その他

浮いたお金で何しよう?実際に試して成功した安く買い高く売る交渉術

交渉している女性の画像イメーシ

車や不動産などの金額の大きなものを売買するときには、値切りや買取価格の値上げを交渉したいケースもあるかと思います。

家賃を5千円下げるだけでも年間で6万円浮いたり、車の購入を値切るときは数万円単位で安くなったりするので、試してみて上手くいったときのインパクトは大きいといえます。

そういったスキルには関心が高いようで、交渉術のポイントをまとめた本などはたくさんあります。実際私がそういう買い物をする中で「使えるな」と考えた交渉術をご紹介したいと思います。

熱心な担当者・業者を探す


例えば車買取業者でも、売買契約を成立させようと査定額の上乗せに熱心に交渉に乗ってくれるところもあれば、「この金額でしか無理ですね」とばっさり言われることもあります。

また、家電量販店でも全く相手にしてくれない店員もいれば相談に応じてくれる姿勢を見せてくれる人もいたりさまざまです。

いくらこちらが交渉のテクニックを持っていても、相手にその姿勢が無ければ有利な交渉は難しいです。

そのため、まずは交渉のテーブルに乗ってくれる業者・相手を探すのが重要です。

実際どうせ売買するなら一生懸命交渉をしてくれる人とやりとりしたいですよね。まずは時間をかけてでも交渉をする相手を見つけましょう。

相手が譲歩する条件をつける


交渉に応じてくれる担当者は、自分達に不利な条件でも話を通すために、自分の上長に対して

「○○という条件がつくので、自分達に不利な条件でも話をまとめたいんです」

という言い方をすることが多いようです。

そのため、○○に入るような条件(相手にとって魅力的なもの)をつけてあげることが大切です。

その代表的な条件が「即決(その場で売買の成立を決めること)」です。

担当者にとって一番の損失は「売買が決まらないこと」です。

この商談を逃してしまうと他に流れてしまうのが一番の損です。

であれば多少無理をしてでも契約を成立させたほうがいい、担当者も上長も判断してくれます。

「即決」を条件として利用するときの方法


即決を条件として利用する場合の流れとしては、交渉のスタート時点で

「今日は即決するつもりはなく、他の業者も見て回ってから決めようと思っている」

というスタンスを示しておくことです。

そうすると熱心な相手は

「なんとしても即決となるように交渉しよう」

という意識が働きます。

このような状況にした上で、

「この価格で買い取ってくれるなら即決しようかな」

と切り出せば、相手は上長に

「即決になりそうなので、多少不利でも話をまとめてもいいですか」

と掛け合うことができるようになります。

このような流れをつくることでこちらの希望が通りやすくなるでしょう。

「アンカリング」を利用する


「アンカリング」とは人がものを理解するときの習性です。

例えばテレビで流れている通販番組では

「本来4万円のところを、今回はなんと半額の2万円でご提供します!」

と紹介していますよね。

これは最初に4万円という基準数値(アンカー)を示すことで、次に示す2万円を安いものと感じさせる心理学のテクニックのようなものです。

これを値切りたいときの交渉で利用する場合は、最初に思いっきり低い値段をアンカーとして提示します。

すると相手としてはどうしてもその値段に引っ張られる形で交渉がすすむことになります。

自分でも

「さすがにこの値段では相手に受け入れられないだろう」

と思う金額でも、思い切ってふっかけることで、それに引っ張られた値段交渉になりやすいといえます。

そのため言ってみる価値はあると思います。可能であれば吹っかける価格にそれなりの理由をつけたいところですね。

実際にアンカリングや即決条件を利用してみました


以前私は車を売ったのですが、最寄の車買取業者に入店したところ、とても熱心に応対してくれたので、早速ですがここで交渉しようと判断しました。

いつごろ売却予定かと聞かれたので、

「来週、再来週あたりで決めようと思ってます」

と伝え、即決するつもりではないという雰囲気を出しました(ただ、納得できる価格であれば今日決めても良いとは思っていました)。

車を見てもらい査定を出してもらう際には

「できれば10万くらいで買いとってほしいんですよね」

と伝えました(ほんとうは結構へこみが合ったので、1万2万で値がつけば御の字だと考えていましたが・・)。

さすがに

「10万は難しいですね・・普通は2万くらいの査定なんです」

と言われてしまいましたが、

「10万は無理でも、ある程度の価格をつけてくれるようであればもう即決してしまいますよ」

とお願いしたいことろ5万円で買い取ってもらうことができました。

以上のように、ご紹介したテクニックを複数組み合わせることで少し有利な売買ができたのかな・・と感じています。

もちろん他にも色々な方法があると思いますが、一つの参考にしてもらえれば幸いです。

 

交渉事についてはこちらの本も参考になります

『武器としての交渉思考』まとめ―交渉は相手を騙すものではない

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です