはいらなかった時にどうするか、つまり別のアイテムでどう攻略するのかというプランを考えるべきです。

一つのアイテムに固執せず、色々な戦いかたを考えることにソシャゲの面白さがあると私は思います。

ちなみに今あるアイテム、ガチャを引いてランダムに出てきたアイテムで何とかやりくりするというのは、仕事内容や上司、部下を選べないという現実世界の仕事でも同じでしょう。

ちなみに「ゲームの中でくらい自由に選べるようなりたい」という人は、気持ちはすごくわかのですが、ソシャゲではないゲームの方が楽しめると思います。

ガチャアイテムがないと攻略できないゲームはやらない


なお、特定の一つのアイテムがないと攻略ができない、難易度に相当な開きが出るというバランスのゲームはゲーム性が浅く、遊ぶべきではないと思います。

強いアイテムが無くても、組み合わせによって攻略が可能であるゲームは楽しいでしょう。

また、そういうゲームはゲーム性を追求して長く遊んでもらうことよりも、とにかく集金して利益を上げるという考え方を優先していると考えられます。

そういうゲームで遊ぶべきかどうかは言わずもがなでしょう。ジャブジャブ課金したところで突然サービス打ち切りになる、なんていうリスクもあります。

人生の一番の目的は何なのか意識する


以上のような考えを持ち、衝動のままに課金してしまうことを防がなければなりません。しかし、そうはいっても、課金の衝動に駆られてしまったときは、落ち着いて、そもそも何のためにソシャゲをしているのかを意識しましょう。

ソシャゲはあくまで趣味の一環です。例外はソシャゲの攻略記事を書いてお金を稼いでいる人くらいでしょう。

私達が一番大切にすべきことは、ソシャゲ内のキャラを育成することではなく、最強のパーティを作ることでも無いはずです。

守るべき家族がいたり、収入の安定した生活を送ることであったり、仕事や勉学で成功することであるはずです。

あくまでリアルの生活を優先させなければいけません。ソシャゲはあくまで趣味の一つであることを忘れてはいけません。

私も以前、ソシャゲで強いボスをどう工夫しても倒せず、イライラしてしまうことがありました。趣味で楽しんでいるはずなのに、イライラしてしまうのは本末転倒です。

休日にリフレッシュするためにソシャゲをしているのに、そのソシャゲによって余計にストレスが溜まってしまうということになっていたので、それに気づいてからは「2,3回挑戦してダメならあきらめる」と自分の中でルールを決めることにしました。

それくらいの距離感をもつことも必要だと思います。

あくまでもソシャゲは趣味の一つ


以上、重課金しないための考え方ということで色々まとめました。やはりあくまでも趣味の一つとして向き合うという姿勢を持つことが一番だと思います。

仕事で成功したり、家族を大切にすることで得られるものはたくさんありますが、ソシャゲを極めて得られるのは一時の満足くらいではないかと考えることもできると思います。

それを手に入れるために、限りある自分の時間やお金を消費しすぎてはいけません。あくまでリアルでの生活を優先し、ソシャゲは趣味の一つとしてたしなむようにしましょう。

そういう意味ではお酒のような嗜好品と同じかもしれませんね。

 

こう考えると、趣味として向き合うのに適したソシャゲとそうでないソシャゲがあることに気づきました。

実際にやってみて感じた、面白いソシャゲ・長く楽しめるソシャゲの条件とは。

 

 

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です